Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。

【リンク】◆主なプラスチックの特性と用途◆

 

原材料を混ぜてスプレーやらなんやら作るのが好きです。

 

空容器を買う時に迷うのが容器の素材で、ガラス容器であればだいたいは大丈夫なんですが、プラスチックの場合は、モノによってはNGだったりします。

 

プラスチックの素材によって、アルコールはOKとかNGとかあるみたいなんですが、いつも探すのが大変で。

 

と思っていたら、一覧表になっているページを見つけたのでリンクしておこうかなと。

 

www.jpif.gr.jp

 

日本プラスチック工業連盟というところが出しています。

 

確認しておきたいのは赤字になっている部分で、

 

ポリエチレン(PE)、PP(ポリプロピレン)、塩化ビニル樹脂/ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリエチレンテレフタレート/PET樹脂(PET)は、酸、アルカリ、アルコール、食用油に対して「良」となっています。

ただし、PETは強アルカリを除くとなっています。

 

気を付けたいのがPSですかね。

酸とアルカリは大丈夫そうですが、アルコールに対しては「長時間入れておくと内容物の味が変わる」、食用油に対しては「柑橘類に含まれるテンペル油や、エゴマ油等の一部の油脂に侵されることがある」とのことです。

 

PSというのはポリスチレンですが、ご飯を作るときにも影響してきそうな。

長いことおかずを入れておくと双方劣化する可能性がありそうですよね。

 

と思って、ダイソーのビニール袋(よくスーパーでお肉のパックを入れるときに貰うような、半透明のカシャカシャいうやつ)とストックバッグ(ジップロックみたいなやつ)の素材を見てみましたが、

 

どちらもポリエチレン(PE)でした。

 

PSのところで書かれている柑橘系のテンペル油って、皮に含まれる精油類(モノテルペン。リモネンとか)ってことなんですかね。

精油はガラス容器でのが無難な気はしますが。

 

いずれにせよ、プラスチック容器を買うときは、素材を見て買うのがいい気がしますね。

アルコールや油分を含まない化粧水類でなければ、素材が書かれていないものはやめておいたほうがよさそうな。