Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。

【リンク】台風と病気の関係、特に「慢性疲労症候群」は症状の悪化と密接だった!

台風15号の後、数日くらい、ずっと身体がダルダルでした。

暑さがぶり返したんとちゃうやろか、と思っていたんですが、もしかしたらそれだけじゃないかもしれない記事を見つけたのでリンクしたいと思います。

 

台風と病気の関係、特に「慢性疲労症候群」は症状の悪化と密接だった! | 五本木クリニック | 院長ブログ

 

いつもはトンデモ系の話をばっさばっさと切りまくっている五本木クリニックの院長先生ですが、珍しく(?)肯定的な話だなーと思いました。

 

この記事によりますと、

この慢性疲労症候群の症状を悪化させるものとして「冷え」があります。次に増悪させるものとして「気圧の変化」が挙げられています。

 

だそうです。

 

私の場合、自己診断なので全然参考になりませんが、体調が悪いと慢性疲労症候群の診断基準、結構満たします。

 

で、台風はそんなに何度も経験していないので分からないんですが、梅雨は体調不良を起こしやすいです。

何年か前まで、ホットカーペットをしまうのは、梅雨が明けてからでした。

梅雨どきに冷えて体調が悪くなるんですよね。

なので、ホットカーペットを弱にして、お腹を下にしてゴロゴロしていることが多かったです。

冷えと湿気じゃないかと思っていましたが、気圧の変化の可能性もあるわけですね。

 

ちなみに、今回の台風15号後の体調不良は、暑かったので盲点でしたが、お腹が冷えていました。

なので、ゆたんぽでお腹をあたためてみたらかなり良くなりました。

 

ゆたんぽは柔らかめが使いやすい気がします。

 

私はファシーのやつを10年くらい使い続けています。

こういうやつ。

これ、えっらい安い気がするんだけど。

私は3000円くらいで買った気がしますが

カバーがないから?

 

 

冬だと熱めのお湯を入れてバスタオルで巻きますが、気温が高い季節なので、お風呂に入るくらいの、低温やけどをしなさそうなお湯を入れて使ってみましたが、案外良かったです。

 

 

こういう記事もリンクされていました。 

 

季節の変わり目、特に低気圧や台風は痛みなどの体調不良と関連があるのか?「低気圧と体調」の関係について。 | 五本木クリニック | 院長ブログ

 

 

 

ということで、体調管理には気圧の変化も考慮に入れようってことを思いましたが、だからといって、何をすればええの?温めるだけ?っていう気はします。

 

 

 

さらにリンク先のリンクを見てみると、

 

 

雨の日頭痛・天気が悪い日の「肩こり」の原因は気圧の変化【対処方法】

 

天気痛研究・診療の第一人者で愛知医科大学の学際的痛みセンター客員教授である佐藤純先生が行った名古屋大学の環境医学研究所附属近未来環境シミュレーションセンターでの研究[文献1]によると、気圧の変化が自律神経に影響を及ぼし、交感神経の働きを活発にし、諸々の体調不良を招くということが示唆されています。

特殊な部屋で被験者に待機してもらい、気圧を下げていくと交感神経が活発に働きだし、同時に痛み等の諸症状が生じるという実験結果がでました。

 

 

簡略化すると 気圧の変化 → 内耳のセンサー(三半規管の根元にある)がキャッチ → 交感神経の活動が活発化 → 痛覚閾値低下(痛みを感じやすい体へ)と末端の血流不全 → 様々な不定愁訴 → 交感神経が活発化・・・ といった負のサイクルが台風や前線がきっかけでできあがってしまい、局所症状から全身症状・精神症状へと拡散していき抜け出せなくなってしまう方も多いです

 

 

 

だそうです。

 

このブログには、自律神経を整えるセルフケアについても書かれています。

それだけだと難しい場合も多そうなことも書いてありますが。

 

カニズムを知ったからといって根本解決になるわけじゃないんですけど、長年モヤっとしていた梅雨と体調不良との関係、それから、今回意識した台風と体調不良との関係が分かってちょっとすっきりしました。

 

 

 

おまけ。

久しぶりにはてなブログのトップにフミコフミオさんの記事が載っていた気がします。

 

「自分をサブスクで使えて会社はラッキーですね」と自己評価高いマンは言った。 - Everything you've ever Dreamed

 

これ読んで、フミコフミオさんの現職は全然ホワイトじゃないんじゃないか疑惑を感じましたがどうなんでしょうか。

前職までがブラックホール並の黒だったので、相対的にホワイトに思えていただけで、個人的にはゼブラトーンな感じ。