Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳になりつつあります

甘酒

自家製コチュジャン リピート

甘酒ベースのコチュジャン、地道に作り続けてます。 今回作ったのはこんな感じ。 左側はクラシコのバジル&トマトソースの907グラム瓶です。 ざっくりその倍くらい作ったかなーという感じですかね。 甘酒 お米1合を4倍の水でお粥にしたものと米麹 塩 2…

今回の甘酒は40度で12時間

夏ですが甘酒を作っています。 7月8月ちょっとお休みしていたんですが、健診に行ったら体重が減ってたんですよ!!! 柔軟剤騒ぎで食が細くなっていたので、そういうのもあるかもしれません。 とにかく元に戻そうと思い、困ったときの甘酒頼み。 一番読ん…

身体の内部環境を一定にしたい

最近体力がついたと感じるのですが、体力ってなんだろうと改めて考えてみました。 3コマくらい喋りっぱなしの日がありますが、それでも、ぐったり疲れるとか、喉が痛くなるとか、首の付け根が痛くなるとかもなくて、朝もわりとちゃんと起きれています。 で…

自家製コチュジャン レシピ改定

自家製コチュジャン、無事、クラシコのバジル&トマトソースの瓶約2本分を使いきり、新しく作りました。 前のは、若干塩辛かったので、今回は麦芽糖を足してみました。 作り方 材 料 甘酒 お米半合分 焼酎 1合 塩 1合 麦芽糖(製菓用) 1合 韓国とうがら…

甘酒再開。当分はペースト状の普通の固さで。

引越し前後で甘酒中断してましたが、再開してます。 ブレンダーをどこに置いたらいいか分からないので、当分は、普通の固さで。 薄めるわけでもなくスプーンですくって食べてますが、濃い味が結構いけます。

「はやつくり」の甘酒を作ってみた

3月中はご飯を炊かないと決めました。 ご飯がないと甘酒どうしよう・・・・・・ と思いましたが、水と米麹だけで作ればええやん! ってことで作ってみました。

今回の甘酒は45度で7時間

すっかり定番化している甘酒ですが、最近2回ほど気になっているのが、12時間おくと、ちょっと何か違うものが繁殖している気がするニオイがすること。 これのせいではないかと。 coccolifestyle.hatenadiary.jp 膜まではできていませんが、ニオイがね。 混…

甘酒はツルみその米麹で45度12時間であっさり甘味。とりあえず。

甘酒ですが、重要な栄養補給源になっています。 疲れにくくなっているのは気のせいか? 今のところ、ツルみその米麹で45度12時間がベストです。 ストレートで飲めるあっさり味になってます。

甘酒作るときの容器の管理など

ヨーグルティアで早作りの甘酒を仕込んでみました。 コスパからいうと、あんまり作りたい種類のものではないですが、ご飯炊くのが面倒だったんでw 容器の準備から材料の仕込から完成、そして容器の洗浄まで、メーカー推奨のやり方できっちりできればいいで…

韓国唐辛子とアミの塩辛

コチュジャンを作るときに、韓国唐辛子を調べました。

甘酒の発酵温度と時間、表面にできてしまった膜

甘酒は60度で発酵しないといけないのか? ヨーグルトメーカーを使わない甘酒の作り方 アミラーゼが働きやすい温度と甘味を最も感じる温度が違うんですけど 甘酒作ったときの膜は何? 膜とちょっと悪い栗のニオイが・・・・産膜酵母? 保温時間が長いせいか…

米麹を売っているサイトなど

しょうゆ麹とか寒麹、コチュジャンみたいな調味料だと、米麹もそれほどたくさんは要りませんが、甘酒を作りはじめると、途端に消費量がアップします。 (1回量はそれほど多くありませんが、たとえば週1で作っていると、1キロでもすぐです) スーパーで売…

甘酒の作り方

そうだ。 甘酒の作り方です。 基本はこんな感じかと。 tanica.jp んで、麹、お米(ご飯・お粥)、水の量と、保温の温度と時間は、作り手によっていろいろバリエーションがあります。