Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。

2019年の手帳はコクヨのノートページたっぷりダイアリーノートにしようかと

今年は佐々木常夫手帳でした。

 

coccolifestyle.hatenadiary.jp

 この手帳はとても良いと思います。

しかし、私の今の生活だと、ほぼマンスリーとノートしか使っていなくて、ガントチャートとウィークリーはほぼ空欄の状態です。

 

手帳は予定をざっくり把握できればそれでよくて、細かい仕様は各仕事の仕分けボックスに入れているという感じなので。

 

使わない箇所はそのまま放置でいいので、来年も使おうかなと思ったりもしていましたが、微妙に気になっていたのが、フリクションペンとの相性が悪いことなんですね。

 

わたくしフリクションペンがないと生きていけない身体になってしまったので、手帳もフリクションペンを使いたいんですが、

 

  • 0.5ミリは太すぎる
  • 0.4ミリはかすれる色が多い
  • 0.38ミリはクリップ部分が小さすぎて、すぐに手帳から外れる

 

っていう感じ。

 

なので、A5見開き + ノートのやつがあったらなーと何気なく思っていたら、なんとありました。

 

たまたま立ち寄った本屋で見つけました。

 

 

 

こちらはキャンパスノートと同じ紙が使われていて、年間計画表、マンスリー、ノート40枚のやつです。

 

まだ使っていないので、フリクションペンの0.4ミリが書けるかどうか試していませんが、キャンパスノートと同じ紙だから大丈夫なのではないかと思っています。

 

表紙。

f:id:cocco32:20181128233828j:plain

 

マンスリー。

f:id:cocco32:20181128233905j:plain

 

ノート。

f:id:cocco32:20181128233929j:plain

 

という感じです。

 

佐々木常夫手帳との大きな違いは4ミリ方眼がないことでしょうか。

今の使い方なら特に困らない気がする。