Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

2018年9月25日のおひつじ座満月図はTスクエアが2つなんだけど

9月末の星の配置に関する記事を見ていると、

 

weekly.hatenablog.com

 

www.verygood.la

 

9月25日のおひつじ座満月あたりで何かの決着がつきそうな予感?

みたいな感じで書いてありますね。

 

ただ、その決着が一筋縄ではいかなさそうな雰囲気もあるし、どうなっていくのかなーってのが気になってます。

 

満月図を見てみるとこんな感じ。

 

f:id:cocco32:20180921221448p:plain

 

 

満月の月にはカイロンが、太陽には水星が乗っかていて、やぎ座の土星とTスクエア。

みずがめ座の火星が満月の調停。

 

満月にカイロンと水星が乗っかってるってちょっと面白いですよね。

何が起こるんだろー。

 

トラウマをホロスコープで表すとしたら、ひとつは間違いなくカイロンですよね。

 

カイロン(ケイロン)にまつわる神話はこんな感じ。

 

paxluna.net

 

カイロンは、その死に際をもとに傷と癒しを表す星であるといわれますが、出生にまつわる傷もあるという話です。

ここでは、やはり死に際の傷について取り上げたいと思うわけですが、毒を受けた不死身のカイロンは死にたくても死ねない状態です。

トラウマというのは、過去の傷が過去にならない苦しみであるのと被るなーという感じです。

 

ホロスコープでトラウマを表すとしたらもう一つ、月だろうなと思います。

月は無意識を表すので、それ単体だと意識や言葉になっていきません。

トラウマというのは、記憶が断片的で、再活性されると感情もコントロールできる状態ではなくなるのは、言語野の活性が落ちたり、自己認識に関する部位の活性が落ちたりするからです。

これって月がものすごく傷を負っていたり、単体で動いていたりする印象。

 

月はトラウマの意識されない苦しみであり、カイロンはトラウマの意識された苦しみである。

そんな気がします。

 

今回の満月は、月にぴったりとカイロンがくっついていて、真向いの太陽に水星がぴったりとくっついています。

 

月とカイロンは無意識の苦しみと意識された苦しみが符合すると読めるかもしれません。

無意識と意識が符合するときに、トラウマについての理解が促されるということはあると思います。

 

それに対して真向いの太陽と水星がどう出るか。

水星で言語化できると読めるかもしれませんが、太陽と水星の離れ具合が3度ちょっとなので、もしかしてコンバスト?

だとすると、理解されたことを受け止めることができずに思考停止というのもあり得るかもしれません。

 

満月・カイロン・水星はやぎ座土星とTスクエアなので、土星的な状況から来る緊張状態からトラウマの理解が生じるとかはあるのかも。

 

天体の度数を載せ忘れたんですが、土星はベスタとぴったり重なっています。

ベスタはかまどの火の女神なので、家事分担問題とかで緊張状態になるとかはあるのかも。

 

 

トランジットの場合は、出生の天体が絡んでいたら見ればいいので、関係ない人も沢山います。

 

私の場合は、満月・カイロン・水星が出生の水星冥王星オポジションにばっちり乗っかっているので何かあるんじゃないかなー。

 

 

それから、みずがめ座火星はさそり座金星、おうし座天王星とTスクエア。

そういえば、男女関係も決着がつく的なことが書かれていた記事もあった気がするんですが、天王星金星火星の不動宮のTスクエアからだったんですかねー。

 

個人的には辛口オネエさんのこんな記述が気になっていて、

 

前半に蠍座入りした金星き不動星座のアスペクト多数……照らし出される世の中と心の「暗部」

前半の9日に蠍座入りした金星が水瓶座の火星・牡牛座の天王星と15日頃まではタイトに、以降は星座単位でTスクエア。19日に火星天王星のスクエアがあって、この前後数日は災害注意。

蠍座には冥王星と長期的なセクスタイルの協力関係で力を増してる木星もいて、度数は離れてるけど蠍座金星は本領発揮。

欲しがってはいけないものを欲しがる、手に入らなければ執着する、手に入れば今度は思い通りにならないことに苦悩する、手に入れてもまた別離が起きる、みたいなこの世の怨憎会苦をみんなで体験しましょ、な時期。ってイミフよね(汗)

 

不動宮のTスクエアはすでに形成済みで現在崩れかけで影響を残している感じですよね。

 

実は私、9月に入ってから、なんか感情がドロドロするのですー。

 

この間ASTRO DIENSTでチャートを出して気づいたんですが、私の出生チャートには、不動宮にメジャーな天体が一つも載っていないんです。

ASC-DSC軸、MC-IC軸が不動宮なので、全然効いていないわけじゃないんですけど、動くものに不動宮がないってなー。

早く気づけよって感じなんですけど。

 

そういうわけで、普段はバキバキ動くか(活動宮)ぬらりくらりとかわし続けるか(柔軟宮)なので、あんまりドロドロしないんです。

 

それが、どういうわけか、ここのところ、熾火(おきび)のようにある感情がくすぶり続けて、何かの拍子で意識に表れてくる感じ。

ほんと、これ何だよお前誰だよ意味不明の世界で、心当たりは一切ないので何この妄想!な感じ。

 

なんですが、これって星の影響なのか・・・・?

 

ま、金星は足が速いので、9月末にはかなり緩い形にはなっていますし、天王星は逆行、土星は順行なので、ここらへんの度数も開きつつありますし、まあ影響はだんだん薄れつつあるのかな。

 

個人的には、カイロンが絡んだ満月Tスクエアと不動宮のTスクエアがダブルで来るのがちょっと。

トラウマの再活性で感情に歯止めがきかなくなるとか、そういうニオイがするので。

しかも、満月の調停が不動宮Tスクエアの一翼でるみずがめ座火星だし。絡んじゃってますよね。

 

 ただ、情念ドロドロを乗り越えられたら、ホントに何か一段落しそうな気はしますね。

火星が満月withカイロンの調停だけに。

 

危険を冒して宝物と取りに行くイメージ。