Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

寒さの合間にコストコへ。野菜、グラノーラ、スパイス

また寒波がひどくならないうちにコストコへ行ってきました。

行ってきた日(2月1日)の為替レートは1ドル109円でした。

 

はてなブログのトップページにアメリカ企業の財務諸表の分析が乗っていて、ほぼ意味が分かっていませんが、面白かったです。

コストコは載っていませんでしたが。

 

www.analyze-world.com

 

今年からコストコのクレジットカードが変わって、マスターカードになっています。

2月1日から普通のマスターカードもお会計に使えるようになりました。

 

今回買ったものたちです。

 

f:id:cocco32:20180201165314j:plain

f:id:cocco32:20180201165345j:plain

 

f:id:cocco32:20180201165329j:plain

 

写真1枚目

  • カットしめじ 500グラム 399×2=798円
  • 玉子20個 280円。ミックスです。
  • セロリスティック 1.13キロ 629円。「特別価格」なんですが、いつもの値段が分かりません。確か700円台だったと思うんですが。
 
写真2枚目
  • ベイリーフ 袋入り50グラム 399円
  • エルブドプロバンス 40グラム2個入り 798円
  • ガーリックシーズニング 510グラム 1038円
 
写真3枚目
  • フルグラ 1.2キロ 899円
  • クエーカーグラノーラ 978グラム2個セット 1280円
 
合計6061円、約7キロ(玉子20個を1キロとして計算)
 
 7キロ、楽勝でした。
カートに半分、肩掛けバッグに半分だったのもありますけど。
前回が10キロ超えだったので、それと比べると、みたいな。
着実に感覚がおかしくなっています。

 

今回はなんと肉を買いませんでした。

なんか今は豚肉そぼろでいい・・・・って感じです。

頭ではカナダ産の豚肉のかたまり肉とか欲しかったんですが。

→参考にしたのはコストコ通

 

かたまり肉を調理するつもりでスパイスとかハーブの購入計画を立てていたのですが、肉は買わずにスパイスだけ買ってきたという。。。。。

 

カレー粉とガーリックパウダーも買いたかったんですが置いていなかったので、代わりに不動の人気を誇るガーリックシーズニングを買いました。

 

帰ってきた後のオートミール粥はベイリーフで風味付けをしつつ、食べる前にガーリックシーズニングをひと振りしてみました。

ベイリーフはほとんど使ったことはないんですが、ほんのちょっとで違うものなんですね。

 

ガーリックシーズニングもひと振りでなんか違いました。

魔法の粉だよ。

ガーリック、チーズ、ハーブ+グルタミン酸って感じですね。細かい成分を除けば。

最近にんにくを使っていないので新鮮です。

にんにくのニオイはそこそこするので、お弁当などには注意が必要みたいです(→やはりコストコ通を参考にしました

 

エルブドプロバンスはまだ使っていませんが、ハーブミックスなんでそこは何でも。

ガーリックシーズニングの検索結果の下にエルブドプロバンスコストコ通も出ていたので覗いてみると、ジャーマンポークステーキを家で再現するのに、ガーリックシーズニングとエルブドプロバンスの合わせワザが良いらしいことが書いてありました。

→またまたコストコ通へ飛ぶ

 

といいつつジャーマンポークステーキは食べたことがないんですが、合わせワザで美味い肉が食べられるということですね(すっごい大雑把)。

 

追記。

牛カルビとセロリの炒め物をエルブドプロバンスとガーリックシーズニングで味付けしてみました(+ダシダ)。

確かにかなりパンチのきいた味になりますし、ハーブの香りで食欲がアップします。

個人的にはかなりアリと思います。

エルブドプロバンスとガーリックシーズニングの守備範囲はかなり広いとみました。

なんならちょっと物足りない味のインスタントラーメンとかカップめんに、コショウ代わりにひと振りとか。ガーリックシーズニングは塩味がついているので、スープの濃さを調整する必要はあるかもしれませんが。

 

 

 

グラノーラはクエーカーとフルグラと両方買いましたが、個人的にはクエーカーのグラノーラのほうが好きかもです。

「甘い」と書かれている記事も見たんですが、甘さはフルグラとあまり変わらないかも。

中味の目立つものたちは、全粒オーツ麦、全粒小麦、レーズン、アーモンドなので、フルグラとはまた違った内容ですけど、こちらの方ががっつり食べられる感じがします。

フルグラに入っているパフパフがないからではないかと。

 

グラノーラは液体を注げばすぐに食べられるのが魅力的。

あともう少しディナーロールが残っているので食べきってからの本格移行になりますが、もうなんか、パンを焼くのでさえめんどくさい、みたいな感じになりつつありますね。

 

冷凍ブロッコリーも売っていなくて(もしかして冬は売っていないとか?)、全般的に低調な感じ。。。。と思ったんですが、そうでもなかったかも。

結構面白くなりそう。

 

この間、オートミールを台にしてキッシュを作ってみましたが、もうちょっとジューシーなものを入れたほうがふんわりしてよいのかもという気がしました。

なので、しめじとセロリを入れるといいのではないかと。

それに加えてガーリックシーズニングとかエルブドプロバンスとか入れると趣が変わっていいのかもしれない。

 

あ、セロリはもちろん冷凍します。

そのうちファイナルカレーを作りたいんで。

その分も込みの1キロです。

 

 

そういえば、十数年も前に聞いた話を思い出しました。

アメリカに留学していた方の話で、あちらで知り合った方々が「私お料理得意なの」といいながら、混ぜるだけの料理を振舞ってくれるのだそうです。

日本だとあり得ないよねとその方は言っていましたが、料理というものの概念の違い、それから、何をもって得意とするか・人に得意であると言うか、そこらへんの基準が違うんだろうなーという話になりました。

 

十数年の間に日本でもお惣菜やコンビニ食が普及して、話をしていた当時とは事情がかなり変わっていると思いますが、何をもって料理とするのか、という基準はあまり変わっていないのかも?という気がします。

基準が変わっていないので、家事分担論争なんかも起こるのかなと思いました(料理のハードルがめっちゃ高い)。

もう混ぜるだけでええやん!って気がするんですけど。