Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

カバーマークのファンデーションはイエベだった

年明けからジワジワ来てたんですけど、服のシワとか毛玉とかが以前よりも目に入ってくるようになったり、なんか見方が変化している気がします。

 

その一環でお化粧も習慣化できるだろうかと試しているんですが、ファンデーションの色は難しいですね。

顔色がまあまあ明るく見えて化粧崩れが目立ちにくくてアレルギーにならないやつ。

アレルギーは使ってみないと分からないので、まずは顔色と化粧崩れかなと。

 

 

ということで、カバーマークの顔色診断に行ってきました。

 

こんな感じです↓

www.covermark.co.jp

 

ブルーベース、イエローベースとありますが、肌の色への静脈の青の影響が大きいとブルーベース、小さいとイエローベースという判定になるようです。

 

 

私は赤みの強いイエベだったです。

選んでいただいたイエベの色で、首の色との違和感はなかったし、数時間放置していてもそんなにすごい汚く崩れる感じでもないので、多分合っているんだと思います。

 

 

でも、パーソナルカラーははっきりした色の似あう冬ではないかと思うので、冬といえばブルベ?

混乱しました。

 

 

パーソナルカラーのブルベ、イエベとは違うので別物というのをどこかのサイトで見たことがあって、うっすら覚えてはいましたが、なぜ違うかがよく分かっていませんでした。

 

家に帰って調べてみたら(「パーソナルカラー カバーマーク」とかで検索かけると沢山ヒットしてきます)、

 

こんな感じらしいです。

 

パーソナルカラーは冬ですが、カバーマークの診断はイエベ。混乱しています。(アットコスメのQ&A)

 

それと、どれか分からなくなってしまいましたが、「パーソナルカラーは映える色から判定し、カバーマークは肌(とその下の血管など)の色そのものを判定する」みたいなことが書いてある記事があって、これが一番納得できました。

 

 

ということで、パーソナルカラーがブルベでカバーマークの診断がイエベとか、その逆とかは全く問題なしみたいです。

 

 

ここからはちょっと拙速だったかもの話です。

 

カバーマークで診断していただいた肌色と、パーソナルカラーとを明確に分けられていなかったため、次のようなことが起こりました。

 

現在使っているのは、

 

  • アイメイク グレー系とクールなブラウン・ベージュ系のセット
  • チーク ローズ系
  • 口紅 青みピンク

 

です↓

Physician's Formula, Inc., マットコレクション、4色アイシャドウ、キャニオンクラシック、0.22オンス (6.3 g)

Physician's Formula, Inc., ハッピー ブースター, グロー & ムード ブースティング ブラシ, 7322 ローズ, 0.24 oz (7 g)

リップティント | OPERA(オペラ)|コスメティック [ 公式 ]

 

 

で、特に色が合わないとも思っていなかったんですけど、

 

ファンデーションの色味が変わっちゃったし、合わないかもなーと思って、イエベに合う色を一式そろえたんですよね。

 

リアルフィニッシュ アイシャドウ パレット N 【限定品】 - カバーマーク 公式オンラインショップ → ピンクブラウン

フェイスカラー|リアルフィニッシュ フェイスカラー(チーク) - カバーマーク 公式オンラインショップ → ピーチピンク

リップメイク|ブライトアップ ルージュ(口紅) - カバーマーク 公式オンラインショップ → ピンクベージュ

 

これはこれで肌なじみのいい色だったので、全然使えるんですけど、

 

家に帰ってきて、検索かけて

→ カバーマークとパーソナルカラーは別物というのが分かって

→ 手持ちの色をつけてみたら

→ 全然使えました

 

今まで使っていたのとカバーマークでそろえたのは色の系統が違うので印象は全然違うんですけど。

 

カバーマークのは柔らかい印象で、今まで使っていたのは印象強めというかシャープ&華やかな感じです。

 

なので、使い分ければいいんですけど。

 

 

現時点では、できるだけ余分な工程は排して朝のルーティンに組み込むことが最優先だからね。

色味の使い分けとかいらないからね。

 

ということで、カバーマークとパーソナルカラーの違いを把握しておけば、余分な買い物はしなくてよかったんだなーと。

 

 

ちなみに、色が合わなかったファンデーションというかBBクリームは、

 

Physician's Formula, Inc., スーパー BB、 #InstaReady、 ビューティーバームBBクリーム、 SPF 30、 ライト、 1.2 液量オンス (35 ml)

 

なんですが、

レビューで、カバーマークの診断でブルベよりのオークルの方が色味が合うと書いていらっしゃる方がいました。

それを見て買ったら、なんか首の色と違う、顔に赤みが出て見える、化粧崩れしていないのに崩れて見える、みたいになりました。

そりゃーそうだ。

私、赤みの強いイエベと判定されているので、真逆じゃないですか。

 

おもしろー。

と思ったんですけど、ちゃんと知っていたら間違うこともなかったなーというところでもありますね。

結果論ですけど。

 

 

ということで、カバーマークのジャスミーカラーとパーソナルカラーの診断は切り分けて、それぞれで使うべしですね。

 

それだったら、特にカバーマークにこだわる必要はなかったのかも?と思わなくもないんですが、

14色と色数は多いし、明暗、青み、赤みの3次元でまんべんなく色味があるみたいな感じなので、なじみやすい色が見つかりやすいというのはあるかもですね。

 

 

 あとはアレルギーが出ないことを祈ります。

お願い。