Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます

インカローズの目覚め

ベタなタイトルですみません。

 

じゃがいもの話じゃないですよーと書こうと思ったんですが、インカのめざめはうつくしいじゃがいもなんですね。

 

www.rakuten.ne.jp

 

なんか似ている気がしなくもない↓

 

f:id:cocco32:20190121174844j:plain

 

 

インカローズ(ロードクロサイト)にはまりつつあります。

インカローズのホントにローズ色のやつなんかはべらぼうに高いので、お小遣いでも買える適度な感じなやつを選んだら、こんな感じになりました。

 

大きい方の粒はオレンジムーンストーン。オレンジからピーチくらいの色合いです。

小さい方の粒がインカローズで、縞がなくてベージュピンクっぽい色です。

 

オレンジムーンストーンは思ったよりも色が濃い目でインカローズは思ったよりもベージュっぽい色だったので、まさかのほぼ同色になりました。

 

ヌーディーな色合いですが、オレンジムーンストーンのシラーとインカローズのツヤ感で肌になじみつつ地味にはなりません。

口紅のレビューみたいやな。

 

 

インカローズといえば、恋愛石の定番だと思うんですが、作ってみて「そうか?」って気もします。

ま、いらん妄想が消えそうな感じとか、関係ないことは関係ないと言えるとか、そんな感じのところもありそうなので、恋に恋している状態からは脱皮しやすくて生身の相手を相手しやすくなるとか、狙いを定めやすくなるとか、そんな感じのところはありそう。

(検索かけてもどこにもそんなことは書かれていないと思いますが)

 

 

ムーンストーンも女性らしい雰囲気の石だろうと思っていましたが、あんまりそうでもなかった。

特にオレンジ系だし。

 

参考記事。

 

ameblo.jp

 

男気溢れる石やないですか。

というかインカローズもちょっとそんなところもある気がします。

 

あれですかねー。

女性らしい雰囲気をまるっとコピーできる感じというよりは、バックアップ感が女性らしさを引き出すみたいな感じなんですかねー。

 

 

つづきがありました。

 

ameblo.jp

 

魔術も使える奔放な踊り子・・・・

 

朝松健氏の逆宇宙ハンターズを読んでいるんですが、薬師仏笑という術を思い出しました。

 

逆宇宙ハンターズ(3) 黄金鬼の城

逆宇宙ハンターズ(3) 黄金鬼の城

 

 

薬師仏笑は宋碧海和尚の術で、ものっすごい雑な説明をすると、大笑いをかまして妖術使いが術を使えなくなるくらい骨抜きにしてしまうというやつです。

ボキャブラリが貧困すぎてすみません)

 

3巻まで読んだ限りでは、この術が一番欲しいやつ。

 

 

 

そういえば、クリスタルボウルのラフィングブッダも同系色なのでは。

 

www.angelstreehouse.jp

 

薬師仏笑が取り持つパワーストーンとクリスタルボウルの仲。

多分違う。