Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳 → 幹細胞みたいになってます。機能が分化した別館も併せてよろしくお願いします

泉精器製作所の毛玉取り器KC-NW77-Tを使ってみた

クレジットカードのポイントが貯まったので、アマゾンのギフトカードに交換してみました。

 

新しく服を買ってから気になっているのが、毛玉ができやすいことで、毛玉取り器が欲しいなーと思っていました。

 

毛玉取りブラシか電動か迷ったんですが、

 

買った服がアクリルとかレーヨン系+ポリエステルとかそんな感じのやつが多くて、

 

そういう素材は、毛玉が取れにくいんだそうです。

 

ってことは、毛玉取りブラシで取りきれるの?思い切ってカットしてしまえ!ってことで、電動のものを買ってみました。

 

 

IZUMI 毛玉とるとる 毛玉取り器 ブラウン KC-NW77-T

IZUMI 毛玉とるとる 毛玉取り器 ブラウン KC-NW77-T

 

 

池本刷子工業 ケント静電気除去洋服ブラシ KNC3422 

池本刷子工業 ケント静電気除去洋服ブラシ KNC3422 

 

 

何故か洋服ブラシまでリンクされていますが・・・・

 

アマゾンのギフト券、交換するのが多すぎました。

一部利用ができなくて、交換した分全部使わないとダメみたいなんですよねー。

おつりの出ないJCBギフトカードみたいなものかなと。

 

余った金額がもったいないので洋服ブラシも買いました。

モノ的にはいいので全然いいんですが、ポイントの取り回しとしては大失敗やわー。

 

計画としては、毛玉取りと洋服ブラシはアマゾンのギフト券と楽天のお買い物マラソンで貯めたポイントで1つずつ買うはずだったんですが。

 

話が逸れましたが、毛玉取り器の話です。

 

どれがいいのか検索をかけているときに、一番説得力があると感じた記事が、泉精器製作所のKC-NW74-Cという機種についてのものでした。

アマゾンのでレビューも多数なのでこれはいい!と思ったんですが、もうちょっと探してみると、めっちゃ似ている型番(今回買ったやつ)があったので、調べてみたら、後継機であんまり変わらなさそうだったので、新しい方にしてみました。

 

ちなみに、買った時点では、古い機種よりも新しい機種の方が1000円近く安いっていうことになってます。

 

買ってから最初にやったのは、説明書を読むことでした。

これ大事。

古い機種のレビューだったと思いますが、説明書を読まずに使ったら服が傷んだ的な投稿がありましたんで。

 

服のシワを伸ばして、毛玉取り器を浮かせ気味にゆっくり動かしていくのがいいようです。

あと、毛玉になりきっていない部分にはかけないでって書いてありました。

 

届いて早速3枚ほどやってみました。

 

  • 新しいセーター。ポシェットの紐と本体で擦れる部分に毛玉
  • 春夏ヘビロテのカットソー素材のカーディガン。全体にうっすら毛玉
  • 古着のフリースパーカー。裏面全体にコテコテの毛玉

 

 

新しいセーターは、取りたい毛玉も2,3個だったので、アタッチメントをつけたままホントに軽くあてて取りました。

毛玉が取れるときには、「ジョリ」みたいな音がします。

 

全体にうっすら毛玉のカットソーカーディガンは、アタッチメントをつけたまま、全体にガーッとかけていきました。

 

いちおうこんな感じ。

 

Before

f:id:cocco32:20181118201818j:plain

 

After

f:id:cocco32:20181118201849j:plain

 

ということで、ボコボコしたものたちは、かなりなくなります。

 

あれですね、全体的に毛玉ができている場合は、縫い目付近とか、裾とか襟ぐりとかもちゃんと取った方がいいですね。

身頃よりも案外端っこのほうが毛玉ができています。

 

それから、ある程度の毛玉を取った後にハンガーに吊るしたら、目立つ毛玉が見えてきたので、もう一度かけました。

 

フリースパーカーはこんな感じ。

アタッチメントを外してガーッとかけていきました。

 

左半分がAfter 右半分がBefore

f:id:cocco32:20181118202210j:plain

 

