Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

クレイで打ち身の湿布をしてみた

干していた布団を取り込むときにタイパンツに足をひっかけて、ホットカーペットの上に膝から落下しました。

 

まっすぐ落ちたので、膝以外はなんともないのですが、ピンポイントで打ちつけたために、打ち身の具合が心配。

 

ということで、クレイで湿布をしてみました。

 

夏休みに昼寝していて、机で脛を強打するというアホな事件があったんですが、そのときもかなり適当にクレイを塗りつけてみたら、痛みも内出血も殆どなく2,3日で治りましたんで、なんかいけそうな気がする。

 

まずはインディアン・ヒーリング・クレイをアップルサイダービネガーを水で割ったもので溶かしました。

 

f:id:cocco32:20171112103045j:plain

 

アップルサイダービネガーって、要はリンゴ酢なんですけど。

アップルタイザー → シードル → アップルサイダービネガーという順に発酵が進んでいくそうです。

酵母が底に沈んでいるタイプです。

カルディで売っているはずなんですが見つけられなかったので、アイハーブでついで買い。

お酢でもクエン酸でもいいんですが、クレイを溶かすときに混ぜると溶けるのがはやいです。

 

んで、膝に適当に塗りつけて、ラップで巻いて放置でいけるかなーと思ったんですが、

クレイがゆるすぎて、迷い込んできた蝶を追い出したりなんかしている間に、ラップの下からクレイがはみでていました。

 

2回くらい替えてみて、痛かったところをグイグイ押してみても大丈夫だったので、少々緩くても湿布にはなっていた感じではありますが、服が汚れたりするのはちょっとイヤかも。

 

というわけで、みなさんがどういう感じでやっているのかを検索してみました。

 

aromaflower.seesaa.net

画像を見るとクレイはかなり固め。

クレイ大さじ3の水大さじ2だし。

ハッカ油を使うっていうのもありかー。傷がなかったらですかね。

 

 

kamisamanohoho.blogspot.jp

これもかなり固い。

モリモリに塗っても垂れないテクスチャですね。

 

 

ameblo.jp

MTBレースでのケガ。

真ん中くらいに広範囲の湿布の画像があります。

一人だったらここまで大きかったら医者へ行けって感じですかねー。

温めてよければクレイバスもありかもしれないけど、最初は冷やさないと駄目ですよね。

 

こちらでもクレイにペパーミントとウィンターグリーンを混ぜているようです。

 

 

自分の打ち身に戻りますが、寝るときに固めのを貼って寝ようと思ったら、殆ど痛みがなくなっていました。

 

固めに練ったクレイは、ちょっと緩めて容器で保存してたんですが、

 

 

朝になって痛みがちょっと出ていたので、もう一度やってみました。

 

f:id:cocco32:20171112112001j:plain

 

前日よりは固めですが、ゆるめる前の固さがよかったんでは・・・仕方ないですけど。

はみ出し対策のつもりでガーゼをあてて、その上からラップでフタしてテープで固定。

 

1、2時間で端のほうが乾いていたので外しました。

 

 だいたい大丈夫かなーと思って、ヘリクリサム塗って終わりにしようと思ったら、ヘリクリサムが切れていたので、何が使えるか検索してみたら、

 

カイラスジーバン

ギー

フランキンセンス

 

あたりはヒットしてくるね。

 

打ち身は即効対処がキモみたいなので、クレイをねりねりしている時間がもったいない。

 

なので、まずは患部を氷水などで冷やして、その間にクレイの準備をして、クレイの準備ができたら患部に盛りつけてできれば1時間くらい安静で放置。その後は打ち身のひどさによってどうするかを決める。

クレイの合間にカイラスジーバンやギー、フランキンセンス、ヘリクリサムなどを使う。

 

って感じでしょうか。

 

呼吸器対策でシダレパ軟膏なるものを試しに取り寄せ中なんですが、シナモン入ってるし、打ち身には無理なのかなーと思ったら、シナモンもヒットしますね。

試してみたいけど、できれば打ち身をやめにしたい。

 

 

(追記)

膝を打ちつけてから2日後の朝。打ちつけたピンポイントと思われる直径2センチくらいは赤くなっていて、押さえるとちょっと痛いです。

寝る前は、その周り直径7,8センチくらいがうっすらもしかして内出血?くらいの色の変わり方でしたが、それもきれいになくなっています。