Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

クレイパウダーには洗髪に向くものと向かないものがあるのか

今うちにあるクレイパウダーはアイハーブで買ったRainbow Researchのグリーンクレイと、インディアン・ヒーリング・クレイStarwest Botanicalsのフラーズアースマハラジャロードのムルタニミッティです。

 

一番使うのが洗髪で、大抵はハーブ粉シャンプーに混ぜているのであまり気にならないのですが、単体で使ったときに、使用感が気になることがあります。

 

この間、インディアン・ヒーリング・クレイだけで洗髪したんですが、なんと!髪の毛がガビガビになりました。

脂を取られ過ぎたという感じではなくて、何かコーティングされているような感触で、手の通りがものすごく悪いです。

 

これはもしかして、単体では洗髪には使えないレベル?

そして、ハーブ粉に混ぜるのもなんとなくためらわれるなーという感じ(まだやってませんでしたので)。

 

ムルタニミッティ単体で髪の毛を洗ったときは、そんなことはなかったのですが。

むしろ、わりといい感じの仕上がりだった気が。

 

そして、ガビガビになった髪の毛をハーブ粉シャンプー+フラーズアースで洗うとサラフワに。

 

これは一度フラーズアース単体で洗ってみるかなー。

 

 

そういえば、フラーズアースの名前の由来は、昔の毛織物商(フラーズ)が原毛を洗うために使っていたことという話が検索でヒットしてきたりします。

 

原毛かー。

ウールと髪の毛って構成成分とか構造が似ていたのではなかったかと。

 

(参考)ウールの秘密|毛織物紹介|津島毛織工業組合

 

クレイにはいろんな種類がありますが、肌質によって、合う合わないがあったりするみたいなので、髪の毛にも合う合わないがあったりするのかもしれません。

 

ちなみに、ムルタニミッティとフラーズアースは似たようなものだったと思います。

 

ムルタニミッティとフラーズアースは髪の毛用で、グリーンクレイとインディアン・ヒーリング・クレイは身体用とかになって行きそうな。

インディアン・ヒーリング・クレイ、肌用としてはかなり評判よさそうです。

一度リンゴ酢でふやかしてみたいです。