Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

仕事に対する好き嫌いがなくなったら生産性が上がったかもしれない

今年に入ってからくらいだと思うんですが、仕事に対する好き嫌いを超えたなーと思ったときがありました。

 

それまで私は「この仕事は私の本当の仕事じゃない」みたいな寝ぼけたことを考えていました。

 

集団に対して教えることに対する苦手感もずっとありましたし、そういうもろもろを含めての「私の本当の仕事じゃない」感がありました。

 

私の場合、教えること自体は控えめに言って天職以外の何者でもないんですが、学ぶベースとなる心の平安みたいなものが損なわれやすい昨今において、心の平安をサポートする仕事に注力したいという思いが消せませんでした。

 

それが、涼しくなってきたころにふと気づくと、仕事に対する葛藤がすっかり消えていました。

葛藤がなくなると、楽々通勤して楽々帰ってくるみたいな感じになります。

楽になったのは、仕事量が減ったからかなと思っていたんですが、「私の本当の仕事じゃない」感が私の元気を削っていたのではないかと。

 

教える内容自体が良くなったのかについては自己評価は当てになりませんが、周辺の仕事に関しては、徒労感みたいなのがなくなって早く終わるようになったり隙間仕事がやりやすくなったりしています。

 

家に帰っても元気なので、体調を維持することで頭がいっぱいいっぱいだったのが、他のことに気を回せるようになり、パワーストーンブレス沼にハマりかけていたり。

沼にハマるのはどうなんだろう?というのはあるんですが、自分以外のことに気を回せるようになったのは一歩前進なんじゃないかと。