Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳になりつつあります

幸せのバロメーターは「能力」ではなくて「関係」

3月に入って引越しの話を書いていたんですけど、引っ越したんですけど、

 

また引っ越すことになりましたん。

 

 

 

新しい部屋も見つかって、解約手続きに行ってきたんですけど、

不動産屋さんも、あの部屋ありえないよねー、はっはっはって感じでした。

 

なぜ、1ヶ月も経たずに引っ越し?っていえば、ざっくり言うと大家さんのチョンボなんですけど。

 

不思議とあんまり悪く言う気にはならないよなーって感じです。

 

なんでだろうなーと思ったら、

 

基本的にすごく良くしてもらっていたしってことなんですよね。

 

学生時代に火事を経験していて(出かけていたので戻ってきたら水びたしだった)そのときは、大家さんのおうちに1晩泊めてもらいました。

 実家から離れて土地勘のあるようなないようなところで暮らしていますから、有事の際には、結局、頼れる/協力し合える人がいるかどうかがすごく大切だというのを身にしみて思っています。

 

4年住んでいた部屋も、有事の際には、いきなり見捨てるとかそういうことはなさそうな大家さんでした。

そういう意味で、安心できるところはありました。

 

 

私は、何かできるようになること、言い換えれば「能力」を高めることがすごく大事だったのですが、

今年に入って、人間って能力じゃないかも?というのを感じ始めていました。

 

なぜかというと、

 

能力は、だれか他の人で代替がきくけど、

 

関係は、代替がきかない。

 

ってことだと思います。

 

助けてもらえそうかどうかは、その人の能力ではなくて、日ごろの関係によるよねってことですね。

関係というのは、自分と相手との積み重ねなので、他の人には替えることができないということです。

 

 とはいえ、関係というのは、心情×能力という側面がありそうなので、能力が全く関与していないかというとそうではないのですが。