このパーカー、毛玉がコテコテになりすぎていて結構大変でしたので、あんまり違いが分からないかもですが・・・

上の方を比べていただけると分かりやすいかなと思います。

 

 ということで、毛玉取り器、かなり使えることが分かりました。

 

気づいた点としては、

 

  • 毛玉の出来具合によってアタッチメントや「ケアモード」「ノーマルモード」を使い分けるとよい
  • 全体的に毛玉が沢山出来ている場合は、何度もゴミ捨てをしたり、刃に詰まった毛玉を取ったりする必要あり。なので、付属のブラシとゴミ箱、できればゴミ捨て時に本体についたホコリを拭く何かを用意しておくとよい
  • 毛玉がつく前に洋服ブラシをかけるのがよいというのは本当だと思う。今まで1000円くらいの洋服ブラシを使っていて、今回KENTのを使ってみましたが、毛玉予備軍が減りましたし。あれ、もしかして毛玉取り器いらなかった?って思うくらい

 

あたりでしょうか。

 

 

 

 

 

 

マグノリアのアブソリュート

サンダルウッドの精油といっしょにマグノリアのアブソリュートも一緒に買ってみました。


マグノリアは、20代のころに初めて自由が丘に遊びに行ったときに立ち寄ったお店で買ったシャワージェルの香りで、パウダリーな甘さがとても好きでした。

ただし、今となっては、天然香料が使われていたのか合成香料なのかは分かりません。

値段からすると合成香料なんじゃないかという気もします。

 


マグノリア、そんなに出回っていないので、ちょっと気になっていたので購入してみましたが、あとで検索をかけるといろんな種類があるらしく、私が入手したのはギンコウボクではないかと思います。


蓋を開けてみると、トロピカルな甘さのある花の香りですが、ジャスミンやイランイランほど湿度が高くはない印象の香りです。

20代の頃に使ったシャワージェルとはまたちょっと違った感じではあるのですが、甘みのあるフルーツか、フルーティーな花の香りが好きなので、ドストライクな香りだなーと思います。

 

水に溶かしてみると、フルーティーな印象が消えてグリーンノートっぽい感じになりました。

 

マグノリア magnolia 香料 - パルファン サトリの香り紀行

 

しかし、マグノリアフラワーオイルはもっと甘く、ブチブチと熟れて発酵したベリーのような香りがする。成分のmethyl 2-methyl butyrate、ブチレートは腐りかけの果実の匂いだ。

 

トップノートが終わるとすぐにセージのようなハーバルな香りが強くなり、この二つの取り合わせが妙な感じだ。また、caryophylleneの渋い枯れたウッディな匂いがする。

 

そうです!まさにこんな感じ。

すごーい。

 

 

ちょっと不思議な感じのする変化なんですが、これはこれでいいのかも。

 

香りは消えるのがいいと感じていて、ほんのちょっと甘い花の香りがするのがいいのかもしれないなーと。

 

 けど、サンダルウッドと組み合わせてみたら花の香りが残るのかなーというのも思いました。

サンダルウッドは保留剤として使われるので。

 

スキンケア&アロマのパーフェクトポーション

 

 香水作りにおいてサンダルウッドが重宝されるのはセスキテルペンアルコール類、α-サンタロールとβ-サンタロールといった、保留剤の役割を果たす成分を含んでいるからです。
 ほとんどのインドのアッター(香油)はサンダルウッドオイルをベースにしていますが、それは空気のように軽いハーブや花の香りをしっかりと吸収する性質を持つからです。

 

 

ということは、セスキテルペンアルコール類が含まれている精油は保留剤の役割を果たすということなのだろうか。

 

と思って『アロマテラピーを学ぶためのやさしい精油化学』を見てみました。

この本はアロマテラピーの本なので、保留剤の話はありませんが、セスキテルペノールの項があります。

植物はそれぞれ特有のセスキテルペノールを作るそうです。

サンダルウッドの中に含まれるのはサンタノールで、パチュリの中に含まれるのはパチュロールという具合にです(p.42)。

 

