Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

おうし座天王星は生活習慣および通貨の交換可能性の改革かもと思う今日この頃

例年年が明けたら1歳年を取った気分になります。

いつの時代の人?って感じなんですが、4月生まれで言っている間に誕生日が来てしまうので。

 

松村潔さんが以前ソーラーリターンは3か月くらい前から兆候が現れる的なことを書いていて、なんか分かるなーって気がします。

 

天王星は5月におひつじ座を抜けておうし座に入るわけですが、やはりすでに兆候は見られるなという気がしています。

天王星は1つの星座に7年程度いますんで、今思えば、長かったカーディナルクライマックスが抜けた頃、つまり2015年くらいからうっすら匂いはしてたよなという気がしなくもないです。

 

天王星がおひつじ座に入っている時期は、個人的にはスピ全盛の時期で仕事にしたりもしていました。

同時に、自己と社会とを切り離して、自分の動機を純粋に追求した時期でもありました。

その流れが一段落したのは2015年から2016年くらいで、そろそろ社会に戻るか的な気分になっていました。

 

私が見たスピの世界はB to BでもなければB to Cですらない、いわばC to Cの世界で、ある施術の提供者=他の施術のお客という感じで、違うことばを使えば「同病相哀れむ」の世界です。

 

施術の方法は、私が2010年にキネシオロジーを習い始めるまでに基盤を作っていた人が主で、ある程度基礎となる概念なり理論なりがあってのものでした。

それが、2回転3回転して裾野が広がると同時に陳腐化して逆に広がりがなくなって今に至るという流れになっているのかなという気がします。

ちょっと言い方きついですけど。

 

やっている間にC to CからB to Cに抜けていった人もいますが、私自身はC to Cから抜けられずに終わりました。

自身の経済的基盤になるくらい稼げるのかといえば、全然そういう風にはならなかったですね。

それはひとえに自身の姿勢によるわけですが、スピにどっぷり浸かっていた時期は、いろんなものが噴出したというか噴出させたというか、そういう時期だったので、経済的基盤を作るとかそういうところまでは回っていかなかったというのが大きいです。

むしろ、仕事からお金から人間関係から根こそぎ持っていかれて、ギリギリのところでどうにか持ちこたえて今ちょっと楽になったところ、というのが正直な感覚です。

 

 なんでもいいんですが、個人でビジネスを軌道に乗せるといったときに、

 

自己の基盤

生活の基盤

分野の基盤

 

があって、やっとビジネスに持っていけるということだろうと思います。

この数年は入り口である自己の基盤を構築しなおしていて、それがようやく終わりを迎えつつあり、次に行けるよね、というところかなと思います。

 

スピに関しては、全部足を洗ったかといえばそういうわけでもなくて、子どもの頃から好きだったものは残っています。

西洋占星術、タロット、ハーブやアロマあたりですね。

それがどうなっていくのか、純粋にビジネスとして展開したいという欲求はあります。

 

自己の基盤の再構築というのは、非常におひつじ座天王星っぽいなと感じます。

 

じゃあおうし座天王星というのはどういう感じなんだろうと思うと、おうし座、2室あたりをまるっとイメージすると、

 

五感・地に足つける、継続させる、美、お金

 

あたりですかね。

 

 

おひつじ座は意志の部分が非常に大きくて、まだ見えていないものをヴィジョン化するみたいなところもあります。

 

しかし、おうし座になると手で触れられるもの、目に見えるものがすべてである、といった感じにシフトしていきます。

 

目に見えるものが変わっていく、ということになると、

 

個人的には生活習慣が変わってくるということがありそうだと感じています。

 

これまでもさんざん生活の中身を書いていますが、今までやってきたのは、自分軸をしっかりさせるために生活の内容を吟味し選択するということでした。

 

これからの課題は、生活習慣そのものを盤石にしていくことです。

 

たとえば、すでに始めているのが「最初から最後まで流れでやる」ということだったりします。

 

この文章を書いているときに宅配便が届きました。

宅配便が届いたときに、おひつじ座っぽいやり方は、とにかく中身。

中身が見たくて箱を開けて放り出して、使ってみる。

そういう感じ。

 

かたやおうし座になると、まずは箱を片付けてから中身。

そういう感じです。

 

生活の流れにははじめと終わりがあります。

 初めから終わりまでルーティンで何も考えずにできるようになったらものすごく楽なんですよね。

 

家がごたつくとか物が増えるとか、二度手間になるとか、なぜ起こるかといえば、大抵の場合は終わらせるべきものを終わらせていないからです。

 

食材を買ったときに、買い置きは買い置きの場所に、使うものはさっさと下処理する、ビニール袋はビニール袋入れに、容器はポリ容器入れにっていう感じで終わらせていく。

 

 

 

ごはんは食器を洗うまで。

 

 

みたいな感じで、一連の流れをパッケージにしていると、あとで「これやってなかった・・・・」みたいな徒労感は減ります。

もちろん、全部が全部いっぺんに終わるわけではありませんが、パッケージにしていると、「ここまでは終わった」「次はここから」みたいなのを把握しやすいので、頭が疲れにくくなります。

 

今年はそういった生活習慣のパッケージ化を強化したいと思っています。

 

