Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳になりつつあります

何が面倒?

人は出来る限りコストダウンして生きようとする生き物だと思う。

しかし、何のコストを下げようとするかは人によるらしい。

 

一番コスト削減に廻されるのが、実は「考えること」

 

 

人はあの手この手で省エネルギー化しようとするのだが、考えることは非常にコストがかかるらしい。

 

知人と話をしていると、プログラミングは後の行動コストを削減するためにするらしい。

プログラミングの手間は膨大だが、後で膨大なデータを目でチェックすることを考えると、プログラミングで自動検出できるほうが望ましい。

 

うん、分かる分かる。

 

私もそのタイプ。

 

私の場合、日常生活がすでに実験化しているけれども、なぜかというと最終的にはコストダウンするため。

お金のこともあるけど、多くは家事。

 

何は省いてもいいか。

省けないものは何か。

 

と考えると、

 

ご飯を作ること自体は省けない。

しかし、手間を省くことはできる。

 

煮るとか焼くとか最低限のことでおいしく食べるには?

 

と考えると、火加減と調味料に行きつく気がする。

 

で、日々発酵食品、発酵調味料を作っているの。

 

何が面倒かというと、

 

単純作業に成り果ててしまったことを延々やるのが面倒なんだと思う。

 

だから、そこはサクっと済ませたい。

 

でも、工夫するのは苦じゃない。

だから、時を忘れてやってしまう。

 

なので、

 

日々実験ですが、実はズボラ道に結びつきます。