Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます

自宅オイルマッサージのすすめ

オイルが増えてすごいことになってます。

去年あたりから家で全身オイルマッサージを始めたんですが、始めた頃はとりあえずごま油1種類とかほほばオイル1種類とか、バリのオイルを取り寄せてせいぜい2,3種類とかで住んでたんですけど、

 

4月からこっち、アーユルヴェーダのオイルに出会ってからというもの、増え方がハンパないです。

今あるオイルは別にまとめるとして、なぜこんなに増えるかというと、そりゃオイルマッサージがいいからです。に尽きます。

 

別にリンパを流す的なすごいことをしなくてもいいです。

少量のオイルを手のひら全体を使ってすりこんでいくだけで全然違ったりします。

 

夏休みに入って肌の調子がイマイチだったんですけど、暑くなってからそういえばオイルマッサージをあんまりやってなかったなーって気づきました。

 

ウチにあるのがごま油ベースのが多いんですけど、ごま油は身体を温めるらしいです。

えー、ほんまかなーなんて思ってたんですけど、確かに使う気が半減します。

汗かき始めたからっていうのもあるんだと思うんですけど。

 

ココナッツオイルは身体を冷やすらしいです。

なので、夏はやっぱココナッツオイルをうまく使っていくのがいいんだろうか。。。。。オイル自体はいっぱいあるし、使いきれないと困るから打ち止めって思ってたんだけど、ココナッツオイルベースのオイルを買うなら暑いうちだよね、1本くらいいいよねって思っているうちに2,3本増えるっていう、あかんパターンになりそうやわ。

 

話が脱線しましたが、そういうことで、オイルマッサージの手軽な方法とか書いてみようかと。

 

オイルマッサージって何がハードル高いって、めんどくさそう、ベタベタしそうっていうところですよね。

確かにちょっとベタベタするところはありますが、ベタベタしない程度に使えばいいんじゃない?

アートビーングの体験談でも、ほんとに少量、2,3滴とかそのレベルを全身にすりこんでいますっていう方もいらっしゃったりします。

その程度でも全然違います。

 

私はどちらかというと脂性肌なので、身体のスキンケアはなくても全然いけてしまうんですが、それでもオイルを塗りこんでいるかいないかで全然違ってきたりします。

 

とにかく少量をすりこんでいく

少量というのが、ホントに2,3滴です。

オイルを2,3滴手にとって、両手の手のひら全体に広げます。

手のひらをぴったりつける感じで、肌にすりこんでいきます。

 

面積の広い部分、たとえば、太ももとかをやってみると分かりやすいかもしれません。

2,3滴くらいだと、すぐに手のオイルがなくなった、と感じると思います。

そこですぐにオイルを補充するのではなくて、手がちょっとかさつくくらいまでオイルがなくなるまですりこみます。

すでにつけているところも、つけすぎの部分があるかもしれないので、もう一度戻ってすりこんでいきます。

つけすぎの部分は、他の部分に回すような感じで塗り広げていく感じです。

 

あんまりごしごししないでください。

手のひらはぴったりつけて優しく動かす感じです。

 

まずはやりやすいパーツから。いきなり全身を目指さない

慣れないうちに全身をやろうとすると、逆に疲れてしまって長続きしません。

全身やりたい場合は、最初のうちはお金をちょっと奮発してサロンに行きましょう。

そのうち慣れて、全身でも楽にできるようになります。

 

かさついて気になるところがあれば、その部分から。

特になければ、足首から下をおすすめします。

 

足首から下は案外固くなっていたりします。

そこがほぐれるだけで、身体も結構楽になったりします。

私自身は、去年の初めに足首から下を集中してやっていました。

足のアーチが崩れていて、数年計画で治しましたが、その一貫で。

触れた部分がガチガチになっていると、つい、力を入れてほぐしたくなりますが、そこは敢えて力を抜いて、オイルをすり込んでいくことに専念します。

やっているうちに、どこが固くなっていてどう力を入れればいいか分かってきます。

 

