Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

30年の見直しの続き

前々回、前回の続きです。

 

 

coccolifestyle.hatenadiary.jp  

coccolifestyle.hatenadiary.jp

 

 

30年サイクルの岐路に立っている気がしてしょうがないんですが、高校時代からの30年間は、土台のようなものがズレているんじゃないかという感じがしました。

そのズレを今というかこの10年くらいで修正した感じで、修正が終わったのでまた違う土台でスタートするようなタイミングのときなのではないかと。

 

じゃあ土台がズレていた30年間が無駄なのかというとそういうわけではなくて、やることをやってまあまあ良かったんじゃなかったかなと。

ただし、普通の人とはちょっと違っていたかもしれませんが。

 

履歴書というか職務経歴書がえらい分かりづらいんですよ。

当然ですが普通の企業経験者の業種とは違うし、だからといって、普通の大学人とも違う経歴なので。

 

結局何やってきたの?

っていうのが一言では説明しにくい。

 

でもそれはそれでやることやってきたんでまあええかなと。

 

 

 

現時点で一番の焦点は「愛情」だったりするんですが、

 

どう思い返しても親から十分は愛情を貰ったと思うことができないんですが、

 

 

その分、周りの人から過分なまでの愛情を注いでもらったのかもしれないなと思います。

特に大学を卒業してから今までの間ですよね。

あちこちで結構濃い人間関係を展開していて、そういう関係の中でずいぶん可愛がって貰ったなと。

 

私の場合、ひとりでも全然いけるんですが、実は人の懐にもぐりこむのが上手ところもあって、そういう性質があるからか、他人の懐でずいぶんぬくぬくさせてもらったんだなーといまさらながら思います。

 

と思うと、周りの人すべてがありがたいと思います。

 

 

人生で本当につらかった時期はわずかしかない。

現時点での感覚ですが、客観的に見たらそんなわけはなくて、かなりきっつい経験をしてきたはずなんです。

だけど、過去のことは忘れるんだなー、忘れていいんだと思うし。

つらかったと感じる直近の数年に関しても、ちょっとしたら忘れるんじゃないかなーと思ったりします。

 

 

ということで、30年の見直しでした。