 

 

生活習慣にせよ仕事にせよ、一連の流れを作って完遂させるには根気も必要です。

根気はエネルギー代謝と関係が深いと感じていて、身体を動かせるエネルギーをどれだけ作り出せるかという点も大事です。

エネルギー代謝については、昨年1年でずいぶん改善されました。

消化・吸収・代謝なので、これは自己の再構築の部分に該当します。

 

回りくどいやり方に見えますが、この数年でどれだけ自分の中身を充実させられたかによって今後の数年は明らかに変わってくると思います。

自己の軸が決まって、最も身近な環境の整備という流れです。

それができれば、ビジネスの基盤もかなりしっかりするということではないかと思います。

(もちろん、それだけでビジネスがうまくいくわけではありませんが)

 

というのがおうし座天王星の7年でやりたいことのひとつ。

 

もうひとつは、自分がやりたいというよりは、社会の動向としてこうなっていくんじゃないかなと思われることです。

 

年末年始は仮想通貨がクローズアップされました。

高騰からの大暴落って、世界史で習ったオランダのチューリップバブルみたいやなと思ったら、勝間和代さんがやはり書いていて、当時のチューリップの球根相場と今回の仮想通貨の高騰から暴落のカーブが相似しているんだそうです。

 

仮想通貨は、暴落しても大変だし、高騰して売ったら売ったでごっそり税金に持っていかれるので悩みが大きそうだなーという印象です。

 

個人的には売るに売れないという状況は新たな展開を生み出さないかなと期待したりします。

新たな展開というのは、「売れないなら使ってしまえ」というやつです。

 

仮想通貨というのは本来的には、政府が発行している通貨の代替機能を持つというのが目標ではないのかなと思ったりするのですが、

通貨として機能するには、ある程度の割合の人が持っていなければならないと思うんですよね。

「なんか儲かりそう」という別の動機であったとしても、所有する人が増えれば増えるほど交換可能性が高まっていくわけで(もちろん、金融機関で取り扱いしやすいかとか、省庁の規制が緩まるとかいろいろ大きな要因はあるでしょうが)、仮想通貨の知名度が上がり、所有者が増えた、しかも株みたいな売り買いがしにくくなったという状況というのは、別の状況を生み出すきっかけになるのかもしれないと思うわけです。

 

政府が発行している通貨や紙幣というのも、実際的な価値というのはすでにないといってもいいわけで(50年近くも前にニクソンショックでドルが金に交換されることはなくなったため)、仮想通貨も同じといえば同じわけです。

 

それに、私たちは政府が発行しているお金を電子マネーとして使い慣れてしまっているし、クレジットカードのポイントも、お金の代わりとして使いやすくなっています。

今回の楽天のスーパーセールはアホみたいに買い物しましたが、半分くらいはクレジットのポイント → 楽天のポイントに交換したもので賄っています。

入手方法などは違いますし、レートは楽天の場合は1ポイント1円で固定なので、システム上は仮想通貨と別にしなければならないのでしょうが、政府が発行したお金以外のものが、モノやサービスに交換できるという点では、すでに土壌は生まれていると思ってもいいんじゃないかという気がします。

 

あとは、所有者が増えて、何かと交換せねばならない状況が生まれるか否かです。

ただし、仮想通貨といっても山ほど種類があるようなので、ロックインするものと消えていくものが生じてくるでしょう。

 

ということになると面白いなーと思っています。

 

それから、働き方改革の議論のされ方についても、非常に2室っぽいというか、おうし座っぽいというか、そういう印象があります。

 

働く、仕事というのはいろんな側面があって、

 

西洋占星術でいえば、

 

2室 お金

6室 奉仕

10室 天職

 

という枠組みで見ることができます。

 

現在主な争点のひとつとして時間給格差が挙げられると思います。

これは、自分の働きをお金に換算するという視点なので、完全に2室あるいはおうし座の範疇ではないかと思います。

 

個人的には産業の活性化というのは、結局のところ、終身雇用制という枠ではなくて、個人の組織に対する奉仕と責任、それが自分の発達につながるという視点を多くの人が持てるかどうかという点にかかっているのではないかと思うんですが、

(ここらへんは6室と10室の相互作用)

 

現時点においては、

 

「衣食足りて礼節を知る」がグラグラなんですよね。

仕事に責任を持つとか、生きがいを見出すとか以前の問題。

なので、まずは暮らせる時間給を保証するとか、仕事以外の生活基盤を強固にする時間を与えるとか、そこらへんからやらなきゃいけないというのは個人的には納得な気がしています。

もちろん、個人の側の人生設計や展望も必要ですけど。

 

そういえば、中央区立泰明小学校の標準服変更も、おうし座天王星っぽいといえばぽいですかね。

素材のよいものを身に着けることによって、みだしなみ感覚や社会性を身に着けるというのは。

個人的には、この問題は基本的生活習慣の確立の問題だと感じていて、小学校1年2年くらいに、道徳科の中で、みだしなみ教育みたいなのをやったらいいんじゃないかなという気がします。授業の中のみだしなみ教育みたいなのは、おうし座じゃなくてふたご座あるいは3室かな。

 

 

 

 

 

 

 

 

