Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます

アロミック・ミニを買ってみた & 自作リードディフューザー

ユニットバスのニオイ問題は続いております。

 

なんですけど、ちょっと終わりが見えてきた & 諦めかけている・めんどくさい、な今日この頃です。

 

結局、洗面台の排水口が臭うのではないかという結論に達し、

 

  • ユニットバスの扉を少し開けておく
  • 換気をする
  • 朝、水を流す
  • 洗面台の排水口は、パイプユニッシュで掃除をし、栓をしておく
  • 風呂に入るときは、リセッシュしてから入る

 

みたいな感じになりました。

 

書き出してみるとめんどくさい工程が山盛りですね・・・・・

 

で、あとは、ディフューザー精油をマメに入れなくてもよくなればOK。

 

ということで、

 

item.rakuten.co.jp

が届きました。

 

 

 

f:id:cocco32:20170323165342j:plain

 

分解してみるとこんな感じです。

 

f:id:cocco32:20170323165458j:plain

 

左側の容器に付属の精油を入れて、上のフタを閉めれば、不織布の棒を伝って、上のパッドに液が染み込み拡散するようになっています。

 

早速開けて使ってみましたら、風の流れに従って、ほのかに香りが漂ってきていました。

わりといい感じだと思います。

 

付属の液は、精油エタノールで希釈しているみたいです。

なので、精油100%でディフューズするのに慣れている方は、もしかしたら香りが控えめすぎて、物足りないかもしれませんが、置き型で、フタのスライドを閉めない限りはずっと香っているので、こんなもんだろうという気もします。

(アロミック・エアーの成分には、精油しか書いていないので、こちらは精油100%を香らせているかも)

 

ちなみに、今回買ったのはトイレ用というふれこみで、ユーカリとペパーミントのブレンドですが、

 

これって、もしかして、花粉症にいいのでは。

という気がしました。

(花粉症にペパーミントはアリです。薬局に売っているハッカ油でもいいかもしれません)

 

ペパーミントなので、微妙に体感温度が下がる気はします。

 

 

非常にシンプルな作りなので、これってもしかして、作れるのでは?

と思って検索をかけてみました。

 

やはりありました。

 

【自作アロマ】格安で簡単に作れる!リードディフューザーは買うな!

 

リードディフューザーというのは、今よく見かける、ボトルに棒が刺さっているやつみたいですね。

 

要は、何であれ、毛細管現象でアロマ液を吸い上げて拡散してくれたらいいってことですよね。

 

ということで、作ってみた。

 

f:id:cocco32:20170323170643j:plain

 

巷のリードディフューザーとは、形が違うやんって話なんですけど、

棒だと、あんまり吸い上げないのではないかと思って、紙で作ってみた。

下の容器が小さいせいか、途中までしか吸い上げてくれないので、上下ひっくり返してみた。

 

まあまあ香ってくれているみたいです。

あとは、精油エタノール(今回は水も投入)の割合と、どの程度もつのかで、容器を変えるかどうかですね。

 

紙は、水分を吸い上げてくれそうなこれを使いました。

あ、水分を吸い上げてくれそう、という以外は理由はないです。

家にあったから使っただけ。

f:id:cocco32:20170323170943j:plain

 

 

自作で試作の和紙型リードディフューザーはトイレの棚に、

アロミックのトイレ用は、部屋の床に置いています。

自作は液体をこぼしそうで、床には置けないので。

 

【追記】

自作の紙のディフューザーは、1日半くらいでアロマ液がなくなっていました。

アロマ液の量は、30ミリリットルくらい、紙は、A4サイズを4分の1にしたものです(A6?)。

どれくらいもたせたいとかで、液の量とか、吸い上げる素材や面積(?)とかを考える必要があるってことですね。