Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます

トリファラの使用感

リファラを摂り始めて2週間くらいだと思います。

 

これはちょっと面白いなーと感じてます。

 

以下、個人の体感ですし、わたくしの怪しげな想像(妄想)も書いているので、いきなり信じて突っ込むことのないようにお願いします。

 

チャワンプラッシュ→シャタバリ(今はシャタバリカルパ)→トリファラと、基本どころを押さえたなって感じです。

 

チャワンプラッシュとシャタバリは体力ついたなーって感じなんですけど、

リファラはちょっと違いました。

 

リファラを摂り始めたのは、あるブログ(すみません、URLが見つからない・・・)に、ダイエットのときに摂ると良いと書いてあったからです。

体重を減らす気は一切ありませんが、余分なものは取り去ったほうが良さそうだという気がしているのです。

リファラが何故ダイエットかというと、アーユルヴェーダでいう毒素(アーマ)を排出するらしいんですね。

 

 

で、マハラジャロードで取り寄せてみました。

 

摂り始めは、なんかよく分からんところがなんかなってるなーって感じだったんですが、

数日して、下痢になりました。しかも水便。

これってトリファラ?って気づいたのが落ち着き始めた頃だったので、まあええかって思いながら続けていました(あくまで自己責任です。下痢のときには使用を控えて下さいという注意書きがサイトには書かれています)。

 

その頃に、結局トリファラって何なん?と思って調べてみて印象に残ったのがこちらの記事。

 

怠けた消化力を高める古代アーユルヴェーダ万能薬、トリファラ。 | 日々の美容はナチュラル・オンリー。

 

腸に関してすごいことが書いてるんですけど、これ、なんか分かります。体感的に。

 

 

で、落ち着いてから再び水便。

前は小腸で今度は大腸だなーって感じました。

 

なぜかと言うと、悲しみが洗い流されていく感覚があったから。

中国医学でいうと、大腸は五行の「金」で悲しみを表します。

私にとって悲しみはどこかにこびりついている根源的な感情でもあったのですが、それが根っこから洗い流されていき、洗い流された後には肥沃な大地が見えているという感じ。

 

 

わたくし常々ストレスや記憶、感情なるものは、老廃物に付くと感じているのですが、なんかそれが確実なものになったなーと思ったりします。

(あくまで個人の体感です)

老廃物が悪いわけではなく、老廃物が留まり続けている状態が、私たちの悩みにつながっているのではないかという。

 

どこのサイトに書いてあったのかまた見失ってしまいましたが、トリファラは快便になったらOKで、ずっと摂り続けるものでないようです。

 

送ってもらったのはこちら。インドからの個人輸入代行です。

maharajaroad.com

こちらでは、2度栄養補助食品などを買ってみました。

チャワンプラッシュのペーストがだんだん面倒になってきたので、次は粉状のチャワングランにしてみようかとも。

ハーブ粉のシャンプーのとか、オイルとかは、国内のネットショップであるアートビーングで買ってますが、アートビーングで売っていないオイル類を注文してしまった。

オイル好きすぎて増えるよ。

 

アートビーングはこちらから

ハーブ粉のシャンプーは完全にハマっていますが、オイルもかなりいいです。

成分に「カンゾウ根エキス」とか「ベチベル根エキス」とか書いてあるんですが、どうやって混ぜてるの?って不思議に思っていたら、アーユルヴェーダの薬草オイルは、薬草を水で抽出したものと、オイルを合わせてゆっくり加熱することで、水分を飛ばしていくという作り方をしているのだとか。

めっちゃ手が込んでる・・・・大切に使います。