【リンク】アラフォーなのに20代からファッションが変わってない…? それ要注意です【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #02】

また服の話なんですが、骨格診断を知って

 

「自分服のNG集」みたいなのを作れるといいなーと思いました。

 

服は選ぶのも着るのっも迷うand/or楽しいんですが、世間に流布している情報がとんでもない量なので、迷走し始めると帰ってこれないというところもあります。

 

なので、

 

  • 似合う範囲
  • 越えちゃいけない境界線

 

の両方を把握しておくのがいいのかなと思いました。

 

似合う範囲はこれは本やらネット情報プラス自分のテイストで把握していくわけですが、今までの服の何が似合わないのかが分かると、逆にどこを攻めたらいいのかも分かってきますし、足したらいい服もわかってきたりします。

 

たとえば、私はファイナルセールで春夏服をいくつか買いましたが、ビームスで買った服はジャストフィットします。しかし、ワールドの服はもうちょっと脇を絞ってくれたら、という感じです。

脇が開き気味だと襟元にも影響するらしく、ごそごそして落ち着かないので、首の詰まったタンクトップを中に着ようと思うんですが、タンクトップ全廃棄の予定(昨日書いた柔軟剤アレルギーの余波)なので、今のうちに買い足そうみたいな感じです。

 

骨格診断は、骨格タイプによって似合う服似合わない服が出てきて、たとえば私の場合はナチュラル寄りの服はいけなくもないけれども、ストレート寄りの服はアウトだなとか、そういうのが分かっていいです。

 

一方で、案外出てこないのが年齢の情報です。

骨格診断という観点で自分の身体を眺めてみて、確かに若いころと骨格はそんなに変わっていないかもしれない、けれども、筋肉や脂肪のつき方、雰囲気は若いころと変わってしまっているし、ウェーブはショート丈のスカートやパンツが似合うといっても、40代でそれをやったらあかんでしょう、みたいなのもあるので、若いころと同じ服装というわけにはいかないんですよね。

当たり前の話なんですけど。

 

 

 

骨格診断の話ではないんですが、年齢や時代によって着られる服が違うよ、というのが分かりやすい記事があったのでリンクしたいと思います。

 

wome.jp

 記事の内容は辛口なんですが、画像付きで分かりやすいです。

といっても、この記事の対象からもさらに年齢を重ねてしまって、さらにどうすんねんてという感じではありますが。

 

記事の内容を見てみますと、アラフォー世代のNGパターンが3つ。

 

2つは昔の流行をそのまま引きずっているパターン。

残りの1つは手抜きの構わなさすぎ。

 

昔の流行を引きずっているパターンを見てみると、エビちゃんOL型とガーリー型。

いずれも骨格タイプがウェーブの場合に間違えそうな穴なので気をつけたいですね。

 

エビちゃんOLってどんなの?

と思って検索をかけてみました。

 

ameblo.jp

 

うーむ。。。。

普通にかわいいですね。

20代の人が着たら。

 

蛯原友里さんの骨格タイプはストレートだそうです。

(参考リンク)

781.【骨格】蛯原友里ちゃんは何タイプ? 押切もえちゃんも♡ | ファンデの要らない肌になる(*'▽')☆ Serendipity Color☆ OLメイク 日本橋 東京

 

 

これ、多分2つ落とし穴があって、

 

20代とそれ以降、30代、40代、50代で似合う服が違う

 

というのと、

 

エビちゃんが着ているかわいい服は、実はストレート向きなのでは

 

という感じがします。

 

たとえば、パフスリーブの丈短めのGジャンとか、一見ウェーブの人が着てもいけそうな気がしますが、デニムのかなりしっかりした素材だし、肩がしっかりしているので、ウェーブの人は多分ダメ。

 

それでも、20代くらいだと脂肪も筋肉も張りがあるので着れちゃうんだと思います。

 

一方、30代後半になってくると、脂肪や筋肉が柔らかくなってくるので、ウェーブの人はこういう張りのある素材がどんどん似合わなくなってくるというのがある気がします。

 

なので、骨格診断がシビアに効いてくるのは、30代後半以降、体型が変わり始めた頃っていう気がしました。

 

 

そういうところを踏まえて、菊乃さんという方の記事に戻ります。

 

まずビジュー付きニットカーディガン。

ビジュー付きは、胸元を貧相に見せる気がしました。

で、脇がゆるすぎの丈が中途半端すぎ。

で、記事でも下の方で書かれていますが、そのままフレアスカートにつながっているのでメリハリなさすぎ。

 

流行うんぬんはとりあえずおいておいて、30代後半から40代、50代で着てしまうと、記事では「頼りなく見える」と書いてありますが、ちょっとだらしなく見える気もしました。

 

個人的には、フラットなニットを着るのであれば、もうちょっと肩が狭めの脇がフィットするものの方がいい気がしました。

 

昨年の夏くらいから私自身が痛い思いをしているんですが、骨格タイプウェーブの場合、体重が増えたとしても、首回りと肩の上の方、デコルテには肉がつきません。

しかし、肩の付け根から腕にかけては確実に肉がつくんですね。

その肉がどうやっても年齢感を出してしまうし、腕の付け根から二の腕あたりが中途半端なフィット感だと、確実にもったり見える気がします。

(そこらへんが20代と違うところだと思います)

