Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

本当にやりたいのはエンパワメント

2010年ごろから代替医療を学んで、つい最近まで個人セッションなんかもやっていました。

今はタロット占いのみ残して他は殆ど撤退しています。

そして、どういうわけか分からないんですけど、年末あたりに、

 

もしかしたらこの7、8年のことは夢だったのかもしれない・・・・と思いました。

 

夢な訳ないですよ。

実際に習ってたし、個人セッションもしていたし。

 

けど、やっていた動機が雲散霧消してしまった。

それによって夢だったのかもしれないと感じた。

 

そんな風な心境だったのかなと。

 

自分の経験を夢かもしれないと思うのなんて、そんなにある経験ではないですが、もしかしたら本当に夢だったのかもしれません。

 

 

www.verygood.la

 によると、

 

個人の運命では、調停じゃなくて普通にその人の太陽や火星に海王星が合やスクエア、オポジションになったとする。動きが遅い天体だから、ジャストのアスペクトを取る前後の期間含めてだいたい7年くらい強い影響が出ることが多いのね。それだと、

「ロマンティックなデートに、とろけるような愛の言葉を欠かさないステキな彼と結婚して子供も生まれて早7年。ところが彼、今年になって実は俺は某国のエージェントだ、と書き残して行方不明になりました。一緒に貯めてた貯金も残高0になってました。この7年はなんだったんでしょう」

とか。

海王星が関わってた期間に得たものが、去ると夢から覚めたように雲散霧消してしまうことがあるのね。ま、それも「いい夢見させてもらったわ!」って、楽しめればOKなんだけど。だって、人生何にもないより、大変なことでもなんかあったほうが楽しいじゃない?

 

 

だそうです。

 

海王星の動向を見てみると、

 

2008年11月頃に私の出生の太陽にトランジットの海王星がほぼドンピシャでセクスタイルになっています。

なぜこの時期かというと、この頃に大学業界から出てみようと決めたからですね。

その数ヶ月前に、定年まで大学にはいないだろうとうっすら思って、いろいろ考えていたんですけど。

 

さらに、その後の動きを見ると、

海王星がホームであるうお座に入ったのが2011年4月。

その1年くらい前から代替医療を学び始めて、思い返すとこれで個人セッション終了と思われる時期が2015年9月(それ以降もやってはいますが)。

そして、これらの活動を支えていた動機が雲散霧消したのが2017年12月。

 

この10年って夢やったんか・・・・・と思ってしまうような星回りです。

 

ただ、代替医療に関しては、カーディナルクライマックスの影響も大きいかもしれないと思います。

カーディナルクライマックスは冥王星がやぎ座に入った2008年からじわじわと始まり、本格化したのが2010年の夏、最終コンタクトが2015年3月とかそこらへん。

カーディナルクライマックスの期間と代替医療に関わっていた期間がほぼ重なっているという・・・・・

 

で、今は、やぎ座土星になって出生太陽が活動宮(おひつじ座、かに座、てんびん座、やぎ座)の人にとってはまた厳しい時期に入ったのか?と思いきや、それほどでもないかもしれない↓

 

www.verygood.la

www.verygood.la

 

まあ、ここ30年ばかり(!)が大波すぎて、比較問題といえばそうかもしれませんが。

 

 

で、ぶっちゃけ今の時点で牡羊座を筆頭に、ここ数年の天王星冥王星スクエア含むカーディナルクライマックス連チャンで、

もう、断捨離するものないでしょ

葉っぱ一枚あればいい(昔のウッチャンナンチャンのギャグソングのやつ)状態にまでなった人もいるでしょ?

 

 

あっ、そう、そんな感じ。

 

天秤座木星蠍座木星でやっと取り戻したもの、取り戻せそうにあるもの、新たに獲得したもの、獲得しつつあるものを、土星は奪い去ってはいかないわ。

 

という今回のやぎ座土星

 

そして、夢かもしれないこの10年であったとしても、実際に自分で汗を流したものはなくならないかもしれないと思います。

(それ以外のイメージとか、愛情とか、他人が持っているものから恩恵を受けていた場合にはなくなるかもしれません)

 

代替医療というのは、どこかしらトラウマベースのところがあって、何かしらのアプローチが取れるようになったこと自体は消えないような気がします。

ただ、トラウマにアプローチせねばならぬという気持ちは消えたかもしれません。

 

今やりたいのはエンパワメントで、トラウマにアクセスせずともダイレクトにアプローチできるようになったような気がします。

私個人的には、こっちの方が本筋。