Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

私のBMIが17から20に増えた経緯のまとめ

こんなん読みたい方いるのかなと思ったんですがこのブログは胃弱虚弱の方への情報提供を旨としておりますので、書いてみたいと思います。

 

前回の記事で、高校生くらいから40歳過ぎまでBMIの値が17くらいだったと書きました。

3年くらい前に18.5(適正体重の下限)になり、今は20弱です。

 

何をやっても体重が増えなかったので半ばあきらめていましたが、体重が6キロくらい増えて今とても幸せです。

 

で、何をやったのかをまとめてみると(偶然の出会いも多いんですが)、

 

3年前 胃の位置の調整をしてもらう + 十全大補酒がはまった

たまたま知人から「長尾ヒーリング」という方法で胃の位置の調整をしていただきました。

胃下垂になると食欲が減るし消化吸収も悪くなるというのはよく聞く話なんですが、下がった胃を元に戻してもらうと、姿勢もよくなるし食欲もアップする、というのがあるみたいです。

 

長尾ヒーリングでなくても、内臓の位置の調整をしてくれる整体はあるみたいです。

ここらへんの話は、前のFCブログ(現在非公開)で詳しく載せていましたので、内臓位置の調整をできる整体に通った方がいらっしゃって、食欲とかはかなり違ってきたみたいです。

 

ちなみに、一度胃を上げたからといって放置してるとすぐに下がります。

上げ続けることが大事です。

今はほとんど下がりませんが、なんかモヤモヤすると感じた時には胃が下がっていたりします。

 

胃の位置の調整をしていただいた後、これもたまたま教えていただいて、十全大補酒(十全大補湯の薬酒バージョン)を飲み始めました。

これもはまってよく寝られるようになり、食欲もアップしました。

 

その当時は体重計がなかったので(必要ないくらい体重が変わらなかった)、半年後の健康診断で知りましたがBMIが18.5に上がっていました。

 

1年ちょっと前 湿気とり → 甘酒

それからずっとBMI=18.5あたりをキープしていました。

 

胃腸の調子がアップし始めた頃から中国医学のブログを読み始めたのですが、

そのブログに、すごく平たく言うと「湿気が胃腸を悪くする」みたいな話が載っていました。

(正確には陰陽五行の「土」と脾胃の機能の話なんですが)

 

その話が気になっていて + 1年ちょっと前に「私の胃腸はもしかしたら熱を持っているのかもしれない」と思って、

 

身体の中心部には、胃腸の機能を高めて身体を冷やすペパーミントと身体をあたためるベンゾイン、周辺(肩や腕)には湿気を取り熱を高めるヒソップ(非常に低濃度を少量)の精油を配合した軟膏を塗ってみました。

ここらへんの話は完全にオリジナルで、ほんまかいなという気がするんですが、一応理論的には間違えていないだろうというのと、明らかにそこらへんからまた食欲がアップしたりしたので、多分これがきっかけなんだろうと思います。

(私個人の体験なので、他の人にあてはまるかどうかは分かりません。やってみようと思う方は、精油の使い方、たとえば、どの程度の濃度が適正かとか、そこらへんはきちんと調べてからやってください。ペパーミントは非常にポピュラーな精油ですが結構きついですし、ヒソップもかなりきつめの精油ですので濃度などは注意が必要です。ヒソップを身体の周辺に塗っていたのは、夜に軟膏を体幹に塗ると眠れなくなったりしたからです)

 

で、そのあとに甘酒を飲み始めるわけですが、甘酒の話から、はてなブログに移っています。

で、甘酒で多分実質的に体重が増えていると思います。

(量を結構飲みました)

 

甘酒のよい面は、消化が良く栄養価が高いことに尽きると思います。

 

1年前から現在 アーユルヴェーダ製品で体力アップ

はてなブログに移ってからわりとすぐに家も引っ越しました。

引っ越し先ではまったのがアーユルヴェーダの栄養補助食品やらオイルやら。

そこらへんの話は、しこたま書いています。

1年くらいは体重キープで体力アップの流れです。