Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

『恐竜のひみつ』が私の原点であることを再認識した件

 

昨日は月食でした。

ホロスコープはこんな感じみたいです。

 

akane-soulastrology.hateblo.jp

 

この記事の内容は、個人的な動向としては結構納得。

しかし、この月食、私の出生チャートだと思いっきり天頂におりますな。

昨年7,8月の日食、月食もこれまたMC,IC軸に沿って起こっているので、また何かあったんや、と思ったりします。

 

昨日ふと思い浮かんだのですが、

 

私の原点は『恐竜のひみつ』です。

旧版だと思います。

私が買ってもらったのは、昭和47年発行とかだった気がします。

 

この本は、地球の誕生から植物、動物の進化について分かりやすく書かれていました。

恐竜の話も好きでしたが、魚類が両生類になる過程の生き物とか、両生類の多様性とか、現在も生きる類の境界上に位置するカモノハシとか、そういうのが好きでした。

 

今回気づいたのは、私の興味の対象は4歳から変わっておらず、

 

多様性、変化、境界

 

だということでした。

 

生きる環境もこれらが満たされる場所であって欲しい。

 

多様性や変化というのは社会における栄枯盛衰によって現れる場所が違いますので、社会の変化に合わせて生きる場所を変えていく。必然的にいる場所は境界上である。

 

 

 そんな感じだなー。

(6室の天王星っぽい気もする)

 

 

日食月食って何かの入り口出口って感じなので、

そういう日に原点を思うのは面白いなーと思いました。