Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。

毒親問題、もう一つの可能性

愛染明王ミストの続きです。

 

昨日書いたのはこちら。

 

coccolifestyle.hatenadiary.jp

 

 愛染明王のことを調べていたら、愛欲即菩提という言葉がどこかの記事に書かれていまして、これって、自己本位を悔い改めよということなのかもしれないなーと思いました。

 

愛欲に限らず欲望オンリーになるのは自己本位の何者でもありませんが、己の欲望をなかったことにして無意識の淵に叩き落すのも自己本位なのではないかと思ったり。

 

 

んで、毒親問題です。

 

ここ数年のお題のひとつが親との関係を見直すことでした。

見直しが進むごとにわが親のヤバさがだんだん分かってきて、ここ1,2年は複雑性PTSDの話を中心に、愛着や虐待、発達障害の観点から親との関係を振り返ってきました。

 

実際にあった出来事がきっかけで、母親とはほぼ音信不通で帰省もしていない親不孝道を邁進していますが、

 

親との連絡を断ったあたりから、健康を取り戻し始めました。

私の場合、高校時代から30年くらいずっと体重が増えなくて、その結果体力もなくて結構大変だったんですが、親と連絡を取らない実家にも帰らないと決めてから、なんと体重が5,6キロ増えてBMI17が20に増えました。

 

なぜこういうことになったのかは、愛着と虐待の観点から自分の中で理由付けをしていました。

乳幼児の虐待では、低身長低体重になったり、中枢神経系の発達に悪影響があることが知られています。

こういうことが大人でも起こるんだなーという解釈です。

 

生霊問題から見てみると、違う解釈が成り立ちます。

私の家族は息を吸うかのように生霊を飛ばしてくる人たちなんですが、生霊を飛ばしてくる背景の一つには、自分に向き合えないという自分の問題があるんだろうと感じています。

 

生霊を飛ばすレベルになったときに厄介だと感じているのが、意識と無意識とが切り離されるという点です。

意識と無意識が切り離されたときに、「別のもの」につけこまれやすいと感じています。

「別のもの」は人間の場合もありますし、人ならざるものである場合もあると感じています。

 

その人にとりついた「別のもの」は、周囲にも影響を及ぼします。

ということだったのではないかと。

 

こういう記事があります。

 

www.verygood.la

 

ホントかどうかは知りません。

個人的には我が身に起こっていることについて納得できる内容だなと感じています。

 

 

愛染明王ミストを作られた方のブログです。

 

blog.livedoor.jp

 

霊的なよもやま話がいくつか書かれています。

 

周囲から霊的な悪影響を被っている人が人間関係を整理することでその悪影響から抜け出せたという話があって、

 

私の場合もこれなんだなと思いました。

 

親と連絡を取っていなくて帰省もしていないと書きましたが、物理的に接触していないだけではなくて、精神的にほぼ縁を切っています。

「精神的に縁を切る」というのが、私の健康状態にはとても良かったんだろうと思います。

 

私が連絡を取らなくても、年に2,3回は向こうから連絡が来ていて、連絡が来るたびに高熱を出すとか身体の節々が痛くなるとか、そういう感じなので、不思議に思っていました。

連絡が来た時にケンカ腰にならずに淡々と相手をしていたら調子を崩さなくなりました。

愛着の話でも解釈は成り立つんですが、それだけではなさそうだなと。

 

 

 

親と縁を切るなどと書くと、「親を大切にしない子どもなんて!」という声が必ず上がってくるわけですが、親不孝であることは十分承知の上でやっていて、親がこの世を去ったときに後悔する可能性も全部引き受けてやっています。

 

 

 最近よく身に着けているブレスレット

 

f:id:cocco32:20190215084220j:plain

 

左がメノウとカルセドニー数種とフォシルコーラル(化石珊瑚)。

右がガーネット、ゴールデンオブシディアン、モスコバイト、ラピスラズリ、水晶。ガーネットとゴールデンオブシディアンがどちらも黒っぽく映っちゃってますね。

 

ガーネットとオブシディアンは防御力高めな気がします。

それから書類仕事がしやすくなります。