Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

自作リードディフューザーが地味すぎる件

ここ何か月かユーカリとかティーツリーとかカンファーとか、ザ・健康増進みたいな精油ばかり使っていた反動か、花っぽいいい匂いをかぎたくなりました。

 

なので、リードディフューザーを自作してみました。

 

 

 

材料は、

 

  

 

です。

 

最初に水でうすめて使えるティーツリーオイルと他の精油をよく混ぜ合わせておいて、アルコール除菌スプレーの中身を徐々に入れながら、電動クリーマー@ダイソーでよくかき混ぜました。

電動クリーマーを使うのであれば、容器は大きめがいいと思いました。

周りに結構飛び散ります。

 

で、出来上がったのがこれ。

 

f:id:cocco32:20180819134000j:plain

 

液体は100ccは入っていません。

 

ラタンスティックは5本差してます。

それ以上は入らなかったです。

 

ほんのり香るくらいです。

 

 

細長い容器のほうがラタンスティックが液体に浸る長さが長いので、いいのかも?と思って細長い容器にしてみたんですが、

 

 

  • 口が細すぎたのでスティックが少ない=香りが少ない
  • スティックが扇状に広がるともうちょっと華やかになると思うんだけど、細長いので広がらなくて地味。リボンをつけてみたけどやっぱり地味

 

って感じでした。

 

香りはフローラル+レモンのさわやかな感じで結構いいと思うんですけど。

 

 

改善点としては、

 

  • ボトルを変える。底面が広いやつ、三角フラスコとか四角いボトルとか。底が広くて口が狭いとラタンスティックが扇状に広がる。
  • ラタンスティックの色を変える。
  • ボトルの口がもうちょっと広いやつにすると、ラタンスティックの本数が入るので、香りが広がりやすくなると思うな。
  • 精油の濃度を濃いめにするともうちょっと香りが広がる気が。乳化剤を買おうかな。
  • ハーバリウムディフューザーみたいなの(こういうやつ)は絶対やらない。その手のクラフト魂は私にはない。

 

みたいな感じでしょうか。

 

 

香りも一緒に売っているリードディフューザーはおそらく合成香料使いまくりなので、多分買いませんが、商品化されているっていうのは、こういう試行錯誤を乗り越えてのことなんですよねー。すごいですよねー。

 

 

こういう試行錯誤をやっている内に、普通のディフューザーを買えたりするんじゃないかと思うんですが。

 

 

これ、レビューがたくさんついてるんですけど、すごく気になる。

 これは、精油の瓶をそのまま挿すか、ついている瓶に移し替えて使える(ただし、無水エタノールでのマメな洗浄は必要)らしいです。

 

音が60dbってことなので、それがちょっとどうなのかなー。

60dbは普通の会話くらいだということですが、掃除機よりうるさい可能性もあるしー。

 

(参考)掃除機の運転音 【初心者の掃除機選び.com】

 

 

今使ってるノートパソコンの冷却台が26dbらしいんですが、静かと言えば静かだし、消すと「静かになったー」って感じではあります。