Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

アイハーブが健康オタクの魔窟に思えてきた一件

ブラウザの広告でアイハーブのこんな商品が載っていました。

 

Badger Company, ディープ・ディッシュ・マッサージオイル、ショウガ、アルニカ&唐辛子入り、 4 液量オンス (118 ml)

 

f:id:cocco32:20180701111409j:plain

画像はアイハーブの商品ページからお借りしました。

 

何がってもう、目がボトルに反応してるし。

 

マッサージオイルは家に山ほどあるのに、使ったことがないものが出てきたらすごく欲しくなるっていう。

どう考えても踊らされているんですけど、オイル沼の住人としてはネタにしないわけにはいかないかなと。

 

まあ、この1本を見るのだけ終わっておけばいいのですが、ついついメーカーサイトを見て、

 

Badger Company, アンティオキシダントボディーオイル、 ダマスカスローズ、 4液量オンス (118 ml)

 

これもいいかも。。。

とか思っちゃうんだな。

 

 

さらに、ボディ&オイルマッサージブレンドのカテゴリとか見ちゃったりして。

 

なにこれ。すっごく使ってみたいんだけど。

 

Dr. Singha's, マスタードラブ、4 fl oz (118.4 ml)

 

f:id:cocco32:20180701112220j:plain

こちらの画像もアイハーブの商品ページからお借りしました。

 

マスタードオイルベースかと思ったら、

 

ヒマワリとマスタード種子、甘いアーモンド油、ラベンダー、ローズマリー、マジョラム、タイム、サンダルウッド、生ソースビタミンEのマスタードシードの純粋な等級の精油の認証有機油

 

という感じみたいです。

  

ただ、マスタードシード精油って毒性が強いって書いてあるページもあるんですけど大丈夫なんだろうか。

ちょっと気になります。

 

aroma-guide.net

マスタードオイル - Wikipedia

 

エッセンシャルオイル(精油)の皮膚刺激性について

 

エッセンシャルオイルの皮膚刺激性について全体像を見るには3番目のリンクがいい気がします。

 

 

おっと、タイムの精油も入ってるね。

『スピリットとアロマテラピー』(ガブリエル・モージェイ著)

によると、タイムの精油は熱性と乾性が非常に強いそうで、「安全性に関しては2歳以下の子どもには用いない。過敏性肌、または皮膚に病気や損傷のある人には使用しない。希釈濃度は1%以下にする」と書いてあります。

 

サンダルウッドが入っているので夏でもいけるかなと思ったんだけど、タイムで熱く乾燥しそうだね。

どうなんだろう。

ただ、日本の夏は暑いとともに湿気もそこそこあるので、暑さからの乾燥対策と湿気対策の両方をした方がいい気がするんですが、サンダルウッドとタイムでそういう感じになるんでしょうか。

ラベンダーはヴァータにもピッタにもいいらしいという記事も見たりするのであまり考えなくてもいいんでしょうか。

いろいろ気になる。

 

だったら買えよっていうことになって、またオイルが増えるんですよ!

(言い訳)

 

 

 

こんな記事を書いてはる人もいらっしゃいました。

分かりやすいです。

chloebeaute.hatenablog.com

レビューとかブログとか見ている限りでは、気にすることはないのかなー。

 (ただしレビューの日付は冬か暑くない時期ですね)

 

アイハーブは健康オタクのアミューズメントパークだわって思っていたんですが、魔窟かもしれないって思い始めました。

楽しすぎて抜けられなくなる感じ。

みなさんレビューを詳しく書いてくださっているので、使い方のイメージも持ちやすいですし。