Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

グアガムのジェルを作成中 & 私の髪質だとヘナジェルは染まらないかも

朝、フライパンでパンを焼くのと同時並行でグアガムのジェルを作ってました。

 

f:id:cocco32:20171209104205j:plain

 

ご飯を炊く鍋に水とグアガムの粉を入れて加熱。

片栗粉であんかけを作る要領です。

片栗粉のあんかけの場合は、汁がふつふつ言っている状態でかき混ぜ続けるとダマになりませんので、その感じでやってみてます。

グアガムは水に入れた時点でプルプルしてくるので、火にかけるタイミングが難しいんですが。

今回は、多分グアガムの粉が多かったのとスプーンでどばっと入れてしまったのが原因で結構ダマになってます。

多分、茶漉しかなんかでまんべんなく入れるのがいいんだと思います。

この状態でちょっと放置してます。

ダマがなくなるか諦めるかした時点でGSEを入れて冷蔵庫で保管します。

濃い目のジェルしているので、水で溶いて使います。

 

このジェル、わりと便利で、ハーブ粉シャンプーに入れると液が垂れにくくなるし、ヘナに入れるとボソボソしにくくなります。

 

 

この間へナジェルを作りました。

 

coccolifestyle.hatenadiary.jp

 

ヘナジェルというのは、ヘナの量少なめでお風呂のときに一緒に染めちゃえっていうやつです。

ヘナがとても少なめなので、増粘剤としてキサンタンガムやグアガムを入れると垂れなくていいのでグアガムを使い始めたのですが、

 

肝心の毛染め効果が・・・・・

ヘナジェルを何回かやってみて、白髪を抜いてみたら、ヘナでしっかり染めた部分は当然色が乗っていて、新しく伸びた部分は白いままでした。

毛染めを期待してやっているのにこれでは・・・・・

私の剛毛の白髪には薄いヘナ&インディゴは太刀打ちできないかもしれないです。

 

 

ということで、結局、マメに普通の染め方で染めたほうがいいかもしれないと思って染めてみました。

 

今回使ったのは、アイハーブで買ったRainbow Researchのやつ。

色はダークブラウンです。

jp.iherb.com

 

普通に粘りのあるくらいの粉の量で、グアガムのジェルを少し混ぜて使いました。

洗い流すときのお湯の色を見た限りでは、多分インディゴがかなり多め。

インディゴが多いとボソボソしやすいらしいですが、グアガムを入れたからか、割と扱いやすかったです。

 

普通の手順でやりましたんで、うまく染まりました。

ただし、インディゴって色落ちするんですよねー。

後から調べて分かったんですけど。

染めてから1日くらいは髪の毛を触ると手が青っぽくなるという。

3回くらいやると定着しやすくなるらしいので、マメに染めるかなー。

寒いですけど。

 

それから、1ヶ月くらい前にヘナのみで染めた部分は、インディゴの色がきれいに乗っていますが、新しく伸びた部分はインディゴの色がムラになっているような・・・・

ヘナとインディゴ入りを交互使うか、一番古典的なやり方で、ヘナをしっかり入れた後にインディゴのみで染めるか。

 

あくまで私の剛毛白髪の話なので、細めの白髪だと目立たないかもしれません。

私自身も黒と白がバキっとコントラストになるような状態でなければ特にいいので、すごく気にしているわけではありません。

 

実際にどのくらい染まっているかってことになると、いろいろ見るところはありそうだなーって感じの話です。