そのほかにセスキテルペノールを豊富に含む精油として挙げられているのがシダーウッドバージニアセドロール)、ベチバー(ベチベロール)です。

 

『スピリットとアロマテラピー』を見てみると、パチュリ、ベチバーも保留剤として使われるそうです。

検索をかけてみると、シダーウッドバージニアも保留剤として使われるという記述が見られました。

 

 

「保留剤 精油」で検索をかけてみると、フランキンセンス、ベンゾインなども挙げられていて、ベースノートと重複するような。

 

保留剤(ほりゅうざい)とは - コトバンク

 

精油および香料は一般に揮発性が高いので、調合した直後は芳香を放っていても、日時の経過とともに揮発性の強い成分は揮発して逃げ去り、香調が大きく変化することがある。このような現象を防ぐために揮発保留剤(単に保留剤、保香剤ともいう)を用いる。揮発保留剤として一般に使用されているものはじゃ香、霊猫(れいびょう)香、竜涎(りゅうぜん)香などの動物性保留剤、シダーウッド油、ベチバ油などの植物性保留剤、およびバニリンクマリンなどの人造保留剤の3種に大別される。これらは分子量が比較的大きく、揮発性に乏しいので保留剤として適している。植物性のオレオレジン、バルサム、レジノイドがしばしば用いられるのはこのような理由による。また、保留剤として使用されるもののうちで調和剤(各種成分の香気の調和を目的としたもの)、変調剤(香気の調子に変化を与えるもの)の効果を示すものはなおさら好適な保留剤である。[佐藤菊正]

 

バニリンもOKってことは、バニラエッセンスを混ぜても保留剤になるってことですね。

 

バニリンはイソ吉草酸とブレンドされるとチョコレートみたいな香りになるっていう話があるんですが、好みの精油といっしょにティッシュに浸み込ませてタンスの靴下の段に入れておくと、ニオイのマスキングに加えて自分の好きな香りにできるとかあるんですかね。

 

 マグノリアの甘さとバニリンの甘さは合う気がするんだけど。

 

 

サンダルウッドとウィンターグリーンのエプソムソルト風呂がヤバい件

先週くらいからダルダルで、もしかしたら更年期かもしれんもうあかんみたいに思ったんですが、風邪だったみたいです。

 

お腹 → 頭痛 → お腹に身体の痛みみたいな感じで途中で気づきました。

っていうか、最初から気づけよって感じなんですけど。

 

春から夏もめっちゃ風邪を引いたんですが、あからさまにまずいやつっていう症状だったので、おとなしく医者に行きました。

今回はただの風邪?どこの科に行くか(近所には胃腸科と耳鼻科があって、耳鼻科完全に違うし胃腸科と書いてあるところに行くほどでもない気がする)迷ったんですが、検索をかけると、全然違う地域のお医者さんが「風邪くらいで医者にかからないでください」的なことを書いてあるところばかり引っ掛かってくるので行くのをやめました。

 

その代わり開店休業状態でできる限り仕事は先送りで身体を休めつつ、この土日にやらなあかんことがてんこ盛りやわと思いつつ、これまたブログを書くなよって感じなんですが。

 

ということで、ゆるゆるまったりと風邪と付き合っているときに、たまたまお風呂にサンダルウッドの精油を入れてみたくなりました。

ほんまになんでかよく分からないんですけど。

 

エプソムソルトの上にサンダルウッドを1,2滴たらしたら、これまたなんかよく分からないんですけどウィンターグリーンが合うかも?と思って一緒に入れてみたら当たりでした。

 

なんかよく分からんけどこれがまたそのときの状態にぴったりで、治りかけなんだけどなんか身体がしっくりこなくてこわばっている感じが取れました。

 

そこから2,3回続けて入りましたが、3回目くらいですっきりです。

 

あとで調べてみると『スピリットとアロマテラピー』によるとサンダルウッドは冷やす方で消炎作用があるとのことで、ウィンターグリーンも湿布やアスピリンと同じ成分なので消炎鎮痛ですよね。

(なので、ウィンターグリーンはアスピリンアレルギーがあったり湿布かぶれを起こしたりする人は注意が必要だそうです)

