Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。

決明子とヨクイニンを摂り始めたら積年の恨みがどっか行った件

今年は暑いんだか寒いんだかよく分からない日が続きますね。

 

昨年の夏はえらく暑かったですが、忍冬酒とローズウォーターで乗り切りました。

 

忍冬は佐賀の温心堂薬局から取り寄せました。

 

coccolifestyle.hatenadiary.jp

 

忍冬酒、なんとなくだるいとか口の中が変とかそういうときに便利なので(口の中に帯状疱疹疑いのときにも摂っていた)、また漬けてみようかなと。

 

それと一緒に買ったのが、決明子とヨクイニンでした。

 

なにしろ、忍冬は100グラム300円なんです。

いつも500円とかで注文しちゃうんですけど、今回はなんか悪いなーと思って、足してみたのでした。

 

f:id:cocco32:20190624090719p:plain

 

ヨクイニンは粉末。

 

f:id:cocco32:20190624090749p:plain

 

 

参考にしたのはこちらです。

 

ww7.tiki.ne.jp

 

一番上のハブ茶決明子ですね。

 

説明のタイトルをクリックすると、さらに詳しい説明に行きます。

 

決明子口内炎になりやすいので健胃はいいよねっていうのと、目も疲れやすいからいいですよね。

普通にお茶で飲めますし。

 

ヨクイニンは、最近ハトムギ化粧水が流行ってるじゃないですか。

で、どんなもんかなと思って頼んでみました。

 

 

2日摂った結果。

口内炎の炎症が取れました。

まだ白いところは残っていますが、痛みはすっかり消えました。

 

ヨクイニンは、最初に口に含んだときに、ちょっとリラックスする感じがあったので、多分いけるだろうと思ったし、決明子は苦いけどおいしいねーって感じだったので、こちらも大丈夫そうだなって感じではありましたが、早かったのでちょっとびっくりでした。

 

温心堂薬局のは、全般的に早い気がしますが。

そんなに頻繁に頼むわけではないですが、「当たり」が多い気はします。

私の勘もすごいですけど。っていうか、相談せえよって感じではあるんですけど。

 

 

お値段、注文方法はこちらから。

 

決明子

生薬価格表

 

ヨクイニン

生薬10選

 

 

で、やっとタイトルの恨みの話なんですが。

 

いろいろ自分を見つめる機会は多いですが、まだ残っとったんかい!驚愕!って感じの、ほんとに積年というにふさわしいものでした。

 

 

恨みとか最近考えたこともなかったですが、恨みの裏には悲しみがあり。

 

となると

 

木(恨み)と 金(悲しみ)ではないですか。

 

金 克 木

 

やねー。

 

木は肝、金は大腸なので、これって決明子じゃないですか。

 

って思うと面白いな−と。

 

 

恨みというか怒りですが(怒りも木です)、その裏には悲しみがあるというのは、この本に書いてあったことです。

 

 

鈍感な世界に生きる 敏感な人たち

鈍感な世界に生きる 敏感な人たち

 

 

HSPの本ですが、この本は、気持ちに寄り添ってくれるようなところがあったり、実際にどこを気をつけたらいいか(著者もHSP)が書いてあってよかったです。

 

いろいろ参考になったことはありますが、この記事の関連で言うと、HSPの人は怒りとの付き合い方が上手くないみたいです。

そこは自分でも課題だなーとうっすら思っていたような。

 

なぜ、怒りとの付き合い方が上手くないかというと、HSPの人は、ときどき怒り沸騰で周囲にぶちまけたりするんですが、それをやったあとに罪悪感で死ぬほど凹むっていうのがあるという話でした。

 

解決方法としては、「相手を叱る」と「自分を責める」の中間、つまり、「自分自身について言及する」というのがいいですよーって書いてありました。

どういうことかというと、何か諍いがあったときに、「あなたは私の気分を害した(相手を叱る)」とか「私は傷つきやすい(自分を責める)」とかではなくて、「私はピクルスよりもサラダがいいな」みたいな感じで、自分が感じたことを「中立的な情報」としてできるかぎりはっきりと言うってことです。

 

 

この本を読んでいて、はっきりと感じたのは、自分に対して罪悪感を抱くことだけでなく、相手に対する悪感情を持ち続けることも、自分の害になるということでした。

 

 

これは、おそらく誰にでもあてはまるんだろうと思うんですが、HSPのように刺激に対して繊細であったり共感しすぎたりする人は特にそうなんじゃないかと。

 

人に対する悪感情を持ち続けるというのは、毒を自ら買い続けているようなもので、HSPの人は、その毒を無視できるほど鈍感ではないってことですね。

それこそ、無視しようと思ったら、本気で思い出せないくらいすごい解離を作り出さないとダメ的な(雰囲気で書いてます。ホントかどうかは分かりません)。

 

 

主観的な幸せを続けていくには、自分の中の悪感情は邪魔になるらしい

 

っていうのを悟ったので、

 

過去の人間関係については、恨みなどはできる限り洗い流す方向でいこうと思いました。