Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

「生まれ直し」の感覚

f:id:cocco32:20180531081513j:plain

 

オーラソーマです。

 

左から

イクイブリアム B018

ポマンダー バイオレット

イクイブリアム セントジャーメイン

 

紫が基調の3本です。

 

B018は私のイヤーボトルです。

年明けから気になりつつすっかり忘れていたんですが、ここへ持ってきて使ってみることにしました。

 

B018はターニングタイドという名前で、マイク・ブース氏の本によれば潮の変わり目だそうです。

また、購入したショップであるアートビーングのサイトの説明を見ると、自己欺瞞の克服みたいなことが書いてあります。

 

自己欺瞞とは、自分で自分をだますという感じですが、自分では意識していなくても、意識と無意識が乖離しているとか、自己意識と他者評価が乖離しているとか、そういうところから自己欺瞞は生まれてくる気がします。

 

ここ10年ばかり意識も実際もあまりにも変転しすぎて、現実の変化に意識がついていっていないところ、意識が進みすぎて現実と乖離してしまっているところ、奇妙なブレンドになっていた気がします。

そこらへんを解消してくれている気がします。

 

 

黄色 → 太陽神経叢 → 自己意識

紫 → 無意識

 

とするならば、2色をシェイクして塗るので比喩的にではありますが、納得する部分があります。

 

イクイブリアムとポマンダー、クイントエッセンスをセットで使った方がいいことが今年になって分かったので、セットで使っているんですが、

 

 

ふと、「助けたい」という願望がまだ残ってるなーと気づきました。

「助けたい」願望だけだといいですが、すごく心配になるし、私の場合は組織のシステムを変革したいという欲求につながっていきます。

 

冷静にみると(というのは紫の鎮静作用)助けたいも変革したいもおせっかいで、私がやる必要はないわけなんですが、

 

 

なぜそういう風な方向へ行ってしまうかというと、多分、

 

複雑性PTSDの救世主願望みたいなやつの変形なんじゃないかと。

 

複雑性PTSDみたいな状態は相当解消されているように感じますが、ときどき残骸みたいなのを見つけます。

 

「助けたい」願望は、あまりにも私にぴったりくっついていたために、それが「ちょっとおかしい」願望であることも気づかなかったんですが、

 

夜のうちにこれ消えていくなーと思って一晩寝たら、なんかむき玉子みたいなつるんとした心境になっていました。

 

 

クイントエッセンスのセントジャーメインは、リバーシングの施術に役立つ的な説明がサイトに載っていて、リバーシングがどういうものなのか分かりませんが、確かに生まれ直したなーという感じです。

 

 

複雑性PTSDみたいなのは、太い鎖のような呪縛として機能する気がしていますが、いつまでもじゃらじゃらと鎖をつけている必要はなく、いつでも取り除くことができるのだなーというのも思います。