 

そりゃーぴったりだわ、すごいわー自分の勘みたいな自画自賛ですが、ここまで来るともはや湯治レベルです。

エプソムソルトもダイエットでよく取り上げられますが、めっちゃ温まるので普通に入浴剤としていいと思います。

 

『スピリットとアロマテラピー』で興味深いと思ったのが、サンダルウッドは呼吸器系の炎症と痰に効果的だという点と、精神面での作用です。

 

精神面に関しては、こんな記述があって、

 

より崇高な意識を導くサンダルウッド油の働きは逆説的です。世俗の超越ではなく、自分の本質に立ち戻り、実感のある人生に瞬時にして気づくことが意識を高めるからです。そのため、これは妄想的な不安や世俗的な執着心の解消に役立ちます。特定の目標に到達する努力が行き過ぎるとき、現実を受け入れるよう再度促します。その理由が保証を神経的に求めるときには特に有効です。

 

 

 サンダルウッド & ウィンターグリーン風呂に入って寝て何度か夢を見たんですが、まさにこんな感じでした。

 

私は今まで自分ではない何者かになろうとする努力を重ねてきたのではないかと思いました。

「今やっていることは何年かしたらダメになるから次のことを見つけなくてはいけない」的なよく分からない不安もあることにも気づきました。

 

しかし、何年かしたら・・・というのは妄想にすぎず、20年前にやっていたことがダメになっていることはなくて形を変えて今も続いているし、形が変わったのはダメになったからだけではなくて、経験の中での必然なのである、ということなんだなと。

 

20年前のことが今も続いていることに関しては、なんとなく残念感みたいなものもあったりしましたが、それも消えました。

 

私は今住んでいるところに住んでいていいし、今やっている仕事を続けてもいい。

 

世間に振り回される必要はないし、世間から隔絶するために世捨て人になる必要もない。

 

 世間ばかり見ているのも、四六時中次の準備をしているのも、力が分散するので無駄が出るから、今に集中した方がいいよねっていうのも思う。

 

サンダルウッド、今までピンと来ていなかったんですが、かなり面白いのかも。

アーユルヴェーダのサンダルウッド入りのマッサージオイルはよく使いますが、それとも違うんだな。

多分抽出されている成分が違うからなんでしょうけれども。

 

サンダルウッド、高級精油でほんのちょっとしか持っていないので、お風呂に入れていたらすぐなくなるわ、と思って、思い切って買い足しました。

 

以前ローズ精油を格安大量ゲットしたところでサンダルウッドが出ていたのでこちらもゲットしてみましたが、おそらくは生産国の管理と流通の関係で、ローズよりもこちらの方が全然単価が高いです。

(とはいえ、普通に買うことを考えたらびっくりするくらい安い)

 

ローズとサンダルウッドを混ぜたらどんなことになるのかなー、すごく楽しみ。

 

 

 

気の固摂作用と脂肪

突然オレンジの精油が欲しくなったんですが、なんでかなーと思っていました。

 

そんなときに見つけた記事です。

 

trilltrill.jp

 

たるんだ皮膚を調べると、「リンパ管が異常に拡張し、老廃物が漏れ出している」ことが分かったそうです。

そして、老廃物の中の脂肪酸(要は油脂っぽい成分)が皮下脂肪に取り込まれ、脂肪が増え、それがたるみにつながっているそうです。

 

この箇所を読んで、これってもしかして、中国医学でいう気の固摂作用がうまく行っていないってことなんではないかと思いました。

 

気の固摂作用というのは、たとえば、血液を血管の中に留めておくとか、そういう作用を担います。

固摂作用が弱くなると、リンパ管からリンパ液が漏れやすくなるとかそういうことも起こりそうだなと思いました。

 

中肉中背になったのはいいんですが、最近、むくみが気になったり脂肪がつきやすくなったり、というのはあって、それってもしかして、リンパ管から老廃物が漏れやすくなっているとか、そういうのがあったりするのかなと思ったりしました。

 

 

