Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます

野口総合研究所のカタライザーミストスプレーを買ってみた

 20年くらい前の話なんですが、皮膚科でもらったアンダームという薬(現在は販売中止)でひどいアレルギーを起こして、スキンケアを何もできなくなったときがありました。

そういうときの話ですが、実家の近所の薬局に立ち寄ったときに、健康食品をしこたま宣伝されたことがあって、怪しげやなーと思っていたんですが、

肌がホントにどうしようもなくなって、使ってみました。

それが案外良くて、半年くらいでホントにどうしようもない状態からは離脱できました。

(今でも市販の化粧品は3回に2回の高確率で何かが起こりますんで、完全に離脱しているわけではありませんが)

 

そのときに飲んでいたのが、野口総合研究所のカタライザー21と他のメーカーの確かキノコ系と乳酸菌系のサプリメント、それから基礎化粧品はリスブランだったと思います。

 

 

飲み始めはめっちゃいろいろなものが出ますよ、と言われていましたが、寝ている間に顔が痒くなって、朝起きると顔中にぶつぶつができていました。

ただ、痛いとかそういうことはなくて、化膿して炎症が治まった後の白い膿が沢山出ているような状態でした(汚い話ですみません)。

ぶつぶつ自体は1週間くらいでカサカサになって治りましたが、今思い出してみると、すっごい楽にいろんなものが出たんだよなーというのは思います。

 (個人の体験なので、他の人にあてはまるかはわかりません)

 

で、今頃になってなぜ買ってみたかというと、ここ1週間くらい絶不調なんです。

鼻と喉から気管支がやばくて肌もやばい。

熱も出たりで身体もダルダルで、家にあるものを使うとちょっと良くはなるけれども、なんかイマイチしっくり来ない。

 

そういうときに、カタライザーのことを思い出したので、とりあえず使ってみるか。

と思って探してみたわけです。

 

カタライザーは飲用なので、普通に1リットルとか500ミリリットル(50ミリリットル×10)とかで売っているんですが、そこまでいらんかなーと思っていたら、カタライザーミストスプレーというのが出ていました。

 

メーカーのページ。

www.noguchi-soken.jp

 

 Amazon

カタライザーミストスプレー(ミスト化粧水)

カタライザーミストスプレー(ミスト化粧水)

 

 

 

成分は、「水、フムスエキス、グレープフルーツ種子抽出物、グリセリン」だそうで、フムスエキスなるものとカタライザー21とが同じものなのか違うものなのかはよく分かりません。

 

とりあえず使ってみました。

 

 

f:id:cocco32:20180403234812j:plain

 

左側のボトルがカタライザーミストスプレーで、右側の青いボトルは、水で薄めたものです。

スプレーなので、普通にそのまま使えますが、ちょっと濃いめ?と思って、10倍くらいに薄めています。

 

青いボトルの希釈液を、かなりマメに顔にスプレーしました。

そしたら、わりとすぐに、のどや顔の痛みがおさまりました。

あとは、顔の皮膚にハリが出てます。

と書くとすごく怪しげになるんですが。

  (しつこいですが、個人の体験なので、他の人にあてはまるかはわかりません)

 

 

 どれくらい使うか分からないのでミストスプレーにしてみましたが、今のところすごくマメにスプレーしているので、青いボトル(30ミリリットルでだいたい10倍希釈)がすぐになくなります。

これやったら飲用のカタライザー21を買って薄めた方がよかったかも・・・・と思ったりします。

 

 

カタライザー21ですが、

 

メーカーのページ。

www.noguchi-soken.jp

 

とりあえず、楽天のショップのURLを貼り付けておきます。

買っていないので、このショップがいいかどうかは分かりませんが、商品はだいたい揃っているのではないかと思います。

item.rakuten.co.jp

量と値段にはバリエーションがありますが、

ページをスクロールしていくと、下の方に、50ミリリットル1,080円もあります(プラス宅配便代金)。

 追記。

検索結果を貼り付けたつもりでしたが、1リットルの商品のみのリンクになっているようです。

ページの上の方に検索窓があるので、そこに「カタライザー」と入れたらいろんな量が出てきます。

すみませんです。

 

貼り付けたショップがいいですよ、というわけではないので、興味を持たれた方は、他のショップも探していただければですが、

偽サイトっぽいサイトも見かけたので注意が必要です。

URLがなんとなく変とか、会社概要を見て電話番号が書いていないとかは危ないです。

あとは、値段はほぼ割引されていない模様なので、「激安」とかはありえないのではないかと思います。