Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

タロット占いで家計相談とかいけるやろか

ネットの家計相談をよく見ますが最近「生活防衛資金」ということばを覚えました。

何かあったときのために何ヶ月分かの生活費を貯めておきましょう、ということみたいです。

めっちゃ当たり前の考え方だと思うんですが、あんまり考えたことがなくて貯めてみようかと。

 

引っ越してしばらく経って、イレギュラー支出が落ち着いたので、1ヶ月ごとの支出をつけていました。

買い換えるものは買い換えて、溜め込むものは溜め込んだし、まとめ買い、個別買いの区別もついたので、半年くらい貯金する方向でいってみようかなと。

 

ネットの家計相談では、お金の専門家がアドバイスしているわけですが、保険にお金をかけすぎとか、食費にお金をかけすぎとか、常識的な支出範囲から逸脱している部分をどうやって圧縮するかが肝ですよね。

 

こういうのって、好き嫌いや満足不満足はどの程度反映されているんでしょうかね。

ダイエットでも節約でも我慢しすぎたらリバウンドがきますよね。

なので、使うところは使い、圧縮するところは圧縮するっていうメリハリができるといいんですよね。

 

それぞれの好みや習慣って、実は本人が勘違いしている面があって、タロット占いをしていると、たとえば、

 

自分はヒラが一番合うと思っていたら実は課長レベルの仕事のほうが合っているとか

理性で押すべきだと思っていたら愛情を前面に出したほうがよさそうだとか

姉御肌でみんなをまとめるよりも周囲に甘えたほうが得たい結果が得られそうだとか

 

そういうところが出てきたりして面白いです。

 

家計管理にしても、たとえば、

 

外で飲み食いするとお金がかかるから絶対にお茶持参と思っていたけど

実は週1くらいカフェに行っておいしいコーヒーを飲むほうが、なんとなく落ち着いて暮らせるので

結果的に高額の浪費がなくなってお金が浮いたとか

 

そういうことはありそうだなーと。

 

アレですよね、ファイナンシャルプランナーの方がやる家計相談は、1ヶ月の収支を出して、その中から無駄を省いていく感じですけど、

 

タロット占いだったら、

 

どういうことをしたら浪費が止まるか

 

とか、そういう聞き方ができますね。

 

 

そういうのに興味がある方は、

 

過去記事に料金など載せていますので、ご覧いただければ。

 

coccolifestyle.hatenadiary.jp