 

 

次に、ガーリータイプ。

これも全体的にメリハリなさすぎ。

それから、柔らかい素材に見えて、実は上下ともに張りのある素材な気がします。

もうちょっと薄めで身に沿うような素材がいい気がします。

一番下の白いブラウスとピンクのスカートと比べると素材感の違いが分かると思います。

上の服は素材的にはいけなくもない気がするんですが、素材と身頃のゆったり感および袖のボリューム感とマッチしていません。多分。

袖のボリュームはデコルテに持っていきたいところ。

そうなると、身頃は必然的にボリュームありすぎで、もうちょっと絞ったほうがいいかなという気がします。

スカートは、すっと落ちすぎ。

もうちょっと広がってもいい気がします。

 

 

 

以上を要約すると、

 

20代は、身体の張りでちょっとくらい似合わないような服を着ていてもカバーできるんだが、

 

30代後半、40代、50代になってくると、筋肉も脂肪も流れるような質感になってくるので、今まで力技で着ていた服は確実に着れなくなってくる。

 

それに気づいたときにどうするか。

 

ってことではないかなというか、気が付いたら自分が直面していたってことなんですけど。

 

 

実は、服の好みって年を重ねたから変わるかといえばそういうわけでもなくて、根本的なところでは、若い頃に決まってしまっている気がします。

だからといって、若い時と同じ路線の服を着ても、自分の好みを貫くことになるかといえばそういうわけでもなくて、全然違う路線にいったほうが、実はいいときも多々ある気がします。

 

おそらく、30代後半40代50代で「いいこ風」「優等生テイスト」でもいいんだと思うんです。

ただ、20代の「いいこ風」「優等生テイスト」と30代後半40代50代の「いいこ風」「優等生テイスト」とでは着る服が全然違ってくるのではないかなー。

 

 

 

そこらへんの加齢によるモデルチェンジがこまめにできればいいんですが、私自身も全然できていなかったですし、

は!と気づいたときには、自分のボディイメージやファッションイメージと、自分の実情がかけ離れすぎていて、自分の実情を直視できないまま若い頃のファッションを続けてしまうか、焦ってまったく違う路線に行ってしまうか。

 

菊乃さんという方の記事では、若い頃のファッションを続けているパターンが指摘されていたわけですが、自分の好みとは全く違う路線に行くパターンも結構あって、それはそれで長続きしないんですよね。

で、また若いころのパターンに戻るみたいな振り子状態とかもありそう。

 

 

 ま、書いていて自分大丈夫なんかなーって気もするんですけど。

 

 

 

 

もしかしたら選択的に香料&食物アレルギーなのかもしれないと思った件

ふー。

 

明け方から午前中にかけてめっちゃ調子が悪かったです。

 

昨日は夕飯のときにストロングゼロの桃の香りのやつを飲んでいたんですが、もしかしたら、桃の香料でアレルギーになったかもしれません。

飲んでいるときから香りが気になっていて、食べたらなんとなくごろりと横になってそのまま寝てしまったんですが、明け方くらいになって、なんか変な感じがして起きました。

 

以下、汚い記述も含まれますので、読みたくない方は飛ばしていただければと思います。

 

変な感じというのは頭痛となんかぷるぷる震える感じ(柔軟剤アレルギーのときと同じ感じ)なんですが、お酒を飲んだときにはときどきあります。

で、だいたいは戻します。

(こういう感じで頭痛がするときは、大抵消化できていなくて胃の中に結構残留しています)

 

いつもとちょっと違ったのは、桃の香料がやたらと鼻につくことでした。

そういえば、飲んでいる最中とか飲んだ後も、やたらと甘い味が口の中に残って香りも残っていたような。

 

で、しばらくして戻したときにも吐瀉物にがっつり香料が残っているという。

 

あれ、お酒を飲んで頭が痛くなるって、加齢でアルコールに弱くなったからと思っていたんですが、違うのか?もしかして。

 

ストロングゼロサントリー缶チューハイですが、アルコール度数が9%という、飲み口が甘い割には度数が高くてちょっと危険な酒です。

 

一部では「悪魔の酒」なんて呼ばれていたりもします(笑)。

 

ストロングゼロはコンビニでもスーパーでも売られていて、いろんな味(香料)が売っているので、つい買ってしまうんですが、甘いのを飲んだ時に、ときどき動きが鈍くなるな、ということに気づきました。

 

 

ちなみに、アサヒからも似たような9%のやつが売られているんですが、セブンイレブンで売られていたライムのやつはこちらは全然大丈夫でした。

飲んでもすっきり。

限定商品だったみたいですが、定番にしてほしいです。

ウィルキンソンで甘くないし。

 

www.asahibeer.co.jp

 

ってことは、必ずしもアルコール度数のせいではないかもな?