足裏につけたときは滑りやすくなるので、歩き方に気をつけてください。

あまり急ぐとズルっといきやすくなります。

つけすぎたときは、ティッシュなどで押さえて拭きとるのがいいです。

 

ベタベタしたときは

オイルの量の加減がうまくいかずにベタベタするときはよくあります。

そういうときは、

 

何かで拭く。タオルなどで拭いてしまうと、そのタオルを洗うのが大変になるので、捨てれるものがいいと思います。

ティッシュなどでもいいです。

顔についた余分なファンデーションを取るみたいに、上から優しく押さえる感じで十分です。

 

あとは、ボディパウダーみたいなのをはたいてもOKです。

市販のベビーパウダーみたいなのでもいいですし、手作りコスメがいい方は、コーンスターチとかクレイパウダーとか。

ウチにある粉モノは、タナカの粉しかないので、ちょっと気になるときには、少量手にとってベタベタする部分に広げてます。

粉だらけのバフバフにしなくても、ちょっと粉を乗せるだけで十分です。

 

クレイの粉といえば、ムルタニミッティは粉のままで使えるんやろうか。

タナカの粉はお試し&フェイスパウダーのつもりで買ったので100グラムしかないんですよね。

フェイスパウダーだと何年いけるんやろかって量ですけど、身体に使い出したらあっという間なんで(けど、また1キロってのもなー、ちょっと躊躇)、定期的に購入できるものがいいんですけど。

ま、町田の生活の木カオリン買えばそれで十分なんですけど。

 

オイルマッサージやってみようと思ったときのおすすめ

ホホバオイルを少量買ってみる

オイルは、いきなり沢山買って、使わなかった場合が悲惨です。

あまり長くおくと、酸化して使えなくなったりします。

個人的には、ホホバオイルをちょっとだけ買ってみて、2,3滴すりこんでいくところからがいい気がします。

 

ホホバオイルをおすすめするのは、さらっとしていて使いやすく酸化しにくいからです。

 ちょっと高めですけどね。

 

www.muji.net

通り道に無印良品がある方はのぞいてみてください。

50ミリリットルで900円です。

結構小さいボトルに見えますけど、少量ずつ使うのであれば、結構もちます。

 

item.rakuten.co.jp

こちらはネットで手に入ります。

20ミリリットルで500円送料無料です。

マカダミ屋のホホバオイルは使ったことがありませんが、セサミオイルは結構良かったです。

20ミリリットルだと、えっ、ちっさ!って思うかもしれませんが、少量ずつ使うのであれば、これぐらいでも十分かなと思います。

 

ボディスクラブとの組み合わせ

肌の質をいきなりランクアップさせたい方はこちらは結構おすすめです。

ボディスクラブとの組み合わせ技です。

 

artbeing.com

artbeing.com

 

アートビーングでお勧めされていた組み合わせです。

お風呂でボディスクラブをした後に、少量のCBLを全身にすりこんでいきます。

肌がふっくらもちもちになります。

 

CBLオイルは100ミリリットルで2800円、ボディスクラブは100グラム1420円(いずれも送料別)です。

ホホバオイルのお試しと比べるとちょっと高くなりますが、週1くらいでやるとかなり違います。

 

CBLオイルについてはこういう記事が。

万能 CBLオイル(チャンダンバララクシャディタイラ) サトヴィックのページです

 

万能というだけあって、いろいろありますが、

痛みをとるだけであれば、ヴァータを下げる力の強いニルグンディタイラや、定番のナラヤナタイラの方が速効がありますが、CBLのよいところは、痛む場所を強めてくれるということです。組織に弱さがあるから痛みを強く感じるのであって、強くすることによって痛みを感じなくてすむようになります。

 

 だそうです。

CBLオイルを使い始めて数ヶ月ですが、これ、なんか分かります。

アーユルヴェーダオイルって単なる肌の保湿ではないんだよなーというのを認識した記事でした。