Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳になりつつあります

柔軟剤使い始めた

はてなブログのトップページにかあいがもんさんのブログが載っていることがあるのでときどき読んでます。

あのかあいがもんさん?と思ったらそうでした。

芸能界に関する記憶が悪すぎて名前覚えてたのが奇跡くらいの話ですが。

かあいさんのブログを見ると、学校ってなんやろーなーと思ったりします。

ご本人曰く小3から勉強してなくて、中卒ということですが、文章見る限りではしっかり考えることができる方です。

会社回して子育てしてるんだからそりゃーそうかという気もする。

 

学校ではコマを進めれば進めるほど、発想力や問題解決能力、思考力を要求されるようになりますし、そこらへんの能力を育てて下さいという要求は日に日に強くなるばかりですが、

 

こういうのって、もしかして学校に行かなくても得られるの?

っていうのを改めて思ったりしますね。

 

タイトルとは全然関係のない話を振りつつ本題ですが、

 

最近柔軟剤を使い始めました。

使ったことなかったんかい!って感じなんですけど、ニオイがね・・・・・

最近、ニオイの過敏もだいぶなくなったので、いけるかなーと思って。

 

洗濯物の消臭実験をずっとやってますが、柔軟剤ってリンスみたいなもので、基本カチオン系の界面活性剤なのでは。

ってことは、もしかして、もしかして結構抗菌性みたいなのもあったりするのでは。

と思って。

 

jsda.org

抗菌ワンダーとかも使ってたんですけど、購入してから結構日数が経ってしまったしだんだん飽きてきたので、ドラッグストアで手に入るものを使ってみようかと。

 

現在使ってるのはこれらのものたちです。

 

 

 

基本の洗濯

  • スーパーナノックスとブライトwを入れて洗い
  • 2回すすぎの2回目にソフラン
  • 脱水は9分

白いもの

  • リセットパワーで洗濯
  • 2回すすぎの2回目にソフラン
  • 脱水は9分

手洗い

  • アクロンとブライトwでつけおき
  • 2回すすぎの2回目にソフラン
  • 脱水は2分

 

っていうのを知らん間にやってたら、洗濯王子の普段の洗剤は中性で、汚れを落としたいときは弱アルカリ性、手洗い用は弱めのやつ

っていうのにバッチリはまっとったわ。

 

天気のぐずつく日が多い今日この頃ですが、今のところは部屋干し臭がすることもなく(というか今まで部屋干し臭がしたことはないんだけど)、洗剤とか柔軟剤とかのニオイにやられることもなくいけてます。

 

 

 わたくし洗濯に関しては消臭のオニなので、柔軟剤はふんわりするかどうかはどうでもよく、汗などのニオイがそれほどしなければいいんですけど、

 

おそらくは柔軟剤を使い始めてからの変化でおお!と思ったのは、服の形がダラっとしなくなったことですかね。

服の形がダラっとしなくなるのはとてもいいです。

たたみやすいですし。

 

柔軟剤のニオイですが、脱水を強めにするか弱めにするかで結構違ってきます。

普段の洗濯では最後の脱水が9分なので比較的弱め、手洗いだと脱水2分なので、割とニオイが残ります。

あまり絞りすぎるとふんわりしないとかあったりするかもしれないので、そこらへんはお好みで。

 

 合成洗剤、柔軟剤ともにビギナーなので、いろいろ調べてみましたが、ニオイのしないのがダウニーとファーファから出てるみたいですね。

で、結局、

『LDK』と同系列のサイトらしき

http://the360.life/U1301.doit?id=199

を参考にしてみました。

 

それから、ダウニーのニオイが!っていうのはよく聞きますが、もしかしたら使用量が多いとかもありそうですね。

使っているのが輸入ものだと、60リットルが基準になっていたりするので。

 

 

 

 ブライトwも除菌できればええわ!って思ってたんですけど、色柄がくっきりする気がします。

気のせいだろうか。

液体の酸素系漂白剤は、過酸化水素を使っているらしいですが、あんまり長く置きすぎると、漂白するとか除菌するとかの効果はなくなりそうな気がしますよね。

(消毒用のオキシドールは、ある程度の期間が過ぎると買い換えないとダメ)

となると、粉の酸素系漂白剤も、あまり置きすぎると効果がなくなったりはしないんだろうか。