Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳になりつつあります

柔軟剤の香りの除去 その3 活性炭を使ってみた

活性炭が届いたので早速使ってみました。

 

 

用意したのはこちら

活性炭

item.rakuten.co.jp

こんな感じの袋入りです。

 

f:id:cocco32:20170831092921j:plain

 

 

粒のはこんな感じです。1ミリ前後ということですが、細かいものも結構あるらしき模様。

 

f:id:cocco32:20170831092950j:plain

 

不織布

 

今回は不織布に入れてみることにしました。

 

f:id:cocco32:20170831093052j:plain

 

こんな感じで使ってみた

棚や衣装ケースに

2重にしてゴムで止めて各所に配置しました。

配置した場所は、衣装ケースと柔軟剤の原液をしまっている棚です。

f:id:cocco32:20170831093219j:plain

私が買った水切り袋は、若干細かい粉が出てきますが、3重にすると、空気の出入りが悪いんじゃないかと思ってそのままにしています。

気になる方は、もうちょっと目の詰まった袋を使うといいかもしれません。

 

床にじか蒔き

それから、玄関にじかに蒔いてみました。

2時間程度放置して掃除機で吸い取りました。

f:id:cocco32:20170831094138j:plain

ここへ至るまでにかなりニオイは軽減していますので、どちらかというと、掃除機で吸い取っても大丈夫かどうかを試すためのものです。

粒の大きさを見ると、目詰まりしたり逆に吸い取れなかったりということはなさそうですが念のため。

 

ほかのニオイに

届いた日に肉を1キロほど下ごしらえしましたんで、シンクとゴミ箱、冷蔵庫が臭っていました。

シンクとゴミ箱はティースプーン1杯程度をじか蒔きし、冷蔵庫は不織布に入れたものをおきました。

それから、活性炭はアンモニア臭にもいけるそうなので、トイレの床にも置きました。

 

(注意)

活性炭は、「不快なにおいの代表格であるアンモニアは、ガスの状態であれば活性炭に吸着されやすいが、水溶液の状態(イオン)であれば非常に吸着されにくい。」とのことです(ウィキペディアより)。 

 なので、アンモニア臭がモワっと立ち込めているような状態ではアンモニアは活性炭に吸着されて結果としてニオイが軽減されますが、水に溶けた状態のもの(尿など)はクエン酸などのほうがいいようです(アンモニア水はアルカリ性なので、酸性の液体で中和)。

 

結果です

柔軟剤のにおいは?

自分の期待としては、1,2時間してニオイがちょっと和らいでくれたらいいなーって感じだったんですが、置いた瞬間、蒔いた途端、ニオイが軽減するのを感じました。

玄関にじか蒔きしたのも、案外ニオイが取れている気がしました。玄関自体はかなりニオイがなくなっているので、差が微妙なんですが。個人的には結構いいかもと思います。廊下や居室にも試してみようかなと思います。

 

不織布に入れたものは、ときどきモミモミするとよく消臭してくれる感じがします。

表面に近い粒と中のほうにある粒とを入れ替えているからではないかと思うんですが。

 

ただ、柔軟剤のニオイが残っているものがすごく多いと、活性炭の効果はすぐに薄れてしまう印象です。

下着に関しては、おそらく脱水の時間が短いなどにより柔軟剤がTシャツなどよりも沢山残っているからではないかと思うんですが、60グラム入れた活性炭が丸2日で効かなくなっている気がする・・・・・ので、新しいものに取り替えて様子を見ています。

最初に入れたものは、外干しして復活しないか試し中です(吸着させた物質を外に放出しているだけという気がしなくもないですが・・・・)。

 

衣装ケースだけでなく、棚にしまった柔軟剤のそばにおいた活性炭もすでに事切れている模様です。

こちらも外干しして様子見中。

 

他のものは?

冷蔵庫の肉のニオイは瞬殺でした。ほぼゼロです。

トイレも瞬殺でした。

そして、冷蔵庫もトイレも、衣装ケースに比べると少ない量しか入れていませんが、全然まだ使えています。

柔軟剤(+合成洗剤等)の香料とか溶剤とかってどれくらい残っているのか、ちょっと怖くなりました。

 

今後の課題

活性炭で柔軟剤のニオイの軽減は可能だが完全除去は難しそうだ

即効性を感じた活性炭ですが、柔軟剤のニオイがゼロになるかというとそういう訳ではないですね。

どこまでを許容するかです。

柔軟剤の香りをどこまで許容するか、イヤな感じをどこまで許容するかです。

 

限りなくゼロに近づけるのであれば、

  • 柔軟剤を使った衣類や寝具類をすべて買い換える
  • 残っている柔軟剤を処分する

のが手っ取り早いと思います。

発生源を完全に除去した上で、家の床や壁についたニオイを活性炭などで根気よく除去するっていう感じですかね。

 

ただ、衣類を全とっかえのコストってなー・・・・・安物買いの私でさえ、気が遠くなります。

しかも、安い服のほうが、柔軟剤のニオイが取れやすく感じるのは私の気のせいだろうか。

 