(お酒飲んで酔うか酔わないかは、体調に著しく左右されるので、アルコール度数だけの問題ではありませんが)

 

 

で、さらに思い出したんですが、年末年始で消化吸収がよくなったので、そろそろプロテインでも、と思ってザパスのバナナ味を買ったんですが、

 

そのバナナの香りがダメでした。

プロテインとか糖質とか、ごまかしのきかない素材なので、香料が目立ちやすいのかなと思ったんですが、もしかしたらバナナの香料もダメなのかもしれないと思いました。

 

 

身体の感覚としては、

 

レモン、ライム、シークワーサーとか、酸っぱい系の香料は大丈夫そうだ。

桃とかマンゴーとかバナナとか、甘い系の香料はダメそうだ。

 

という感じがしています。

あくまで現時点での感覚ですので、変わってくるかもしれません。

 

ちなみに、オレンジはダメな方に入っている気がします。

 

なんだろう、すっぱい系と甘い系の香料で、使っている何かが違ったりするんだろうか?

 

こういうのって、アレルギー外来に行ったらわかるものなの?

 

 

 

実は、飲食物に関連するアレルギーってあまり気にしたことがありませんでした。

食品添加物がうんたらかんたら、というのはよく言われるんですが、家で食べると自分に合った調味料だけ使えますし、コンビニ食や外食がめっちゃ多い生活をしているわけではないので、そこまで気にしなくてよいというか。

 

これが、たとえば夜11時まで働いていて昼夜全部外食とかいう生活をずっと続けていたら違うんでしょうけど。

 

けど、思い返してみると、地味にいろいろあります。

 

野菜類は割と大丈夫なので、それ以外の肉、魚、加工食品、調味料について考えてみると、

 

  • 肉、魚は近くのスーパーよりもコストコで買ったもののほうが食欲が上がる
  • 調味料、ダシダは大丈夫だけどほんだしはダメ(どちらもアミノ酸とか合成の調味料を使っているはずなんですが)
  • 味の素のマヨネーズは大丈夫だけど、キューピーのはダメ

 

とか。

 

今まであまり問題にならなかったのは、食欲が弱すぎて、合わないものは一気に食欲が失せるからとか、そういうことがあったのかもしれないです。

 

食欲がアップしてきたところで、逆に気をつけなきゃいけないところが増えたかも。

 

 

食品添加物のアレルギー、ちょっと古い記事ですが、こんな感じみたいです。

 

allabout.co.jp

 

これらに関してあまりセンシティブになりすぎると何も食べられなくなるんですが、何がアレルギーになりそうかというのを特定した方がよさそうな時には、役に立ちますね。

 

アレルギーを引き起こし得る物質の中に、人工甘味料がありますね。

 

 

ちょっと気になったのが、もしかして、ストロングゼロでなんか変になるものとそうでないもの、香料というよりは、人工甘味料の有無なのでは。

 

products.suntory.co.jp

 

より、ストロングゼロの成分を見てみると、

ドライ以外は甘味料(アセスルファムK、スクラロース)が入っています。

なので、甘味料の有無で分けることはできませんが、もしかしたら量は関係しているかもしれない。

 

ちなみに、上の方でリンクした、アサヒのウィルキンソンベースの9%ですが、甘味料は入っていません。

 

[期間限定]
ウィルキンソン タンサンを使用し強めの炭酸感と、特許技術である柑橘の香りだけを抽出したフルーツスピリッツをベース酒のジンに加えることで、アルコール9%の本格的な飲みごたえを楽しめます。ドライなライム風味が特長です。冴えわたるキレ、全く甘くない無糖RTD。<糖質0※1、プリン体0.0※2、甘味料0(※1 栄養表示基準による ※2 100ml当たりプリン体0.05mg未満を「プリン体0.0」と表示しています。)>

 

(ラインナップは省略)

 

原材料
ジン、レモンライムスピリッツ、酸味料、香料
成分(100ml当たり)
アルコール分(度数)9%
エネルギー54kcal

たんぱく質0g
脂質0g

糖質0g
食物繊維0g

ナトリウム8mg
プリン体0.0mg

賞味期間12ヶ月

原則容器に表記した値を掲載しておりますが、「*」のついた値は当社分析例となります。この値は実際の成分量とは異なる可能性があります。

引用:ウィルキンソンRTD | アサヒビール

 

 

 

それから、バナナの香りがダメだったザパスのウェイトアップの成分表です。

 

www.meiji.co.jp

他はとりあえず見ていただくとして、

 

甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK

 

入ってますね。

 

人工甘味料なんてあらゆる加工品に入っているので、関連していたとしても摂取量な気はしますが。

 

 さらにいろいろ見てみると、アレルギーで頭痛が起こることもあるんですね。

検索をかけると沢山出てくるのですが、信頼のおけるソースかどうかが分からないのでリンクはしません。

 

食物アレルギーや香料アレルギーの場合は、除去できるものは除去するのがいいのかなという気はしました。

完全除去は難しいですが、量が関与しているのであれば、できる限り減らす感じで。

 

また、卵、肉、穀物などのメインの食材がアレルギーに関与している場合は、除去した場合のメリットデメリットを考慮しながらやっていく必要があると思うんですが(これはホントに個人の体質によると思うので、他人がごちゃごちゃ言うことでもないと思いますが)、人工甘味料だと、栄養上は「とにかく抜いてしまえ!」が成り立つので楽といえば楽ですね。

ま、加工食品を食べている以上はゼロにはできませんけどね。

 

