Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

空間認識機能が上がったような気がする & そこから連想した話

時間があったので、溜まっていた出席票の整理をしていたんですが、そのときに自分の要領がよくなった気がしました。

 

出席票の並べ替えと出席簿への転記は結構神経を使う作業で、特に転記のときに、行と列を間違えそうな気がすることがよくありました。

そういうこともあって、疲れるので正直あまり好きではなかったです。

 

が、そういえば、10月に入ってから、あまり苦じゃなくなったなーというのを思いました。

 

なぜ苦じゃなくなったかというと、

 

  • デスク作業における空間認識機能が上がった
  • 空間認識機能と手先の運動との連動が良くなった

 

の2点があるんじゃないかと思います。

 

40代も半ばを過ぎて、衰退ではなく獲得という意味での発達を感じることができるのは非常に幸せなことだなーと思います。

 

デスク仕事の要領がよくなったことと、パワーストーンのブレスレットを作り始めたこととは多分関係していて、空間認識機能と手先の運動が向上しつつあるから、突然作りたくなったんじゃないかと。

 

 

なんかよく分からないんですけど、毎日作りたくなるので、毎日2,3本は通していると思います。

 

昨日やっていたのはこんな感じ。

 

f:id:cocco32:20181030234835j:plain

 

 水晶単体のやつと、ゴールデンオブシディアンと水晶を組み合わせたやつ。

 

最初はスーパーアンタロン2本どりで通しましたが、穴が大きめだったので、4本どりに替えました。

 

個人的には、スーパーアンタロン4本どりで作ったやつが、伸びとしっかり感のバランスが一番好きかもしれないです。

 

同じ8ミリ玉でも微妙に大きさが違っているので、水晶単体ブレスの大きい玉は12ミリで、ゴールデンオブシディアンの方の大きめ水晶は10ミリ玉を組み合わせています。

 

あと、間に入れた6ミリ玉の位置について、微妙に試行錯誤しました。

 

みたいな感じで、シンプルなものはシンプルなもので、いろいろなツボがあるんだなーと思いました。

 

この2つは練習なので、ゴムを切ってまた使うと思いますが、

 

組み合わせ的にも落ち着いたと感じたやつが溜まりつつあります。

 

 

f:id:cocco32:20181030235500j:plain

 

10本あります。

 

2,3日後にはまた違うデザインにしているかもしれません。

 

 

自分としては結構増えたなーという感じではあるんですが、

 

違う見方をしたら、たった10本なのか、という気もします。

 

シリコンゴムの減り具合からすると、すでに40~50本くらいは通しているはずなんです。

 

けど、残ったのは10本。

それも、2、3日後にはまたゴムを切って違うものになっているかもしれない。

 

 

最近モノを作っていなかったのですっかり忘れていましたが、子どもの頃は編み物が好きで毎年何らかのものを作っていました。

幼稚園の頃に簡単なものから始めて、中学生のときにセーターは何枚か編みましたが、編み目を飛ばしたり、模様がおかしくなったり、色合わせがイマイチだったり、さんざんやり尽くしてのセーターだったよなと思い出しました。

 

編み物も、ゲージの取り方とか、増やし目減らし目の計算方法とか、きちんと習っておいたらよかったなと思いますが、中学生のときにはそこまでやらなかったので、今やるとしたら、本を見ながら同じ毛糸を買ってやると思います。

 

今回のパワーストーンブレスレットの場合は、見よう見まねで(製品は山ほど見たし身に着けてきましたが)やっていて、デザインなんかもその場で考えるって感じなので、試行錯誤は当たり前なのかもしれません。

 

それに、編み物の場合は、たとえば本にハマナカのなんとかという糸を使うと書いてあったら、その糸を使えば、糸の太さとか色が違うということは起こりづらいですが、

 

石の場合は、同じ種類同じ大きさの物を買ったつもりでも、色味や大きさが微妙に違ったりするので、標準化みたいなことは非常に難しいなというのも感じました。

 

そういうアナログ感がたまらん、っていうのもあったりしますが。

 

先日リンクさせていただいたマダムユキさんの記事には、ハンドメイド起業の過当競争の中で生き残っているのは、ブームなど関係なしにやって行けている美大芸大出身の方だという話がありました。

美大芸大出身の方は、中学高校から死ぬほど造形に取り組んできたわけで、そういう中で溜められてきたものは何なのか、というのがとても気になります。

 

 

本業副業として起業するときに、その職業に関するスキルやビジネスの方法を学ぶというのは必要なんだと思うんですが、

 

起業の際に学ぶ内容は、それまでの人生で溜め込んできた何かをどうカスタマイズして売れるものにしていくのか、ということなのであって、起業する段階になって溜めようとするのではちょっと遅い気がしました。

 

なので、他の企業で仕事をするという意味での副業でなくて、自営業としてやるのであれば、「ちょっと好き」とかのレベルではなくて、自分ががっつり取り組んできて場数を踏みまくっているものの方がいいんだろうなと思ったりします。

 

仕事を始めてからの話であれば、自分のいる企業で研鑽を積んでから独立というのはよくある話でしょう。

そうでなければ、子どもの頃に寝食を忘れてやっていたのは何だったのか?というのをがっつり棚卸をするのもありなのかもしれません。

 

どちらもなければ、今から寝食を忘れて場数を踏んでくださいということになるんだろうと思いますが、手っ取り早くお金が必要なのであれば、独自のビジネスを展開しようと画策するよりも、さっさとバイトするか勤めるかの方がいいんだろうと思います。

 

 

ちなみに、パワーストーンのブレスレット作りに関しては、素材を買った方が安上がりだから、という理由だけで始めるのはあまりおすすめしません。

自分が欲しい1本を作るまでに沢山の素材を必要とするので、既製品を買うよりも高くつく可能性が大きいです。

1連買って単体ブレスを作る場合でも、今は素材を通しただけのブレスレットが安く売られていますので、そちらを探すことをお勧めします。