Cocco Lifestyle blog

日々の「実験」について書いてます。壮大な自由研究帳になりつつあります

怠惰と暴力

ここのところ、原理みたいなものを知りたいという欲求がすごく少なくなりました。

とはいえ、何か引っかかってきたものがあったときに「ピコン」と動くことも少なくありません。

 

 

アニーシャ村上さんのブログですが、

 

Evilはびこる現代に、、邪悪に染まらないためのコツ。 part.1sizensozai.wordpress.com

Evilはびこる現代に、、邪悪に染まらないためのコツ。 part.2sizensozai.wordpress.com

 

Evilというタイトルがいまいちピンと来なくて読んでいなかったんですが、読んでみたらなにやら腑に落ちたものがありました。

 

アーユルヴェーダでよく出てくる3つの質を無理矢理まとめてみると、

 

  • サットヴァ 知恵v.s頭でっかち
  • ラジャス 喜びと野心v.s暴力
  • タマス 休息v.s怠惰

 

という感じでしょうか。

「v.s」はエリクソンの「対」の概念を意識してみました。

違うのは、エリクソンの心理社会的危機は非可逆性を仮定しているのに対し、アーユルヴェーダでは可逆性を仮定しているところかなと。

 

人それぞれ3つの質のバランスが違っていて、なおかつ、日々の生活の中であちらに転げこちらに転げという感じで揺らぎながら生活しているイメージですが、

 

タマスについては邪気=溜まりやすく溜まるとやっかいなものという位置づけのようです。

 

休息というのは万人に必要なものでありながら、だらりと動かずにずっと居たならば、それはそれで自分の中に要らないものが溜まりやすくなる。

おそらくタマスが溜まりすぎると自分自身の動きが鈍くなるために、溜まれば溜まるほど、そこから抜け出すことが容易ではなくなるだろう、という気がします。この、怠惰から自力では抜け出せなくなった抜け出せなくなった状態というのは、自分と周囲のどちらも蝕む気がします(そこまで書いてありませんが、タマスにつてはパート3でまた取り上げられるとのことです)。

 

怠惰から抜け出したい。

そのときによくあるのが、抜け出したいと焦って行動すること。

焦って行動するというのは、ラジャスのあまりよくない側面だったりしないだろうか。

 

動かなくて何か不都合が起こる。

不都合が起こって初めて焦って動く。

そういう状態って、タマスもラジャスも結構沢山な状態だったりしないだろうか。

 

怠惰な組織は同時に暴力的でもある。

そしてまともな考えにたどり着くことができない。

そういう印象があるのですが、3つの質で考えると分かりやすいなーと思ったりしました。

 

麹の世界と人間の世界 & 冷凍庫選び

冷凍庫が欲しい。

という気持ちがさらに高まってきました。

 

コストコに行っていなかった数ヶ月で冷凍庫に入れておきたいものが増えたし、近所の激安スーパーでキャベツ1個98円のときとかにざく切り冷凍とかしたいんですが、コストコの肉を買って来たら冷蔵冷凍庫の冷凍スペースには入りきらないではないですか。

ちなみに、キャベツ1個をざく切りにすると、ジップロックみたいなストックバッグのLサイズがパンパンになります。

 

冷凍庫を設置するまでには、

 

  • 電気を30アンペアに変える
  • イスをひとつ粗大ごみに出す

ことが必要だったのでめんどくさがってやっていなかったんですが、この間発作的に電話かけて手続きしてしまいました。

 

ということで、いつ買うか、どの製品を買うかが具体化しつつあるのですが、

 

今のところ製品はこれかなと。

 

item.rakuten.co.jp

86リットルの霜取り手動です。

霜取り手動はちょっとなーと思っていたんですが、ファン式とか霜取りしなくていいやつは、電気代が倍近くかかるらしいです。

冷やすだけじゃなくてファンを回すとかそういうのにも電気が要るからってことみたいなんですけど。

 

それなら霜取り手動?

レビューを見ていたら、いろいろコツが載っていたので、半年に1回くらいだったらなんとかなるのかな?というか半年に1回でいいのかナゾですが。

 

 

コストコに行っていない間に増えた冷凍庫に入れておきたいものには、米麹もあります。

今の家だと町田の富澤商店で生麹1キロ買えるじゃないですか。

そういうことならわざわざネットでまとめ買いしなくていいし。

けど、米麹1キロも結構場所を取るので、やはり冷凍庫増設かと。

 

甘酒は相変わらず作っていますが、甘酒を作っているというよりは、麹菌を育てているような気分になっています。

こちらが変えられるのは温度と時間くらいなんですけど、この単純な要因だけで生育状況が全然違うんですよね。

当然米麹から作りたくなっていますが、もうちょっと甘酒作りで麹菌の振る舞いを観察してからのほうがいい気がしています。

 

 

 麹菌の世界は感情が入り込まないのでいいですね。

ちょっと牧歌的な世界な気がしてまったりできます。

 

感情は人間の人間たる所以だろうとは思いますが、感情が絡みすぎると面倒になってくるのも確かにあります。

 

はてなブログのトップページで、ブログで書いていたことと実際に想定される時系列が違いそうだという方のことが載っていたんですが、ここらへんは、話題に上がっている方と書いている方の思惑=感情が絡んでいて、ちょっと興味深いことになっています。

そういうのは、ちょろっと見て終わりがいいですね。

 

何か言ったときに揉めるのは、言った言葉ではなくて言ったときの感情に注意が向きやすいような状況なり物言いなりになっているからなんだなーと最近感じています。

こちらがフラットだと、言葉を聞いていくれるんだなーと。

 

 

 

アイハーブでクレイパウダーをバカ買い、で実験モード

アイハーブで買ったクレイパウダーがだいぶなくなってきたので買い足しました。

 

いや?

