Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳になりつつあります

キッズウィークとプレミアムフライデーについて学校目線で書いてみた

はてなブログのトップページにこんな記事がアップされていたので読んでみました。

 

nzmoyasystem.hatenablog.com

この記事に、プレミアムフライデーの記事もリンクされていたので読んでみました。

 

nzmoyasystem.hatenablog.com

 

プレミアムフライデーコストコの安売り日かなんかだと思ってました。

キッズウィークに至ってはキッザニアの親戚みたいなもんかなーっていう、な自分でもよく分からん印象がうっすらあったことに気づきました。

ひどすぎる。自分が。

 

 

しかし、プレミアムフライデーとキッズウィークを真面目に取ろうとしたらどうなるかっていうのを少し考えただけでも、わけ分からん箇所が続出です。

以下、わけ分からんわっていうのを連発しておりますがあしからず。

 

 

まずプレミアムフライデー

わたくし少なくとも7月いっぱいまではプレミアムフライデーを取るのは無理です。

授業してるから。

そろそろ夏至で遅くまで明るい今どきの季節でもそこそこ暗くなっている時間まで。

 

私が授業をしているということは、少なくとも学生数十名と関連部署の職員の一部も当然帰れません。

4月から月イチでプレミアムフライデーを取ろうと思ったら、4~7月の4回にわたり、2コマ分の授業を休講にしなくてはなりません。

現行の大学の運用では、休講をしたら補講をしなければなりません。土曜日に。

プレミアムフライデーを取るために土曜日の何日かを削るという、わけのわからん状況になります。

なので無理。

 

 

それよりもひどいのが、実は月曜日です。

大学は、現在半期15回授業です。

15回を確保するためには、月曜の祝日はほぼ休めません。

 

私は通年で月曜日の授業を持っていますが、後期の月曜祝日はほぼ授業をしています。

私が授業をしているということは、当然学生も月曜祝日に大学に来ています。

平日の月曜日よりは人数が減りますが、閑古鳥が鳴くほどではありません。

 

大学生を持つご家庭がハッピーマンデーを含めて土日月で旅行とかありえません。

 

 

キッズウィークは子どもがいないのでこれまた適用外です。

(ほんまに適用外のものが多すぎるわー。自分)

 

しかし、学校に通うお子さんのいる知り合いはそこそこいるので、夏休みの話とかは聞きますが、

今のお子さん、なんかよく分からんけど(よく分からんというのは、私が部外者だから、事情がつかめていないという意味)、8月25日ごろからとか、学校に行ってるよ?

 

いちおう、7月20日ごろから8月いっぱいは夏休みってことになってるかもしれないけど、小学生でもそんなに休めてないよ?

 

そこにキッズウィークを導入したら、たとえば、

 

  • 7月いっぱいは学校
  • 8月はじめから8月20日すぎまでは休み
  • 8月20日すぎから学校

 

とか、

 

  • 7月20日から7月末までは休み
  • 8月はじめから10日近くまでは学校
  • 8月10日から20日過ぎまでは休み
  • 8月20日すぎから学校

 

とか、

 

休んでいるのか休んでいないのかよく分からんことになるのでは。

 

制度が普及したら、というのは、8月以外の時期に親が会社を休めるか休めないかに関わらず、学校は8月の何日かは登校させねばならぬってことになるんじゃないか?

 

 ってことになると、

 

結局、親は休めない、しかし子どもは8月の登校日が増えて大変ってことになりはしないのか?

 

あと、たとえば4人家族で

 

  • 両親共働き
  • 上の子が小学生
  • 下の子が保育園

 

とします。

 

  • 両親は8月登校の代替休日にどちらかもしくは両方が休めない
  • 上の子は8月登校の代替休日は休み
  • 下の子は8月はまるまる休みで代替休日は保育園あり

 

みたいなことになったらどうなるのか。

 

8月登校の代替休日には、旅行とかそういうのはムリだし、それどころか、両親が仕事の場合は、上の子が過ごす場所を確保せねばならなくなる。

 

ってことになりはしないか?

 

 プレミアムフライデーは正直どうでもいいけど、キッズウィークは学校関係者が巻き込まれて大変な気がします。

大丈夫やろか。

 

あ、ちなみに個人的には、8月に学校に行っても、日本のかなりの地域では、暑すぎて勉強どころではないので、まるまる休みがいいと思います。