お酒の場合は、結局、

  • 焼酎
  • 炭酸、
  • 梅とかレモンなど

を買ってきて混ぜるっていうのが一番安全だったりするわけね。

 

といっても、柔軟剤アレルギー、有機溶剤が関与している可能性も考えているので、お酒の飲みすぎはあまりよくないとは思っていますが。

(アルコールも有機溶剤なので)

 

 

そういえば、ここのところずっと服の着せ替えをしているのすが、キャミソール、タンクトップに残留した柔軟剤が結構キツくて気分が悪くなるので、買い替えることにしました。

最近全然買っていなくてヨレヨレだったので、寿命と思えば納得もいかなくもないですが、出来心で柔軟剤を使ったばかりに、夏物衣類は結局全部買い替える結果となりました。

(夏に家でできる選択で限界まで落としたはずなのでこれ以上洗濯を頑張るのはもう無理)

そして、余波が長期化する(柔軟剤のアレルギーを起こしたのは半年前だから)。

 

明日から楽天のスーパーセールなので狙っていきたいと思います。

 

 

【骨格診断ウェーブ】ファイナルセールでビームスの春夏カットソーを買ってみた

春夏の服がかなりやばいので買ってみました。

 

Googleで「カットソー レディース」とか「スタンドカラー ブラウス レディース」とかざっくり検索をかけると、オンラインショップが結構見つかるものなんですね。

 

今回は見たときがちょうどファイナルセール開催中だったので、ビームスで買ってみました。

 

f:id:cocco32:20180228130601j:plain

 

レーベルはB:MING by BEAMSです。

 

薄いグレーのカットソーです。

柔らか素材で丈短め。

首元は鎖骨が隠れるか隠れないかくらいで結構詰まっています。

 

ベーシックでシンプルな形。

なんですが、襟に技ありで、ちょっとドレープがつけられています。

 

 

f:id:cocco32:20180228130816j:plain

 

このドレープがいい仕事をしてくれていて、

あばらの浮いているデコルテをいい具合にカバーしてくれるという。

 

 

これまで細部を服でカバーするとか考えてこともなかったんですが、

 

襟元のフリルとかドレープとかはアリらしい。

 

個人的にはこれはすごい発見です。

(骨格タイプ・ウェーブのセオリー通りだけど)

 

組み合わせは普通に黒いパンツとかフレアスカートとかいける感じです。

ジャケットのインナーもアリ。

 

ウェーブで胸元がなんだか寂しくなる方は候補に入れてもよい形かもしれません。

 

記事を書いている時点では、まだ50%OFFで色違いが残っていたのでリンクしておきます。

(私は70%OFFでゲットしました)

 

(追記)リンク先がなくなったのでリンクを消しました。

 

 

 

素材、サイズ(着丈、肩幅、身幅)なんかはリンク先で確認してください。

あと、セール品なので返品不可です。

親子丼の素を作ってみた

突然親子丼が食べたくなって作りました。

鶏もも肉と玉ねぎ、卵。

1人分だとどう考えても余ります。

 

クックパッドで調べてみたら、冷凍できそうだったので、とりあえず卵を入れる前までの状態をたくさん作ってみました。

 

f:id:cocco32:20180226231532j:plain

 

  • 鶏もも肉 大きめ1枚
  • 玉ねぎ 1個
  • 関西風濃縮だしを薄めた液 300ミリリットル

フライパンに全部入れて煮立てて、適当に減らして卵投入。

 

 

 

f:id:cocco32:20180226231726j:plain

 

卵はぷつぷつと穴が開いてきた状態で、火を止めて余熱で火を通しました。

 

まあまあです。

 

【リンク】windows10のシステムファイルチェッカー、セーフモードの起動方法、mfgstat.zipって何?

なぜこんなの調べたかの話が長すぎてリンクが埋もれているので目次をつけておきます。

 

 

 

PCを新しくしたら、セキュリティソフトをどうするかいつも悩むんですが、とりあえずマカフィーの試用版が切れたタイミングでマカフィーはアンインストールして、アバストの無料版を入れてみました。

んで、ファイルチェックをしたら壊れているのでパフォーマンスを妨げているファイルが80個くらいありますという表示が出るではないですか。

 

無料版なので自分で削除してくれ、ということみたいなんですが、本当に削除してよいのか?

キングソフトのインターネットセキュリティでも、要らんファイルを削除しますと出たことがあったんですが、要らんファイルの容量が2ギガとかいくので、どう考えても必要なファイルを削除しようとしているとしか思えない。

アバストでもそういう可能性はあるんだろうか?と思って、検索をかけていたんですが、思ったように情報が上がってきません。

 

そういえば、エフセキュアも無料で手に入る環境にあったなと思いだして、アバストを消してエフセキュアを入れてみました。

んで、完全スキャンをしてみたら、やはり40個くらいスキャンできなかったファイルが出てきました。

 

エフセキュアの記録によると、以下のような状態みたいなので、セキュリティ関連は一応は大丈夫なのかな?