私の主観でいうと、

 

  • 安い服、生地の薄い服は柔軟剤のニオイが取れやすい
  • 高い服、分厚い服は柔軟剤のニオイが取れにくい
  • デリケート衣類は脱水時間が短いこともありニオイが取れにくい

 

という感じです。

ト○○プのブラとか、ホントに柔軟剤のニオイが取れないですねー。

なので、洗濯と活性炭の合わせ技で気長にいこうかと・・・・

 

 

 現時点での洗濯方法を書こうかと思ったんですが、異様に長くなったので、次の記事に回します。

 

通常の生活臭には活性炭は最強かも

肉とトイレのニオイが瞬殺だったことを考えると、生活臭の軽減には強い味方といえるのでは。

そして、体臭でもアンモニア臭がする場合は、衣装ケースに活性炭を放り込んでおくと、ニオイが軽減する可能性があるかもしれないですね。

 

外からの進入や電車、職場でも使えるか?

今のところ、私が発生させた柔軟剤のニオイなどが除去できればまあまあ生活できるかなと思っています。周りの家から柔軟剤のニオイが漂ってくるということもありませんし。

 

しかし、仕事が始まったら他の人からの影響を受ける可能性も大きいので、何かできるといいなーと考えていますが、手っ取り早いのは、活性炭入りのマスクをするとかでしょうか。

 

使っていないのであくまで例ですが、こういう感じので合うのがあるといいですよねー。

 

 

 

ただ、私自身は、マスク、イヤフォン、帽子など、耳に何かが触れるのがあまり得意ではないので、残念ながら使えません。

 

なので、買った活性炭を小分けにしてポケットに入れておくとか、机の上に置くとかで軽減されるのであればいいなーと。

 

以前、重曹をお茶パックに入れて、その上からペーパーナプキンで包んで靴の中に入れていたりしました。

ちょっとかわいらしく見える外見にしておけば、外に持って行っても大丈夫かも?

 

まだやっていないので、あくまで想像ですが。

 

外からの進入は、入りやすい方角の窓に貼り付けておくとか?

範囲が広いので、どこまで通用するかは分かりませんが。

シートタイプみたいなのがあるといいかもですね。

 

客観指標も欲しい

臭気計とかめっちゃ欲しいわー。数万円とか十数万円なんで、ちょっと手が出ないですけど。

 

 

 

他のサイトの活性炭

 

溶けやすい酸素系漂白剤探しの旅に出ているときに、もうちょっと大きめの粒の活性炭を売っているネットショップを見つけました。

 

以下使っていませんので、どういう製品かイマイチ分かりませんが、いろんなモノがあるってことで参考までに。

 

「ARESのアレスコールLは、粒の大きさが5~8mm程度の大粒のヤシ殻活性炭です。」だそうです。

item.rakuten.co.jp

「ARESのアレスコールМは、粒の大きさが2~5mm程度の小粒のヤシ殻活性炭です。」だそうです。

item.rakuten.co.jp

 シートタイプその1。

store.shopping.yahoo.co.jp

シートタイプその2。

store.shopping.yahoo.co.jp

 

トイレットペーパータイプ

dashu-tan.st-c.co.jp

トイレットペーパーに小さな炭を配合した紙みたいです。

炭の作り方などが載っていたので、メーカーサイトをリンクしました。

このページによると、使われている備長炭は高温で蒸して「白炭」と呼ばれる状態にした後、

 

さらに、

 

備長炭を高温の水蒸気で熱し、炭のミクロの穴をさらに増やす!

 

    ↓

超微粉末化で、悪臭を吸着する炭の表面積を極限まで広げる!

 

という工程を経て脱臭機能をアップさせているそうです。

 

あれ、「備長炭を高温の水蒸気で熱し、炭のミクロの穴をさらに増やす!」って、活性炭の「賦活」という工程と何か違うの・・・・?

 

ということで、普通の備長炭よりは脱臭力は強そうな雰囲気ですね。

 

脱臭力が使い物になるのであれば、商品の形態としては使いやすいのではないかという気がしますね。

 

たとえば、手持ちのマスクの中に入れてみるとか。

IDカードホルダーにつけてみるとか。

あ、トイレに流すなと書いてあったので、紙質はトイレットペーパーとは違うのではないかと思いますが、ちょっと分かりません。

 

においとり紙、便利そうですが、私だったら外出時専用にするかも。

柔軟剤がビシバシついている衣類を入れている衣装ケースなんかだと、粒タイプとかのほうがコスパがよいかもです。

最初に下着ケースに入れた60グラムの活性炭が、途中1回天日干ししても3日で使えなくなりました。

トイレと冷蔵庫に入れた20グラムはまだ生きてます。

というペースを考えると、結構使うんじゃないかなーって思うんですよね。

 

活性炭は2袋(2キロ)買いましたが、1袋目は4分の3くらい使っています。

まだ終わっていないので、2袋買ってよかったなーと思っています。