Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

ちょっと涼しくなってピッタからカパへ?なもろもろ

いやーもう今年は梅雨明けが早かった分、夏が早くて暑くて大変でしたねー。

7月下旬の都心で40度を記録した日は多摩地区・横浜方面もめっちゃ暑くて多分そのときは熱中症っぽくなっていたと思います。

日差しもきつかったですが、熱風みたいなのにやられた感じでした。

 

これって関東に移住してきてからあまり経験したことのない熱風でしたが、大阪平野京都盆地では毎年こんな感じだったのでは?という気もするんですが、もしかして毎年熱中症になっていたとか?

 

そんな感じで夏が早かった今年でしたが、お盆前からなんか風が涼しい?みたいな日があって、お盆が明けてお昼から午後3時くらいまでを除けばかなり過ごしやすくなりましたね。

 

で、気候が変わったら体質変わったのかもしれない問題が出てきまして。

夏の暑い盛りはピッタ対策みたいな感じでいろいろやってました。

身体に熱がこもると体力を消耗するし下手をすると熱中症になるしっていうのが分かってきたのもありますし、顔の赤みやかゆみが増すっていうのも分かってきたので。

 

なので、できる限り直射日光に当たらないとか(今年初めて日傘を連続使用した)、血熱を取るみたいなの?ローズウォーターとか忍冬酒とかを取ったりとか、炎症って菌・ウィルスが関係してるよねってことでティートリー使ったりとか。

 

そんな感じだったのが、少し涼しさを感じるようになって、身体暑くないよねとか身体痛くないよね、みたいな感じです。

 

 

その代わり、なんかむくんでますよね、みたいな感じになってます。

身体の熱、炎症=ピッタ、むくみ=カパみたいなイメージなので、ピッタはだいぶ鎮まったけどカパはまだ結構あるねって感じ?

 

梅雨とか湿気が多いのでカパ対策をした方がいいみたいなことを書いているサイトをちょこちょこ見かけるんですが、夏も湿気が多いのでカパ対策必要なのかもと思ったりします。

 

夏の場合は難しくて、暑いと水分が逃げて秋冬のヴァータがアップする時期に乾燥を助長するっていうサイトも見たことがあるし、水分を保持しつつ水分を排出する必要があるのかなと。

 

どっちやねん、って感じですが、中国医学とかの考え方を借りると津液は潤沢に、水湿は排出するって感じなんですかね。

 

ま、そんなことで、めっちゃ暑い時期はピッタ対策メインのときどきカパみたいだったのが、涼しくなってピッタ対策とカパ対策の比率が変わっていきそうだなって感じ。

 

私の場合、手足とかお腹のむくみってあんまり感じたことがなかったです。

ガリガリ時代はお腹がチャポチャポ言ってたんで、水分の巡りは悪いはずなんですが。

 

なのに突然むくみを感じたというのが、きっかけは多分ひまし油なのかなと。

エドガー・ケイシーのひまし油湿布ほどすごいことはやっていないんですが、お腹の周りに薄くひまし油を塗って晒を巻いて湯たんぽをお腹に当てて寝たんですよね。

 

 

そしたら、次の朝、これってむくみかあ・・・って感じにパンパンになってました。

半日くらいで元に戻ったんですけど。

 

むくみってすごいですねー。

服のシワの跡がくっきりついていたりとか、指で押すと戻りが悪いとか。

 

ホントかどうか分かりませんが、私自身の感覚では、身体の中溜まっていた水がオイルと熱で体表に出てきたとか、そんな感じ。

食べているもの飲んでいるものは変わっていないのに、おトイレの量が明らかに増えていて、おトイレ後はむくみが取れてシュッとするんだけど、また水が上がってきてむくむっていうのを繰り返している気がします。

 

あと、身体中がうっすら痒いです。

漢方だと水毒とアレルギーが一緒に出てくることが多いですが、なんかそれ分かるわって感じです。

顔にアレルギーが出るときも、顔がちょっとパンパンになる感じがあるんですが、むくんでるんだなーというのも分かりました。

 

以前ひまし油入りのオイルをめっちゃ使っていたので多分大丈夫だとは思いますが、ひまし油アレルギーの可能性もなくはないですが。

ちょっと気をつけておきたいと思います。

 

で、こういう感じなので、すごく辛いかというと全然そういうことはなくて、身体全体がぼわーんとしていてどちらかというと幸せな感じです。

 

 

エドガー・ケイシーのひまし油湿布は、3日間湿布を続けて4日間はマッサージするらしいですが、全身マッサージした方がいらんもんは出て行きやすいですね。

 

エドガー・ケイシー療法のマッサージオイルもあるみたいですが、とりあえず手持ちのカパによさそうなオイルを使ってみようかなと思います。

 

f:id:cocco32:20180713225936j:plain

 

以前記事にしましたが、右側の

Dr. Singha's, マスタードラブ、4 fl oz (118.4 ml)

 

ひまわり油とスイートアーモンド油がベースでマスタード種子、エッセンシャルオイルが使われていて、軽いしマスタード種子なので、カパ、むくみにはいいのかなと。

秋口とかになってから使おうと思っていましたが、好奇心に負けて使ってしまったときは、強めに圧をかけて全身マッサージしたら、余分な水分が抜けました。

 

マスタードラブは温める系だと思うので、真夏はダメだと思いますが、ちょっと涼しくなったら使えるかもです。

 

マスタードオイル単体で使ってみたいんだけど、食用以外は見ないんだな。