Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。

祈祷済みの除霊用香水を使ってみた

今回も生霊どころの話ではありませんが、とりあえず「生霊対策」カテゴリに入れておきたいと思います。

 

前回、ごちゃごちゃ書いていた話の続きです。

 

 

coccolifestyle.hatenadiary.jp

 

 

前の記事ではすんごい遠まわしに書いていて、今でも正直書きたくないんですけど。怖いんで。

ま、でも書いてみたいと思います。

 

その前の「生霊対策」カテゴリに入れている記事ですが、

 

coccolifestyle.hatenadiary.jp

 

 

なんかちょっとやば気な雰囲気で、でも、一過性で終わるんと違うかなと思っていたら、終わらなくて、この記事を書いた直後に、風邪をこじらせていたっていう。

 

で、だいたい良くなってから、ちょこちょこお世話になっているこちらのブログに立ち寄ってみたら、

 

数量限定★祈祷済み★【除霊用香水】+不動明王力 のご案内です。 最近ヤバイので(汗

http://blog.livedoor.jp/thirashin/archives/2019-11-07.html

 

あ、風邪をこじらせてたって、これなのか、と感じました。

 

というわけで、さっそく入手してみたら、残っていた症状が95%消えました。

ということで、風邪こじらせの原因として、これ確定。

ま、私が拾ってしまったのは小鬼レベルで、すごいやつではなかったっぽい気はしますので、不幸中の幸いでした。

 

拾ってきたのは、某スピリチュアル界隈をウォッチする界隈で、そのあたりはかなりひどいことになっている感じがしたので、当分覗かないでおこうと思います。

ネットも怖いですねー。

 

ちなみに、ウチ特有の話かもしれませんが、今回入手した祈祷済みの除霊用香水と、ガランガルのチンキを併用して、さらにパワーアップしたみたいです。

 

最初、祈祷済みの除霊用香水を首筋から背筋に沿ってつけて、その後、ガランガルのチンキを薄めたスプレーを首筋につけていますが、定期的につければかなり平気です。

逆にいうと、定期的につけないといけないところが、怖いかもなんですよ!!!!

こういうときは、温かくて美味しいものを食べるに限ります。

 

 

(参考)

ガランガル(カー) 魔術系アイテムのページ

https://www.crescentmirror.com/shop/magic/seizaherb.htm

http://www.majyutsudo.jp/herb.html

 

今回の風邪こじらせが呼吸器系に来ていたので、普通によさそうな感じではありますね。

 ちょっと穿った見方をするならば、拾ってきた界隈が縄張り争いがすごいのて、ガランガルの「法廷に勝つ」みたいなのの応用編とか、そんな感じがあったりするのかもしれません。あくまで個人の所感ですので、実際のところはわかりませんが。

 

 

 ガランガル自体は、魔術用でも何でもなくて、生姜みたいなスパイスみたいです。

(参考)

タイ料理にかかせないガランガル

http://spice-b.com/galangal-spice-577/

 

ヤフオクで海外から送っていただいて、成城石井で買ったザ・ボタニストのドライジンで漬けてます。

ザ・ボタニストのドライジンは、これも結構いい感じでいろいろ払ってくれる感じがしているんですが、普通の焼酎でよかったのに、わざわざ高価なお酒で漬けたのは、たまたま手持ちのお酒がこれしかなかったから。

何に使うんやねんと思っていましたが、まさかこんなことになろうとは。

 

(参考)

ザ・ボタニストのドライジンのページ

http://www.thebotanist.jp/

 楽天

https://item.rakuten.co.jp/kawachi/0618105002883/?gclid=CjwKCAiAwZTuBRAYEiwAcr67Oe_MuDUSjMWMnI6-CoWGEVggoNLcsASNIIR2LPQDjB6-5HNJIRAqLBoCukQQAvD_BwE&scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868

 

 

ちなみに、オーデコロン4711オリジナルの800ml瓶っていうのがあって、

 

楽天

https://item.rakuten.co.jp/osharecafe/10000196/?gclid=CjwKCAiAwZTuBRAYEiwAcr67OezuDI1jGKpA_0JJ4JW3JiW9YMrdxumSq0a40b54nk1VGOxyhNuwThoCwDIQAvD_BwE&scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868

 

ザ・ボタニストのドライジンと見た目も値段もあまり変わらないっていうか(ザ・ボタニストのドライジン成城石井では確か4千いくらしたと思う)、結局は、ハーブとか香りのよい植物をアルコールに漬けこんで作っているとか、そこらへんって実は変わらなかったりするのでは。