Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

Lenovo ideapad520の参考になるレビューとファンクションキーの設定方法

2月に入りだいぶ落ち着きましたんで、まったり新しいPCの設定などやってます。

 

 

 

Lenovo ideapad520のレビューのリンクなど

 

今回買ったのはLenovo ideapad520です。

Lenovは同じ品番でもCPUとかハード、メモリは選べます。

私が選んだのは、Core i5-8250U、256GB SSD、メモリ8GBの組み合わせで、7万5千円くらいでした。

CPUももうちょっと落としたものとかHDD1テラとかメモリ4GBもありますが、いろいろ調べていると、Windows10はちょっといいやつを買ったほうが安定しそうだなと思ったので、いろいろ調べてみた結果、コスパが一番いいのがこれでした。

 

前の機種もLenovoだったので、これでいいかなと。

 

参考にしたサイトはこちらです。

thehikaku.net

 

狙っていたスペックと同じものが載っていたのですごく参考になりました。

 Core i5は第7世代と第8世が代でかなり変わっているみたいですが、レビューが書かれた当時では、BIOSのアップデートをしないと第8世代の機能をフル活用できなかったみたいです。

今はどうなんだろう?と思いつつ、まだ試してません。

 

ちなみに、ideapad520は浅めのキーみたいですが、個人的には力を入れずに打てるほうが好きなので、そんなに違和感は感じません。

 

Win7からWin10の飛んだのもありますし、Lenovo特有のいろいろがあって、いろんなものをインストールしながら試行錯誤している最中です。

 

私は2台目なので結構慣れていますが、Lenovoはいろいろクセがあるみたいです。

前の機種では最初に回復ドライブを作り損ねてひやひやしたので、今回は最初に回復ドライブを作りました。

USBメモリに作ってねということでしたが、16GBの新しいやつを買ったばかりだったので、ちょうど良かったです。

再インストールの方法はメーカーや機種によって違うのが面倒ですね。

 

ファンクションキーの設定方法

Lenovoのクセで面倒なのが、初期状態ではファンクションキーが使えないことです。

カタカナ変換のときにはFnキーを押しながらF7キーでもいいんですが、長年のクセでうっかりF7キーだけ押すと、Wifi機内モードになるのが面倒です。

 

で、ファンクションキーの設定について調べてみていましたが、ヒットしたサイトに書かれているアプリそのものが見当たらないなんてこともザラでした。

上にリンクしたレビュー記事のアプリもありませんでしたので、結局ウチのideapad520のアプリをいろいろいじってみて変えることができました。

 

ウチの場合は、

 

すべてのプログラム、もしくはアプリがずらっと並んでいる中から、

 

Lenovov Vantageをクリック

f:id:cocco32:20180212111635j:plain

 

→情報の収集うんたらはチェックボックスを外して、「次へ」をクリック
→「ハードウェア」設定をクリック
→「入力」をクリック

f:id:cocco32:20180212111700j:plain

 


ファンクションキーの「F1~F12」をクリック

f:id:cocco32:20180212111745j:plain

 

 でいけました。

 

【追記2018/03/24】BIOSのアップデートで元に戻るかも

BIOSをアップデートしてくれよと言ってくるのでしたら、元に戻ってしまいましたが、上記の方法で設定しなおせます。

 

 

(余談)カタカナ変換などのショートカット

ファンクションキーが使えない間の代替手段としては、

  • Ctrl + I  カタカナ変換
  • Ctrl + O 半角カタカナ変換
  • Ctrl + P 全角英数変換
  • Ctrl + T 半角英数変換

が使えます。