まあ、分かりませんのですけど。

しかし、もしそうだとすると、私の場合はどちらかというとジュクジュク系の不調が多いので、それも一緒に治りそうな気がするのでちょっとやってみようかな。

 

リンパの場合は、津液も合わせてって感じですね。

 

『スピリットとアロマテラピー』によると、オレンジの精油は「木」で気の閉塞を取り除き循環させるそうです。

消化器系と連動した頭痛にもよさそうな気がするので結構いいかも。

【骨格診断ウェーブ】冬の防寒インナー & 小粒のペンダント

何度も書いているんですが、Vネックセーターの下にクルーネックのTシャツを着るとおっさんくさくなることが判明したので、今年の冬は、襟の広いインナーを着ようと思っています。

 

それと秋冬のスカートを買ったので、インナーも見直し。

服を変えると全部変えることになりますねー。

大変だ。

 

 

まずは、襟の広いインナー。

 

 

10月に買ってかなり良かったので買い足しました。

こちらは防寒仕様ではないと思いますが、通常の気温であれば、12月ごろまではこの手の素材で余裕でいけるはずと思っています。

 

それから、ついでにタイツも買いました。

 

 

薄さが違うセットなんですが、80デニールと110デニールは吸湿発熱素材でした。

 

 タイツはもうちょっと買い足した方がいいかもしれないですが、とりあえず、年内はこれでいけるのかも。

 

気になっているのは、GUのあったかインナーとチュチュアンナの分厚いタイツです。

 

www.gu-japan.com

ワイドネックがあるので、今年が寒そうなら買い足すかも。

今年はどうなんだろう?

 

 

www.tutuanna.jp

カテゴリをまとめて貼ってみました。

ここからいろいろ飛べると思います。

 

 

 

おまけ。

Vネック下のクルーネックTシャツ禁止により、小さなネックレスを買ってみました。

 

f:id:cocco32:20181109170442j:plain

 

パワーストーンのビーズを買ったお店で見つけて、キュービックジルコニアのペンダントトップが7,8ミリの小さなもので、チェーンは別売りで38センチです。

鎖骨下に来るようにしようと思ったら、個人的には40センチ前後がいいかなと。

ペンダントトップもチェーンも地金がシルバー925の18金メッキで数百円でした。

金メッキは取れやすいらしいので、丁寧に扱いつつ、はげてきたらシルバーに買い替えるかもしれません。

 

この間チェーンの汚れを取ったシルバーのやつもペンダントトップが8ミリくらいでい小さいです。

 

f:id:cocco32:20181109171009j:plain

 

 鎖骨が見えるくらいのあき具合だと、これくらいの小さめペンダントがあると便利。

 

手持ちの本には、ウェーブ体型のアクセサリは、華奢で半貴石がついたキラッと光るやつがいいです、と書いてあったりします。

 

大ぶりのアクセサリが好きだったので、この手の小粒のやつは持っていなかったんですが、つけてみると確かにハマりますね。

いいです。

 

小さめのパールとかもよくて、長さは35~80センチくらいがいいらしいです。

ストレート体型やナチュラル体型の方は、もうちょっと長めのもの(55~110センチ)がいいらしいですが、ウェーブ体型の場合は、寂しくなりがちな胸元をコンパクトにかさ上げする感じのものがよさそうですね。

 

クルーネックとかボートネックだと、長めのやつでもいけそう。

石のビーズを見ていて、2ミリとかそんなちっさいやつどうやって使うんやろーと思ってたんですが、長めのネックレスみたいにつなげてみるのもアリかなー。

人工のキャッツアイとか、安めの石でやってみようかな。

【骨格診断ウェーブ】Aラインのレーススカートを買ってみた

今年に入って、外に出るときはスカートが増えました。

秋冬は昨シーズンのままでズボンが多くなるかなーと思っていたら、手持ちのズボンもしょぼかったりしたので、思い切って秋冬スカートも買い足し中です。

 

10月の楽天お買い物マラソンで狙っていたニットスカートがあったんですが、10月は10月で他にもいろいろ買ったので、ちょっと無理かあ・・・・まだシーズンちゃうしなーと思ってあきらめたんですが、

 

11月のお買い物マラソンのときに、そのお店が、開始2時間限定で1万円以上の買い物で50%オフになっているではないですか。

 

ってことで、狙っていたスカートに付け足して、レーススカートも買ってみました。

 

item.rakuten.co.jp

f:id:cocco32:20181109160859j:plain

 

ミモレ丈で裏地がひざ下ちょうどくらいに来ます。

そして、ウエストゴムです!ここ大事!

