Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。

MarkdownをPDFに変換するこの記事のやり方を理解したい

なんかここのところ風っぽくて、喉 → 頭痛って感じだったんですが、目の周りとか頬の内部が痛かったので、もしや?と思って新しい耳鼻科に行ったら、副鼻腔炎対応の薬を出してもらって、2回飲んだあたりでめっちゃ楽になりました。

 

 

本題です。

 

なんかやってみたいけど、わからないです、で終わるつもりが、理屈はわからないけどできてしまったので(なので理解したいことは変わりない)、なんだかよくわからない紆余曲折ブログになってます。

 

なので、無理やりまとめを作ってみて、目次を先につけておこうかと。

 

 

 

知人にMarkdown面白いよって聞いて、ちょこちょこいじっていますが、問題はPDFに落とすときだったりします。

なんかイマイチうまくいくような行かないような。

 

今日たまたま見かけたこの記事に書いてある仕様が結構よさげな気がするんですけど、

 

dev.classmethod.jp

 

そもそもどこにどうやってインストールしたらいいのかというところからして分からないです!

 

たとえば、LinuxWIndowsでできるの?っていう問いが正しいのかさえ分からないんですが・・・・

 

まず npm module として提供されているので yarn init などで package.json を作成後、以下のコマンドでインストールします。

 

まずはこの1文やな。

 

npm moduleはとりあえず置いておくとして、yarn initって何やの?これはどこで使うの?あるいはpackage.jsonは、たとえばLinux上でどうやったら作成できるのか?みたいな?

 

全然よくわかっていないのですが、なんかおもしろそうな気がするので、とりあえず書いておこうと思います。

 

内容は上のリンク記事を読んでいただくのがいいと思います。

すみません、丸投げで。

 

 

この記事は、中身が分かったら役に立ちそうなので、リンクしとこ。

(分からんのかいって感じですけど)

yarnの使いかた

https://qiita.com/senou/items/d939601e32c0005ebfe3

 

あ、こっちの方がたどりつきやすそうな気がしてきた。

ほんまかな。

パッケージの作成 | Yarn

記事に書いてあった、gitとyarnのインストールのサイトを見たら、ちょっとなじみが出てきたsudoコマンドが書いてあったので、できるかもしれない気がしてきた。

ほんまかな。

 

 とりあえずやり始めてみた。

 

gitとYarnのインストールはなんか成功した模様。

ほんで、yarn initを実行したら、Node.js 4.0かそれ以上をインストールしてくださいと出た。

 

んで、この記事を見てみた。

すでにubuntuのところに移動させてます。

 

【Node.js入門】各OS別のインストール方法まとめ(Windows,Mac,Linux…) | 侍エンジニア塾ブログ(Samurai Blog) - プログラミング入門者向けサイト

 

この記事のやり方でNode.jsをインストールできたっぽい。

 

なので、

 

パッケージの作成 | Yarn

 

に戻って、

yarn init以下をやってみたら、一応、my-new-projectフォルダに.gitフォルダができてからのpackage.jsonができたっぽい。

 

 ほんで、最初の記事、

MarkdownをPDFに変換する「md-to-pdf」は痒いところに手が届く素敵ツール | DevelopersIO

 

に戻って、

 

使い方の

$ yarn add md-to-pdf

をやってみたら、

 

yarn.lock

 

というファイルが追加されていました。

 

次に、

 

npx md-to-pdf

 

をやってみたら、npxっていうコマンドはないです、と言われたので、とりあえず、今日はここまでにして、エラーの原因を探ってみたいと思います。

 

とりあえず、今見ている記事を貼り付け。

npmとyarnのコマンド早見表 - Qiita

 

 

うーむ。

ここまで書いてきて、自分の知識などなどがいろいろ足りていない気がしてきたので、これでやめるかもしれない。

 

 と思ったんですが、なんか解決への糸口が掴めて、なんとかPDF生成まで行けたっぽいです。

 

 

npxを直接インストールしたら良さげな記事をいくつかみたので、

npm install -g npx

を実行してみたら、なんかものすごい長いエラーが出てダメそうだったので、

 

npmに搭載されている「npx」を使ってみる

https://co.bsnws.net/article/275

 

を参考に、

sudo npm install -g npx

 

でやってみたら、npxがインストールされたっぽいです。

 

ほんで、次も問題なんですが、

npx md-to-pdf

 をホームディレクトリ?で実行したら、

 

なんかよくからんけど、Chromium r686378をダウンロードしてうんたら、っていうメッセージと、オプションやら例やらがいっぱい出てきて、pdfファイルは生成されていないっぽかったので、

 

新たに作成したmd-to-pdfに移動してから

npx md-to-pdf

を実行したら、なんかよくわからんけど、PDFファイルができていました。

 

ふう、良かったんですけど、あまりにも試行錯誤すぎて、もう一度インストールし直そうとしたときに何がなんだかよくわからないですねー。

 

 

無理やりまとめを作ってみると

 

今回の紆余曲折の骨格はこんな感じ。

 

gitとyarnをインストールする

参考サイト

パッケージの作成 | Yarn

 

Node.js 4.0かそれ以上をインストールする

参考サイト

【Node.js入門】各OS別のインストール方法まとめ(Windows,Mac,Linux…) | 侍エンジニア塾ブログ(Samurai Blog) - プログラミング入門者向けサイト

 

yarn initの先

 参考サイト

パッケージの作成 | Yarn

 yarn init以下をやってみたら、一応、my-new-projectフォルダに.gitフォルダができてからのpackage.jsonができたっぽい。

 

 yarn add md-to-pdfを実行したらyarn.lockファイルが生成

参考サイト

MarkdownをPDFに変換する「md-to-pdf」は痒いところに手が届く素敵ツール | DevelopersIO

 

npxを個別にインストール

sudo npm install -g npx

参考サイト

https://co.bsnws.net/article/275

 

pdfを生成

作成したmd-to-pdfフォルダに移って(cdコマンド)

npx md-to-pdf

を実行。

めでたくpdf生成。

(※npx md-to-pdfをホームディレクトリ?で実行したことが何らかの影響を持っているのかは不明)