Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

ダイソーの材料で簡易保冷袋を作ってみた

暖かくなってきましたね。

軟膏が柔らかくなりました。そこかいって感じなんですが。

 

4月が迫ってきたので、今年度の整理と来年度の準備をしなければならないのですが、授業の準備の前に、お弁当の準備をしようかと。

 

4月からは出動日数が増えるので、おかずをあらかじめ詰めておいて冷凍しておこうかなと思っています。

そうなると、おかずは冷凍、ご飯は温かいってことになり、衛生上はちょっとイマイチなのではないかと。

 

だったら、おかずとご飯と別々に保冷袋に入れてしまえばいいのでは。

 

ということで、保冷袋を作ってみました。

 

 

材料はダイソーで買ってあった保温シートと強力スポンジ両面テープ20mmです。

保温シートはホットカーペットの下とかに敷く1畳サイズだったと思います。

 

 

f:id:cocco32:20180318133945j:plain

 

作り方は簡単です。

保温シートを適当に切って、端を両面テープで貼り付けるだけ。

 

 

f:id:cocco32:20180318134337j:plain

 

両面テープの幅が20mmでちょっと幅広かったのと、切った線がでこぼこしていたのとで、カッターナイフで切り落としました。

 

 

 

f:id:cocco32:20180318134458j:plain

 

ジップロックのスクリューロックの一番小さいに合わせて大きさを調整しました。

端の切り落とし後、22cmくらいかな。

一方を切り落として両面テープを貼り直し、もう一度カッターナイフで端を切り落とすだけ。

 

 

f:id:cocco32:20180318134707j:plain

 

濱文様のミニエコバッグ(元町でトリ柄を見つけて衝動買い。1年前には銀座の伊東屋で同じシリーズと思われるトリ柄のミニタオルを見つけて衝動買い)にちょうど入る大きさかなと思います。

保冷シートを薄めのものにして、マチを上手くつけて立体にできれば、横に並ばなくもないかな。ちょっと微妙なサイズです。

 

耐久性が問題ですが、両面テープの粘着力は問題なく、シートが破れたりというのはあるかもしれないです。

 

 

保冷クラフトバッグというのが気になる。

happyprice8535.com

すごいきっちりした保冷バッグでなくても、こういうのに入れて、エコトートとかで全然いい気がする。

 

 

お弁当は毎回3か月くらいで集中力が切れるんですが、今年は半期の終わりまで続けたいです。