Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳になりつつあります

ブラーミとタナカの粉を買ってみた

ブラーミがすっごい気になっていたので買ってみた。

 

f:id:cocco32:20170717170045j:plain

 

真ん中の大きい袋がブラーミ(センテラ)です。

1キロなんで、ちょっと小さめの枕サイズです。

というか、同じ1キロでもモノによって全然体積が違います。

リファラ1キロだとこんなに大きくならないのではないかなー。

実と葉で違うんやねー。

 

左のボトルはタナカの粉。

右の2つはおまけでいただいたもの(太っ腹!)

 

今回お取り寄せしたのは、村上アニーシャさんのお店でオリエンスハーバルです。

 

orienceherbal.tictail.com

orienceherbal.tictail.com

アーユルヴェーダカテゴリに入れていますが、

ブラーミ(センテラ)はタイ産で、タナカ粉はミャンマー産です。

 

 

ブラーミ気になるわーという間に、なんか増えました。

f:id:cocco32:20170717170643j:plain

 

  • 大きい袋が今回のセンテラ1キロ
  • 小さい袋がバコパ100グラム
  • 左側がアートビーングで購入したヘッドマッサージオイル
  • 右側がアーユルプラネットで購入したブラーミオイル

 

ブラーミ(ブラフミー)は、バコパとセンテラがあって、違う種類の植物です。

個人的にはセンテラのほうが味が好みかなー。

少なくとも今回買ったものは、バコパよりもセンテラのほうが飲みやすいです。

 

バコパはハーブ粉シャンプーに混ぜて使おうかと。

ハーブ粉シャンプーに混ぜたら、髪の毛がふわっふわになりましたんで、さすがヘアケアハーブだけあるなーと。

そして、うっすら「いもけんぴ」のニオイがします。

ヘッドマッサージオイルが、アートビーングの体験談で「いもけんぴ」のニオイがすると話題になっていたんですが、アーユルプラネットのブラーミオイルも「いもけんぴ」のニオイがします。

もしかしてブラーミのニオイ・・・・?と思ったりしましたが、バコパのニオイかもです。

センテラからは「いもけんぴ」のニオイはしません。

 

センテラはもうちょっと植物っぽいというか、青っぽい香りがします。

村上アニーシャさんが、緑茶に混ぜて飲んでいると書いていらしたと思いますが、センテラはなんか分かります。

バコパは緑茶には合わんと思う。

 

しかし、なぜ同じブラーミという名が?

比べると別モノ・・・・・な気がしますが。

(インドの北と南でブラーミと呼ばれる植物が違うという話だったと思いますが)

センテラは、飲んだら身体がほんわか温かくなりました。

 

オイルのほうですが、

右側のブラーミオイルは個人的にはかなりいいです。

中身は、ごま油とブラーミと甘草などのようです。

このオイルとトリファラギーを混ぜてロールオンボトルに入れてますが、つい手が出てしまいます。

一応ヘッドマッサージ用ということですが、身体と顔に使ってます。

 

タナカ(っていうのは原料の木の名前)の粉は、初めて見ましたが、美白っていうのにつられてなんか買ってしまった。

 

こんな感じみたいです。

 

ミャンマーの伝統美肌ハーブ・タナカで、 毛穴・黒ずみ知らずの透明肌をつくる。sizensozai.wordpress.com

とりあえず開けてみたら、すっごく粉が細かかったので、オイルを塗ってだいたい吸収されたあとの顔に、フェイスブラシで乗せてみました。

普通にフェイスパウダーで使えそうですね。

インドハーブを使い始めたら、一時期定着しかけたお化粧へのやる気が一切失せてしまったのですが、これくらいならできるだろうか。

 

あとは、お風呂で顔とか首のパックに使ってみたいと思います。

 

村上アニーシャさんのブログは、何かと手作りコスメ魂がくすぐられるというか。

 

ロバン(フランキンセンス)の樹脂で作ったクリームがものすごくいいらしい。

肌若返りの特効薬? ロバン(乳香・フランキンセンス)の魅力。sizensozai.wordpress.com

フランキンセンスの樹脂かー。

お香みたいにしか使ったことないなーと思って調べてみたんですけど。

 

フランキンセンスにはボスウェル酸という成分があるらしいんですが、ボスウェル酸はトリテルペンらしく、そうなると、精油フランキンセンスには含まれていないのでは?と私の殆どない精油の化学の知識から推測したりします。

 

ということで興味津々。

 

しかも、樹脂だから、普通にオイルとミツロウで作っているのを、ミツロウの代わりに入れたら軟膏ができるのでは、と思ったりして。

(村上アニーシャさんのクリームの作り方も基本そういう感じではないかと)

 

ということで注文してみた。

漢方の乳香(フランキンセンス)と安息香(ベンゾイン)。

 

www.kanpoyaku-nakaya.com

www.kanpoyaku-nakaya.com

 

ベンゾイン好きすぎて、ベンゾインの樹脂まで注文してしまった。

どちらも500グラム単位なので量に注意です。

お香用でもよかったんですが、肌に直接つけるものなので、漢方のほうが確実かなと。

外用、内用を想定しているはずなので。

 

しかし、どちらもに「丸薬、散剤」って書いているんだけど、これって内用も可ってことですよね。

量も書いていますが、単体で摂取しても大丈夫なんやろか。

 

ちなみに、ベンゾインの甘い香りは、ギー(肌につける場合)とかシャタドゥルタグルタのミルクっぽいニオイと合います。

甘いすごくおいしそうなニオイになります。

この場合は精油(というのはおそらく正確ではないんだろうけど。液体化しているもの)がいいと思います。