 

エラー情報
「ファイルを開けません」エラーが発生しました。
「ファイルを開けません」エラーが発生した場合、ファイルはスキャンされていません。 このエラー メッセージはセキュリティの脅威とは関係がない理由で発生することが多いため、通常は無視できます。以下はエラー メッセージが発生する一般的な例です。

ファイルがシステム ファイルの場合。システム ファイルはオペレーティング システムによって保護されていますので、メッセージを無視できます。
ファイルの読み取り権限がない場合。ファイルをスキャンするには、管理者など読み取り権限があるユーザでログインして、もう一度スキャンを実行します。
スキャン時にアプリケーションがファイルを使用していた場合。ファイルをスキャンするには、アプリケーションをすべて閉じて、もう一度スキャンを実行します。

 

と思うんですが、ファイルが壊れているかどうかまではわからないので、windows10のシステムファイルチェッカーなるものを使ってみました。

 

 windows10のシステムファイルチェッカー

使い方は以下のとおりです。

Windows 10 でシステム ファイル チェッカーを使う(windowsのサポートページに飛びます)

 

コマンドプロンプトはいちいち手で打つのが面倒だよね・・・・と思っていましたが、今回はコピペで行けました。

結果、「ファイルの不整合はありませんでした」というメッセージが出ました。

 

結局これは何をしてくれたの?というのがイマイチわかりませんでしたが、下記の記事を見てちょっとわかりました。

 

Windowsのシステム修復機能「sfc /scannow」を試してみよう - ぼくんちのTV 別館

 

要は、システムファイルのチェックと修復ですね。

エラーが出たのはzip主にmfgstat.zip内のファイルだったので、やっていることが違うような気も・・・・?(感覚ですが)

 

 windows10のセーフモードの起動

mfgstat.zipの検索結果の前に、セーフモードの起動の仕方を。

 

Windows 10 のセーフ モードで PC を起動する(Windowsのサポートページに飛びます)

 

mfgstat.zipって何?

エフセキュアの記録を見てみると、大半が圧縮ファイルで「mfgstat.zip内のなんたらというファイルが開けません」みたいな感じで出てるっぽいです。

 

mfgstat.zipって何?

 

qa.itmedia.co.jp

回答を見ていますと、

 

エクスプローラで見ても見つからないのであれば、隠しファイルになっているのかも。
MFGSTAT.zip というファイルはWindowsの初期状態では存在しないファイルですから、メーカが予め入れておいたファイルでははないかと思われます。
世界中であなたと同じような疑問を持っている方がいるようで、皆さん「Lenovo」の製品みたいです。元々McAfeeのセキュリティソフトをインストールできるようになってはいませんか?インストールしたらその圧縮ファイルは消えたそうです。

 

要はプリインストールされていた(そしてアンインストールした)マカフィーの残骸・・・・?

Lenovoユーザー(私もですが)で軒並み引っかかってくるのは、マカフィーがプリインストールされているからでは。

質問者の方はNECユーザーみたいなので、Lenovoではなくて、マカフィー由来っぽいですかね。

 

とりあえずは放っておいても大丈夫そうなので、放っておこうかと思います。

 

 

 

【本】骨格診断×パーソナルカラー 本当に似合う服に出会える魔法のルール

 ほんまに服の話ばっかりですみません。

 

本を買ってみました。

 

 

すっごく単純にいうと、似合う服を探すのに骨格と色を使えという話です。

 

骨格診断はここのところずっと書いているとおりで、

 

 

の3つのタイプに分けられます。

 

パーソナルカラーは

 

  • イエローベース: スプリング オータム
  • ブルーベース: サマー ウィンター

 

の4つに分けられます。

 

パーソナルカラーのほうが有名なんではないかと思います。

 

この本の構成は、

 

  • 骨格診断で3つの骨格タイプを出す → タイプごとに似合うファッション、柄・素材、小物・アクセサリ、骨格タイプごとのNG集&これでOK、アイテムリスト
  • パーソナルカラーで似合う色診断
  • 似合うアイテムの着回し集
  • 最高のクローゼットをつくる5つのレッスン:クローゼットの整理の仕方や買うときのポイントなど

 

という順番になっています。

 

この本がかなり良かったのはウェーブのコーディネートが甘すぎないことです。

わりとベーシックなアイテムが多かったです。

 

 

それから、各骨格タイプのモデルさんが、その骨格タイプに対応していると思われる点です。

普通にネットで見ていたら、ウェーブっぽい服をウェーブっぽいモデルさんが着ているわけじゃないので、モデルさんの体型に振り回されそうになることがあるんですよね。

 

 

 

それと、最後の章の「最高のクローゼットをつくる5つのレッスン」が良かったです。

うっすら分かっていそうな分かっていなさそうな点が分かりやすく書いてありました。

 

たとえば、市販の服は、自分の骨格タイプやパーソナルカラーに合わせて服を作っているわけではないので、

 

  • カラーOK 骨格OK
  • カラーNG 骨格OK
  • カラーOK 骨格NG
  • カラーNG 骨格NG

 

の4タイプが発生します。

最後のカラーも色もNGの場合は、これはもうどうしようもないので処分するしかありませんが、どちらかがNGの場合はどうにかして合わせる方法があるかもしれないしないかもしれない。

そこをチェックしていく必要があります。

 

それから、買い物するときに服のどこから見たらいいかとか、

試着したときにどこをチェックしたらいいかとか、

 

が分かりやすく書いてあります。

 