 

あと、秋冬物としてとてもうれしいのが、裏地がニット素材だったことで、わりと厚めの生地であたたかそうです。

 

 

レーススカートはほぼ定番化したかも?という感じなので、1枚欲しかったんですが、

 

ユニクロでよく見かけるのはタイトスカートだったので躊躇していました。

タイトスカート、あんまり好きじゃないんです。

基本スニーカーで歩幅が結構大きいので動きが制限されるっていうか。

ウェーブ体型となんの関係もないやんって感じの理由ですが。

 

 

あ、でも、一応ウェーブに似合うスカートを、手持ちの本から見てみると、

 

ウェーブの場合、スカートの形はだいたいなんでも大丈夫なんですが、唯一△印がついているのが、ストレート型で「うす手の素材はOK」という注釈がついています。

 

なので、レーススカートだったら、長さに気をつければどんな形でもOKかもしれないですね。

 

ウェーブの場合、長さは膝下くらいがいいみたいですが(もも丈も◎がついていますが、年齢的に却下)、ミモレ丈はデザインを選ぶかもしれないと感じています。

 

レース素材だったら、レース部分がミモレ丈でも裏地が少し短めで、印象は若干短めになるかもしれないのでちょうどいいかもしれないなーと思ったりします。

 

 

ユニクロとGUのレーススカート比較を出してくれている記事があって、すごく分かりやすいです。

 

roofa.me

記事がアップされた日時が書いていなくて、同じレーススカートでも、微妙にデザインが変更されたりすることはあるんだと思いますが、記事に紹介されていたデザインだと、ユニクロでもGUでも、ウェーブ体型がきれいに着こなせそうな気がします。

 

ただ、個人的には、ユニクロのスカート丈がもうちょっと長めだといいなーと感じるのと、GUはストレートすぎて中肉中背に落ち着いた今となっては、サイズが合うかどうかが心配。

 

ユニクロ公式ショップ。

 

www.uniqlo.com

後ろジッパーですが、ウエストは総ゴム入り(調節不可)となっていますね。

スカート丈はXS、S、Mが60センチ、Lより大きいサイズが62センチです。

ちょうどひざ下くらいに来るかな。

なので、バランス的にはいいんだと思うんですが、個人的には65センチくらいは欲しいかも。

 

GU公式ショップ。

 

レースタイトスカート

https://www.uniqlo.com/jp/gu/item/306212?gclid=Cj0KCQiA2o_fBRC8ARIsAIOyQ-ntKrJu6N7M2wsixu1Xq-EWy1G4KTRDT2_uO0cIfQGf_PygmQYh6U4aAn3yEALw_wcB

後ろジッパーでスカート丈は63~67センチ(サイズによる)です。

長さはいいかも。

素材は薄めな気がしますね。

レビューが詳しく上がっているので、サイズを選ぶときの参考になります。

 

 

レースフレアスカートもありました。

https://www.uniqlo.com/jp/gu/item/306332-62

Mのみになっているのと、こちらも薄めの生地っぽいですね。

 

レーススカートだけでなくて、最近のボトムスは薄手のものが多い気がするんですが、インナーで調整してねってことなんですかね。

 

そういえば、ズボンも最近薄手のものが多い気がするんですが、今年の1月は寒かったので、ヒートテックレギンスを履いていたことを思い出しました。

 

冬場もスカートを履くようになったら、分厚い発熱タイツなんかも必要かもと思いました。

 

 

婚活体験記事で家事のスペック確認の話が出てこないのはどういう訳なのか

比較的よく覗くサイトに「Suits-Women」と「OTONA SALONE」があるんですが、30代、40代の女性をターゲットにしていると思われ、婚活体験記事の連載もいくつか載せられています。

