Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます

シダレパ軟膏を買ってみた

わたくし完全にオイルの沼にはまってしまった模様。

 

f:id:cocco32:20171115105042j:plain

 

何で見つけたのか今となってはさっぱり忘れてしまいましたが、スリランカアーユルヴェーダのバーム、シダレパ軟膏です。

 

呼吸器系に使ってみたいと思って取り寄せてみました。

 

ヤフオクで出していた方は太っ腹で、50グラムの瓶を落札したら、5グラムのやつとティーバック5袋をおまけにつけてくれました。

アジア系のコスメなどを出してくれている方は、太っ腹な方が多い気がします。

ヤフオクで「シダレパ軟膏」で検索してみてください。多分、楽天とかで見るよりかなり安く出してくれていると思います)

 

5グラムの内容を見てみると、

 

  • ユーカリオイル 1.17ミリリットル
  • シトロネラオイル 0.67ミリリットル
  • シナモンオイル 0.61ミリリットル
  • Pinene Oil 0.33ミリリットル (パイン精油かピネンを抽出したもの?)
  • メントール 0.33グラム
  • カンファー 0.23グラム
  • Bese p.s.

What does Base QS mean?

(Google訳)
Quantum satis(省略形qsまたはQS)は、必要な量を意味するラテン語です。それは、薬学および薬理学における量的仕様としての起源を有する

 

ミリリットルとグラムが混在してる・・・・
5グラム中精油っぽいものが何グラムくらい含まれているのか知りたいんですが、
精油1滴0.05ミリリットルの重さはざっくり25ミリリットルみたい。もちろん精油によるんですが。



 

 この換算で精油類の重さを計算すると、5グラム中1.95グラムとなります。

40%の濃度なので結構濃いですね。

 

いや、慢性上咽頭炎疑惑を感じてから、吸入器を買ったんですね。

(耳鼻科に行けっつー話なんですが)

で、吸入ついでにアロマの吸入もできないかなと。

(吸入器に精油を入れるとプラスチックが溶けたりどこか詰まったりする可能性があると思います)

精油を肌に直接つけるのはNGなので、直接つけていい何かがないかなと思って探したらシダレパ軟膏だったっていう。

 

匂いをかぐとかなりいいです。

シナモンはあまり使ったことがないですが、いい味出していると思います。

精油類の濃度が濃いので、鼻の下に少しつけてっていうのは1日に何回もできないなーって思ったりします。

(実際にはやってますが)

 

容器には、「The best  way to relieve aches and pains」と書いてあります。

訳すと「痛みを和らげるのに最適です」くらいですかね。

 

しかし、シダレパ軟膏を見つけてから、アーユルヴェーダというのは、インドだけではなくて、スリランカパキスタンでも盛んなんだというのを知りました。

そりゃそうか、今の国境は、今引かれているに過ぎないんだから。

ムルタニミッティの由来であるムルタニ湖は現パキスタンにあるようですし。

 

ということで、オイルの沼からは当分抜け出せそうにない今日この頃でした。