Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。

ライオンの業務用酸素系漂白剤がかなり使える

やっと涼しくなってきましたが、8月は暑かったので、よく汗をかきました。

今年の洗濯の目玉はなんと言っても業務用の酸素系漂白剤をゲットしたことでしょう。

  

ライオンの業務用。*1

 

 

とにかく大容量です。

業務用なので当たり前なんですが。

商品レビューに写真をアップしてくださっている方がいるので、それを参考にしていただくのがいいと思います。

100サイズの段ボールに1個半から2個分くらいです。

なんのこっちゃか分からない目安ですが。

 

中身が一般用と違うのかはよく分かりませんが、そもそもライオンの一般用で酸素系漂白剤オンリーの白い粉とか引っ掛かってこないので、多分普通のサイズで入手するのは難しいかもですね。

 

 酸素系漂白剤オンリー*2のやつは、他のメーカーだと、

 

 

ここ2,3年はこのショップのやつを使っていました。

3キロ分包(分包ってレベルでもないんですけど)なので、使いやすいサイズだと思います。

リンクを貼っているのは3キロ × 5個 (15キロ)なので、注意です。

1キロから売っています。

 

ここのは溶けやすくていいです。

微妙に値上がりしているので、ちょっと替えてみようかなという感じではありますが、ここのでも全然OK。

 

 

1キロ単価を比較すると、

 

今回買ったライオンの業務用は、

 

7020円 ÷ 25 = 約280円

 

詰め替え用のジップロックを足すと300円くらいでしょうか。

 

 

今まで使っていた3キロ分包の15キロのやつは、

 

6237円 ÷ 15 = 約415円

 

ですね。

 

1キロ100円の違いをどう見るかですが。

25キロの業務用は詰め替え作業もありますし。

 

あとは、運送屋さんが地味に大変。

暑い中ありがとうございました。

 

今後の見通しとしては、詰め替え作業をする元気と置き場所があったら25キロの業務用で、なかったら3キロ分包の15キロって感じかなと思います。

 

 

普通のサイズはこんな感じですかね。

 

 

 

 

www.live-science.co.jp

セスキプラスを使っているので、酸素系漂白剤も石けん百貨でそろえるといいんですが、なんとなく他のショップで買っちゃいます。

悪い商品ではないです。好みの問題だと思います。念のため。

 

 オカモトの酸素系漂白剤を使っていたことがありますが、なんか引っ掛かってこないですね。

なくなったんですかね。

 

 

750グラムって、多いなーと思われるかもしれないんですが、毎回の洗濯に使っていたら、すぐになくなります。

私の洗濯の仕方だと、1回につき100グラムくらいですかね。

750グラムだと10日くらいでなくなります。

日々の洗濯に加えて、洗濯槽の洗浄に、とか言ってたら、1か月に3~4袋の換算だと思います。

 

 

 量の話はこれくらいにして、ライオンの業務用25キロの使用感です。

 

これねー、かなりいいわ。

粒がいいのよ。

細かいけど、粉飛びが少ないし。

溶けやすいし。

 

洗浄剤として使う粉末は、水に溶けてくれないと力を発揮してくれないので、さっさと溶けて欲しいんですが、これまで使った中で一番良かったのが、上にリンクした3キロ分包のショップだったですね。 → 検索結果 【楽天市場】アレスヘルスケア 酸素系漂白剤の通販

 

 今回買ったライオンの業務用25キロは、その上を行く溶けやすさです。

んで、なんかよく分からんけど、洗濯物の洗い上がりが、今までより柔らかくなっている気がするんだけど。

何が違うんですかね。

酸素系漂白剤のメーカーを替えただけなのに。

 

大容量の業務用を結構買うんですけど(一人暮らしなのに)、明らかに業務用の方が使い心地のいいものが結構ある気がします。

なんでなんですかねー。

まあ、一般向けに使いやすくしたら、仕上がりがそれなりとかそういうのはよくある話みたいですが。

市販の毛染めと美容室の毛染めは成分の割合なんかが全然違うという話を、以前言っていた美容室の人に聞いたことがあります。ここらへんは、完全に技術とか設備の差が成分にも反映されるってやつですね。

 

酸素系漂白剤を大量に使うのってどういう業種なんですかね。

クリーニング屋さんとか?

だとすると、量の問題だけじゃなくて、技術とか設備なんかも、製品の質に関係してくるかもしれないですね。

 

 

ちなみに、洗濯槽は、まめに酸素系漂白剤でつけおきした方がいいです。

その方が、絶対に洗濯物の仕上がりはいいです。

7月は雨が多くて洗濯物の乾きが悪かったですが、私にしては珍しく、何者かが増えてちょっと雑巾っぽいニオイがしたり、ということが起こりました。

 

なんでかなと思ったら、洗濯槽の掃除をあんまりしていなかったからですね。

酸素系漂白剤を入れて2回くらい洗濯槽モードで回したら、雑巾っぽいニオイがすることはなくなって、洗い上がりもスッキリするようになりました。

 

ウチは毎回の洗濯で酸素系漂白剤を入れているので、そこまでひどい汚れにはならないみたいですが、それでもやっぱり定期的に洗濯槽の掃除をした方がいいもんだなと思いました。

 

 

そういえば、なんかよく分かりませんが、ライオンの製品はよく使う気がします。

今まで使ったのは、

 

スーパーナノックス

 

チャーミーマジカ

 

くらいではありますが。

 洗い上がりもさることながら、ニオイが大丈夫なものが多い気がします。

 

 

洗い上がりは花王の新しい液体洗濯洗剤が良かったんですけど、

 

私の場合は、ニオイがダメでした。

個人的には、ニオイを3分の1くらいにして、広がらないニオイにしてもらえると使えるのかもしれないと思ったりします。 

 

 

 【本文中に入れるとえらいことになりそうなので、脚注に落としてみた】

*1:

ライオンの業務用の酸素系漂白剤は他にも種類があって、

 

洗濯用だと、

結構高いんですけど、何が違うんでしょうか。

 

キッチン用だと、

これも結構高いですね。

やはり何が違うのか謎。

 

*2:

「酸素系漂白剤」として売られている商品の中には、界面活性剤(いわゆる洗剤)や香料が含まれているものも結構あります。

私は酸素系漂白剤オンリーの方が好きなんですが、ここらへんはお好みで。

 

酸素系漂白剤にプラスして界面活性剤が含まれている商品として、代表的なものとしては、

 

オキシクリーン

costcotuu.com

 

ワイドハイター EXパワー 粉末タイプ

 

 

キッチンワイドハイター(粉末) 多分業務用

 

メーカーのページ:花王株式会社 ワイドハイター EXパワー 粉末タイプ [本体]

 

あたりがあるかなと思いますが、もうちょっとあるかもしれません。