Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

【リンク】【飼育日記】幻のニワトリ「天草大王」を飼い始めて、産んでくれた卵でTKG(卵かけご飯)を食べるまで

5日(金)の夜から楽天のお買い物マラソンで、ふるさと納税の小魚アーモンドが増量になっているので申し込もうかどうか考えている今日この頃です。

 

※こちらは小魚アーモンドとほしエビみたいなやつとおまけが高菜。

 

アマゾンで同じ商品が売っていましたが、ちょっとお得かもしれない。

おまけでついている鶏の炭火焼きも気になります。

 

追記。

後で見直したら、小魚アーモンド、ほしエビみたいなやつとおまけが高菜のやつが貼られていたので、小魚アーモンドと鶏の炭火焼きのやつを貼りました。

 

item.rakuten.co.jp

 

 

 

 

トリ違いですが本題のトリの話です。

 

トリは生きていても生きていなくても好きなんですが、

 

生きているトリ。

 

sekach.com

 

生きていないトリ その1。

町田にハマケイあるんや!知らんかった。

www.hamakei.co.jp

 

生きていないトリ その2。

 

f:id:cocco32:20181005220722j:plain


 

ニワトリは子どもの頃に飼っていたのでなんか違うスイッチが入ります。

 

 

www.hotpepper.jp

 

このおうちの子たちはかなりやばいです。

 

ライターさんのニワトリ愛がすごすぎると思うんですが、

ヒヨコが孵る瞬間を初めて見ました。

 

ニワトリって、可愛がられているとどこまでも慣れるんですよね。

室内飼いだと横になって寝るんだというのを初めて知りましたが、

ウチのニワトリたちも抱っこすると力が抜けてました。

(でも寝るのは止まり木)

 

 

「天草大王」という品種はかなり大きいからか、ヒヨコの時代からかなりしっかりしてますね。

 

しかし、オスの成鶏で80センチの8キロってちょっと想像つかないんですが。

人間の1歳児と同じくらいってことですよね。

 

ここのお子さんたちは2羽ともメスらしいので、成長しきってももうちょっと小柄ですよね。

とはいえ、生まれて半年弱で3キロかあ。。。半年と言えば一応大人になる頃だとは思うんですが。

もうちょっと大きくなるよね。

 

ウチのニワトリたちは、白色レグホンのオスでかなり大きかったですが、それで3キロくらいと言っていたような?

 

 

ニワトリといっても体重はまちまちらしい↓

 

ameblo.jp

名古屋コーチンでか!

ブラックブラマっていうのもでかいね。

 

と思ったら、世界最大級のニワトリらしい。

ヒヨコがすでにヒヨコじゃない感じだし。

ネコの子って聞いてたらネコ科ってだけでライオンの子だった的な。

 

matome.naver.jp

 

そういえば、築地市場のネズミ問題、ヤフコメで猫を投入したらいいのではと書いている人が多数、そのリプライでサーバルキャットレベルじゃないとダメなのではと書いている方がいました。 

 

 

 

私もそんな気がします。

ウチの白色レグホンは、若鶏の頃に1羽イタチに盗られて2羽が成鶏になりましたが、近所の野良猫は寄ってきませんでした。

 

だって、白色レグホンめっちゃ気が強いので、蹴爪(オスオンリー)のついた足で蹴られたら無傷で帰ることはできないですし。

 

ドブネズミと白色レグホン、白色レグホンの方が大きいですが、しょせんは家鶏なので、野生のドブネズミの方が手ごわいのでは。

 

大きさ比でいくと、天草大王、ブラマレベルでちょうどな気がします。

築地市場に1000羽くらい投入したら結構いけたりしないでしょうかね。

 

ただし、でか鶏を見た時点でネズミ軍団が逃げ出して他地域への被害拡大が早くなる可能性もあるし、広い場所に放たれた天草大王とブラマが元のケージとか庭におとなしく戻ってくれるかというとそういうわけでもないだろうし、戻すと言っても、食用にはならんでしょうし、それはそれで大変ではないかという気がします。

 

その後のことを勝手に想像すると、ネズミの駆逐に使われたでか鶏たちは、ネズミの駆除後、一部は元の飼育場所に回収されましたが、一部は築地市場の跡地に残りました、そして、でか鶏たちは何もなくなった築地市場から外に出て都心に広がり、各区で大繁殖、繁華街ではネズミは見られなくなった代わりにビルの陰でたたずむラスボス鶏が見られるようになりました、みたいなことになりそう。