Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

肺と創造性

本を読んでいます。

 

 

新ネーミング・オブ・ザ・ボトル

新ネーミング・オブ・ザ・ボトル

 

 

マイクブース氏によるオーラソーマのイクイブリアムの解釈の本・・・・だと思います。

 

この中で、個人的にびっくりすることが書いてありました。

 

B45のボトル、ブレスオブラブの部分です。

ブレスオブラブは上がターコイズ、下がマゼンダです。

 

ターコイズは胸の右側にあるアナンダカンダの色で、ターコイズの領域には肺も含まれるとのこと。

ターコイズはまた、創造性の色でもあります。

(以上p.88を一部要約)

 

私の場合、ずーっと呼吸器系が弱いんですが、どちらかというと肺にかかるような下の方が弱いです。

ここ5年くらいずっと呼吸器系の改善に取り組んできて、かなり良くなってきてはいますが、あとひと山ふた山越えないとなーという感じだったりします。

 

で、上に挙げた部分を読んで、

 

肺の損傷は創造性の損傷である

 

ということばが浮かんできました。

 

 

個人的にはすごく納得しました。

自分にしか分からない感覚だとは思うんですけど。

 

 

呼吸器系にばかりアプローチしてきたけど、創造性の回復にアプローチするのもありってことだな。

 

 

 昨日の記事も創造性の回復の一環な気がする。

 

coccolifestyle.hatenadiary.jp