 

私が好きなのは、

 

Nobbyさんのマンガ。

otonasalone.jp

 

婚活記事ではないですが、

 

浮気事件簿。

suits-woman.jp

 

下北沢のバーに生息する人々の生態。

suits-woman.jp

です。

 

どの連載も、男女の出会いや生活が書かれていますが、表の顔がはがれたときにどういう姿が出てくるのか?が面白いです。

下世話な趣味かもしれませんが、人間ってそういうところあるよねーみたいな感じがかなり好き。

 

結婚は生活で表の顔がはがれまくりの状態で一緒にいるわけなので、その人の奥の顔とか、生活臭とかが自分に合うのかどうかは結婚前に嗅ぎ分けたいところです。

付き合っているだけだと分からないことも沢山あるけど、それでも嗅ぎ分けられるところは嗅ぎ分けできるんじゃないかと。

 

おそらく、お付き合いするとか結婚するとかいうときに確認した方がいい側面がいくつかあって、

 

一番重要なのが、現時点でお互いに「相手はいない」点だろうと思います。この点は、アルテイシアさんも再三書いていますが、プライベートで会う最初の段階で、あるいはその前の段階でさらっと聞いておくことだろうと思います。

上にリンクした「浮気事件簿」なんか読んでますと、途中で変更っていうのも当然あり得るし、世の中には二重生活を送っている人もいる可能性があるんだとも感じますので、相手はいないということを言語的に確認したからといって、万全ではないと思うんですが、でも最初にさらっとやっておくべきことなんだろうなーと思います。

 

で、一応続けて会ってみるかという段階になってから見ていく側面が出てくるわけですが、

 

  • 会話の印象
  • 職業と経済状況
  • 離婚歴
  • 文化的嗜好と相性
  • 生理的嗜好と相性
  • 生活リズムとスペック

 

あたりの確認は必須なんではないかと。

 

会話の印象と職業・経済状況、離婚歴、あと文化的嗜好くらいまでは婚活体験記事に出てきますが、それよりも生理的嗜好や生活リズムみたいなのが結婚生活では大事なのではないかと。

 

もちろん、生理的嗜好や生活リズムみたいなものは、実際に生活してみないと分からない部分も多いわけですが、

 

家事をどのくらいやるかとか、そういうのって相手に聞けば出てきませんか?

 

と思うんだけど、そういう話ってあんまり出てこないのはどうしてなのかなーというのをうっすら感じていることに気づきました。

 

 

家事って、そんなにすごいことをやらなくてもいいんだけど、むしろ、最低限度がどのくらいなのかがある程度は合っていた方がいいのではないかと思います。

 

私自身の結婚生活は、破壊的な側面しか書いてこなかった気がしますが、破壊的側面が徐々に顕在化し始めながらも数年間やってこれたのは、生理的嗜好や相性、生活リズムみたいなのがある程度はマッチしていたからではないかと思います。

(途中でどういうわけか生理的嗜好や生活リズムみたいなのが合わなくなってきたので、途中リタイヤしたという側面もあるんじゃないかというのも思っています)

 

私自身が婚活をしていたときは、結婚した相手がわりと早期に「週末は洗濯してます」みたいなことを言って来たのもありますが、生活の仕方なんかは割と似ているなーというのを感じたので、結婚したっていうのはあります。

 

それに、私自身、結婚しても働き続けるつもりだったので、というか、結婚したら仕事をやめるという視点は思いつかなかったので、「相手は当然家事を分担するよね!」って思っていたし、分担できるだけのなにがしかを持っている人を、意識しない間に探していたっていうのはあるんじゃないかと思います。

 

結果的には、結婚した相手は、ご飯づくりと洗濯はひととおりできて、洗濯物をたたむのとかは超適当でいいし、掃除は私しかやらなかったですが、少々汚れていても気にしない人だったので、自分のペースでやっていました。

なので、今思うとずいぶん気楽な生活を送っていたんだなと思います。

 

私自身も、家事は一通りはできますが、そんなに丁寧ではないし、手を抜くところはめっちゃ手を抜くし、体調不良のときは一切やらなかったりするので、かなりムラはあります。

