Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。

すっごい小さい石でブレスレットを作ってみたら骨格ウェーブの手首にはよかったかもしれない件

 どうしましょう。

止まらないんですけど。

 

小さなラウンドカットとタンブルとかちょっといびつな石の組み合わせ。

 

クンツァイト、ガーネット、パール、ピンクオパール、イエローオパール、ピンクトリマリンシリカ

f:id:cocco32:20190111222929j:plain

 

ペリドット、ガーネット、グリーンアベンチュリンクォーツ、ピンクオパール、イエローオパール、ピンクトパーズ、ピンクトルマリンシリカ

f:id:cocco32:20190111223047j:plain

 

2ミリとか3ミリの粒は穴も小さくてシリコンゴムの多分0.4ミリくらいのやつを使っています。

1本どりだとちょっと心もとないので、2本どりをどうにかしてやりたいと思って通してみたのがグリーンのほうです。

 

こんな感じで無理矢理2本どり。

f:id:cocco32:20190111223309j:plain

 

 

どちらも相当華奢なデザインです。

軽くていいです。

 

 

 

骨格診断の本には、

骨格診断×パーソナルカラー 本当に似合う服に出会える魔法のルール

骨格診断×パーソナルカラー 本当に似合う服に出会える魔法のルール

 

 

ウェーブは「小さめの石で華奢で揺れるデザイン」「半貴石、8ミリ以下のパール」なんかが似合うと書いてあったりするわけですが、作ってみて、ホントにそうだなと思いました。

 

ウェーブの場合、身体全体がうすっぺらいですが、手首も当然のごとくうすっぺらいです。

なので、あんまりごついブレスレットとか時計とかしていると、PCを使うときとか結構手首周りがごそごそするんですが、華奢なもののほうが邪魔にならない感じです。

 

 

追記。

パワーストーンブレスづくりが止まらないと思ったんですが、止まるかも。

少なくともペースダウンできるかも。

 

これまでは、6ミリ、8ミリ、10ミリくらいの玉を中心に作っていたんですが、ずっと作り続けていたのは、玉が大きすぎてゴソゴソするからだったかもしれないです。

 

2ミリとか3ミリが中心だと、着けた感じが違和感ないです。

穴が小さいし、1個通しても長さを稼げないので、めっちゃ時間がかかるし疲れるんですけど。1個作ったら満足するので、その方がいいような。

 

6ミリ、8ミリ、10ミリくらいだと、ガシガシ通せるので量産できちゃうけど、そこまでいらんよね、みたいな感じ。