やっぱこのシワ駄目ですよね・・・・と思いながら多分着続けるんだろうなー。

 

 

着まわし術は基本12着+アウター3着+オプション6着のコーディネートです。

これだけそろえれば・・・・って結構多いね。

全部一気にっていうのは無理なので、どこから攻めていくかを考えたほうがいいかなと思いました。

 

まずは季節。

次は買い換えたいシチュエーション。仕事なのかプライベートなのかとか。

そんなの分けてないわ、と言われるかもしれませんが、「どこに着ていく服を改善したいのか」とか「だれ向けに改善したいのか」とか、そういうのが明確になると、服を選びやすくなるのかなと思いました。

 

まずはクローゼットの整理からがいいと思いますけど。

 

私の場合は、仕事に着ていける服が欲しいなと思っていろいろ見ています。

クローゼットを見たら、ヨレヨレだったり何か違うって思いながら無理矢理着るけどほとんど稼働していないとか、結構ありました。

それに、昨年夏の柔軟剤アレルギー騒ぎの負の遺産というか、あんなに頑張って洗濯したのに、まだ香りが残っている服があって、引き出しをひっくり返している間に呼吸困難になりかけたという。

香りが残っていたのは綿の服ばかりで、素材によって残り方が違ったりするのかも?と思うと、それらの服も処分することになり。

 

まともな春夏の服がなさすぎて、春から仕事に行けないじゃないか。

ということで、冬のセールのラストスパートで、ウィンター×ウェーブの服をゲットしたいと思います。

 

【追記】

アパレルメーカーのワールドのオンラインショップでウィンターセールが続いています。

カットソーやブラウス、夏にも着れるジャケットなども出ていました。

服のサイズ(最低限、肩幅と着丈)はチェックしてくださいね。

あらかじめ一番身に合う手持ちの服のサイズを測っておけば目安になります。

ワールドのセール会場はこちら

 

 

 

この本にはパーソナルカラー用の色のチップがついていて、せっかくだからウチにある服の色の映え方を見ようと思って、いろんな服を出してきていたんですけど、面白いことが分かりました。

 

私の手持ちの服がチェック柄ばかりというのもあるんですが、

 

  • 顔色がはっきり良く映るのはウィンターの色の服

 

しかし、

  • スプリングっぽい色でコントラストのはっきりした服
  • ウィンターっぽい色でコントラストのあまりはっきりしない服

 

だと、コントラストのはっきりした服のほうが、顔色が明るくなるらしい。

 

もしかしてスプリングだったりする?という気もしなくもないのですが、

一番色映りのよかったのが濃い紫で、一番似合わなかったのは黄色だったので、スプリングではない気がします。

 

これって何?と思っている間に、こんなものを発見。

 

aaa.ably.biz

濁りのない冴えた色で、ツヤのある色が似合います。ご自身自体も、お顔の色彩がはっきりしていて目立つはず。
色は派手なくらいでオーケーです。

ブルーベースやイエローベースを重視するよりも、清色で純色であることが重要です。

 

この色見本は、すっごいしっくり来るなー。

 

そういえば、簡易でパーソナルカラーを見ていただいたときに、ブルベとかイエベとか言われなくて、「はっきりしている色が似合うからウィンター」って言われた気がする。

 

 

 

 

もうちょっと調べてみました。

aura-beauty.jp

ブルーベースのビビッド+ダーク

似合う色:ブルーベースのビビッド+ダーク
普通の色:ブルーベースパステル/スモーキー/ イエローベースのパステル/ビビッド
似合わない色:イエローベースのナチュラル/ダーク
ブルーベースの中でも、濃い色、ダークな色、黒っぽい色が得意なタイプの人です。薄い色、曖昧な色が全体的に苦手でそういった色の場合、ボケて見える、印象が弱くなる、安っぽく見える等になることが多いタイプです。同じ△(普通)で書いてますが、多くの方はブルーベースのスモーキーよりも、イエローベースのビビッドの方が得意な方が多いです。
4シーズンですと冬ですが、一部パステル系は苦手なタイプです。

 

上に書いた、コントラストのはっきりしないウィンターよりもコントラストのはっきりしたスプリングのほうがよさそう、というのは、

 

同じ△(普通)で書いてますが、多くの方はブルーベースのスモーキーよりも、イエローベースのビビッドの方が得意な方が多いです。

 

ってやつですね。

 

なんか謎が解けた気がする。

 

 

 

 

あと、ずっと疑問なんですが、綿のカットソーで杢グレーってあるじゃないですか。

あれってパーソナルカラーでいえば何になるんやろうか。

あっ、そうか。調べればいいのか。

 

載ってました。

ameblo.jp

 

ネイビー と 杢ネイビー は

全然違う色になりますよ。

 

 

だそうです。

うーむ。

杢カラーはやめよう。

 

 

 

とかいろいろあるんですが、最後に。

ウチにある黄色で最も映える色だったのがこれでした。

今回の本だと「カナリーイエロー」に近いかなと思います。

 あっ、カナリアキイロイトリか。そういえば。

f:id:cocco32:20180226000249j:plain

  フードをかぶってみたら、いろんな意味でやばかった・・・

 

 

 

coccolifestyle.hatenadiary.jp