Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳になりつつあります

麹の世界と人間の世界 & 冷凍庫選び

冷凍庫が欲しい。 という気持ちがさらに高まってきました。 コストコに行っていなかった数ヶ月で冷凍庫に入れておきたいものが増えたし、近所の激安スーパーでキャベツ1個98円のときとかにざく切り冷凍とかしたいんですが、コストコの肉を買って来たら冷…

甘酒の発酵温度、アルコール駄目な人はやはり高い温度が無難かも

甘酒の記事がアサガオの栽培日記のようになりつつあります。 毎回同じことをやっているはずなのに、同じものはあまりできません。 ということは、毎回違うことをやっているということなんですけど。 今回は、おかゆと米麹を混ぜてヨーグルティアにセットして…

今回の甘酒は40度で12時間

夏ですが甘酒を作っています。 7月8月ちょっとお休みしていたんですが、健診に行ったら体重が減ってたんですよ!!! 柔軟剤騒ぎで食が細くなっていたので、そういうのもあるかもしれません。 とにかく元に戻そうと思い、困ったときの甘酒頼み。 一番読ん…

自家製コチュジャン レシピ改定

自家製コチュジャン、無事、クラシコのバジル&トマトソースの瓶約2本分を使いきり、新しく作りました。 前のは、若干塩辛かったので、今回は麦芽糖を足してみました。 作り方 材 料 甘酒 お米半合分 焼酎 1合 塩 1合 麦芽糖(製菓用) 1合 韓国とうがら…

甘酒再開。当分はペースト状の普通の固さで。

引越し前後で甘酒中断してましたが、再開してます。 ブレンダーをどこに置いたらいいか分からないので、当分は、普通の固さで。 薄めるわけでもなくスプーンですくって食べてますが、濃い味が結構いけます。

「はやつくり」の甘酒を作ってみた

3月中はご飯を炊かないと決めました。 ご飯がないと甘酒どうしよう・・・・・・ と思いましたが、水と米麹だけで作ればええやん! ってことで作ってみました。

今回の甘酒は45度で7時間

すっかり定番化している甘酒ですが、最近2回ほど気になっているのが、12時間おくと、ちょっと何か違うものが繁殖している気がするニオイがすること。 これのせいではないかと。 coccolifestyle.hatenadiary.jp 膜まではできていませんが、ニオイがね。 混…

大根のコチュジャン和えというか浅漬け

ほぼ定番化しました。 大根を切って、自家製コチュジャンで和えるだけ。 言ってる間に、水分が出てしんなりします。 大根とか、キャベツとか、白菜とかを塩とかダシダで和えて放置!しているヤツは、常備菜として定番化していましたが、最近は、自家製コチュ…

豚ミンチと長ネギのそぼろ

作り置きのおかずです。 豚ミンチと長ネギのそぼろ。 【材料】 豚ミンチ 300グラムくらい 長ネギ 1本くらい 調味料。今回は、塩レモン、コチュジャン、醤油麹

ヨーグルティアで醤油麹を作ってみた & 醤油麹でコチュジャンを作ってみた

ヨーグルティアで醤油麹を作ってみました。

甘酒はツルみその米麹で45度12時間であっさり甘味。とりあえず。

甘酒ですが、重要な栄養補給源になっています。 疲れにくくなっているのは気のせいか? 今のところ、ツルみその米麹で45度12時間がベストです。 ストレートで飲めるあっさり味になってます。

韓国唐辛子とアミの塩辛

コチュジャンを作るときに、韓国唐辛子を調べました。

甘酒の発酵温度と時間、表面にできてしまった膜

甘酒は60度で発酵しないといけないのか? ヨーグルトメーカーを使わない甘酒の作り方 アミラーゼが働きやすい温度と甘味を最も感じる温度が違うんですけど 甘酒作ったときの膜は何? 膜とちょっと悪い栗のニオイが・・・・産膜酵母? 保温時間が長いせいか…

米麹を売っているサイトなど

しょうゆ麹とか寒麹、コチュジャンみたいな調味料だと、米麹もそれほどたくさんは要りませんが、甘酒を作りはじめると、途端に消費量がアップします。 (1回量はそれほど多くありませんが、たとえば週1で作っていると、1キロでもすぐです) スーパーで売…