 

ちなみに、ご飯づくりはここのブログの皆様と似たり寄ったりではないかと思います。

 

tsukurioki.hatenablog.com

 

つまり、「一人暮らしをする男性」だけじゃなくて「一人暮らしをする女性」もこんな感じだったりするわけですし、私が結婚していた時は、「一人暮らしをする男性」と「一人暮らしをする女性」が一緒に暮らしたので、相変わらずこんな感じでした。

私が作る場合は、もっと肉が少なくて、割合的には多分3分の1くらいにはなっているんじゃないかと思いますが。

 

っていう生活臭あふれる部分て、わりと早いうちに出しておいた方が、後々やりやすいんじゃないかという気はするんだけど。

 

たとえば、大学の同級生で付き合って20代半ばで結婚したっていう場合は、生活のあり方を作るところから一緒にやってきていて、しかも20代だとまだ柔軟なのでどうにでもなる面がありますが、

 

30歳も半ばを過ぎると生活リズムや金銭感覚なんかは固定してくるので、相手が飛躍的に変わるということはあり得ないと思った方がいいと思います。

なので、「自分がどのような結婚生活を望むのか」というのを実際の生活形態から割り出して、そこにハマってくれる人かどうかをシミュレーションするとか、逆に、相手の生活形態に自分がハマるのか、みたいなところも想像してみる必要があるんじゃないかと。

 

一人だと、「やらない時はやらない」って割り切ることができますが、二人になると、そうはいかないところも出てきますからね。

ストレスがあまり高くない範囲で、最低限度を割り込んだところをお互いに埋められるかどうかとか。

 

普段は夕食をかわりばんごで作っていたとしても、どちらも仕事が込み合っているとか、体調不良とかで作れない時もあるわけで。

 

そういうときにどうするか。

 

私が結婚していた時は、周りのアドバイスもあって、お互いがOKを出せるお総菜のお店をいくつか作っていました。

付き合っていた時に、カジュアルなお店で食べていたので、普段の食事も想像がつきやすかったというのはあったと思います。

 

斗比主閲子さんの最近の記事ですが、

 

topisyu.hatenablog.com

 

すっごいおいしそうやなー!と思いつつ、朝食は相変わらずグラノーラで、なぜか夕食用にハンバーグを作ったり、そろそろおでんでも作ってみるかーみたいな別のところで何かが起こっていますが、

 

斗比主閲子さんお手製の朝食は、普段は卵料理とヨーグルトが選択制ですが、朝に余裕がないことが事前に分かっているときはゆで卵を用意しておくんだそうで、そういうライフハックみたいなものも、ひとりじゃなくなったときには必要になってきますよね。

 

 

 っていうのは、多分、こぎれいなイタリアンとかでずっと食事をしていても分からなくて、普段の生活に近いようなお店でごはんを食べてみるとか、普段の生活と忙しい時の生活を聞いてみるとか、そういうことからしか分からないんじゃないかなって気はします。

 

そうなると、人に聞く前に、自分自身の生活状況を棚卸する必要があって、自分の生活のツボが分かっていれば、相手がどういう人がハマりそうなのかが分かるんじゃないかと思います。

 

 

婚活コンサルタント(という肩書でいいんでしょうか?)の菊乃さんのブログが、ほぼ生活全般アドバイザーなのでは?と思われる内容になっているんですが、

 

ameblo.jp

これって結局は、「結婚生活の定型」がなくなりつつある現在において、自分の生活を客観視しつつ、共同生活の最低限度まで自分の生活形態を引き上げていく必要がある人がそこそこ数いらっしゃるってことなんじゃないかと感じました。

 

 自分自身の経済と生活の自立ができて初めて、通常の結婚相談所の流れに乗れるってことですね。

 

ただし、経済と生活の自立=昭和時代のテンプレに従うことではないし、

 

逆に、みんながみんな女性が稼いで男性が家で家事をする的なところを目指すわけでもなく、

 

ふたりで生活の最低限度になるまでいろんなものを出し合って形を作っていく、というのことになるのかなという気がします。