買い足したというのが正しい量なのか?

というのが不明なんですが。

 

今回気になったのがこちらの2点です。

 

f:id:cocco32:20171018141853j:plain

 

左はインディアン・ヒーリング・クレイ(カルシウムベントナイト)908グラム

右はフラーズアース1ポンド

 

要はクレイパウダーを3ポンド買っちゃったってことなんですけど。

 

前に買ったRainbowは225グラムで2ヶ月分だなーと思って、この量だと1年分だなと思ったんですけど、そう簡単に行かないかもです。

 

まずはインディアン・ヒーリング・クレイから。

中身はこんな感じ。

 

f:id:cocco32:20171018142451j:plain

グリーンクレイと見た気がしたんですが、あんまり緑っぽくないです。

アイハーブの説明では、アップルサイダー酢か水で溶かしてくださいと書いてあります。

 

とりあえずクエン酸を入れて水に溶かしてみました。

しゅわしゅわと泡が立つので、アルカリ性の何かとクエン酸が反応しているのかも?

と思いました。

 

んで、2,3時間たった頃の姿。

f:id:cocco32:20171018142914j:plain

 

お、なんか穴が開いています。

クレイを水に溶かしてこんな穴がボコボコあいたのは初めてです。

もしかしたら泡がなんかそういうことになったのかも。

 

この時点で水を全部吸っているようだったので、どこらへんまで吸ってくれるんだろうかと思い、少し水を足してまた置いてみました。

 

f:id:cocco32:20171018143545j:plain

 

斜めにしても垂れてこない状態です。

まだいけそうなんですが、クレイと水の量を測っていないので、あんまり面白くないです。

次は測ってみたいと思います。

 

次はフラーズアース。

 

f:id:cocco32:20171018143858j:plain

 

インディアン・ヒーリング・クレイより粉が細かそう。

 

こちらは普通に溶かしてみましたが、とろみのある化粧水みたいなテクスチャになりました。

が、これもパウダーと水の量を測っていないので、あんまり面白くないです。

 

ちなみに、クレイパウダーは水を入れて数時間から半日くらいはおいたほうが、ぽわぽわのものができるような気がします。

 

 

今回買ったクレイパウダーが1300グラムくらいで2300円くらいでした。

 

なので、100グラムあたり170~180円くらいと重量で考えたときのコスパはかなりいいんですが、

小分け容器に移したときに持った重さが全然違う。

量ってみると、どちらも200CCくらいの容量で、インディアン・ヒーリング・クレイは200グラムくらい、フラーズアースは100グラムくらいと約2倍くらいは違っていました。

 

ということは、クレイのコスパを比べる際には、グラムあたりの値段だけでなく、グラムあたりの重さや膨潤率(水をどのくらい含むか)、1回あたりの使用量を勘案する必要があるのかもな?と思ったりしました。

ま、100グラム1000円くらいのクレイは結構ありますんで、それに比べると微々たるものなんですが。

 

内服できるものならいざしらず、外用オンリーでこの値段の違いは一体何?

 

クレイを使っていると、そのほかにもいろいろ気になるところが出てきました。

 

フラーズアースは土と書いているサイトと粘土と書いているサイトがあり、なんなんですか?とか、なぜお酢とかクエン酸でなめらかな溶け具合になるのかとか。

 

クエン酸でなめらかになるのは、もしかしてこれ?という記事を見つけました。

 

バリバリの理系だから気づけた心とコミュニケーション:水回りの汚れを落とす - livedoor Blog(ブログ)

水回りのカルシウムは酸で溶けるよって話です。

 

カルシウムベントナイトに水を足すとダマになったりセメント状になったりするのは、もしかしてカルシウムが固まるからとかそういうことはありえるのか?

だとしたら、お酢とかクエン酸でなめらかになるのは分かるなーということなんですが、真相は分かりません。

 

それと、フラーズアースって結局何なん?そもそも粘土って何なん?ベントナイトとモンモリロナイトの違いって何なん?っていうのも、うっすら分かったような分からんような。

 

頭が混乱したのは、カオリン、ベントナイト、モンモリロナイトなど粘土の名称の由来は産出した地名らしいが、日本でもベントナイトが取れるしみたいなことになるわけで、結局ベントナイトって何なん?みたいになったらしいです。

 

ウィキペディアの粘土鉱物

概要

金属イオンアルミニウムナトリウムカルシウム等)とケイ酸が連結しできたシートが、層状に形成されている。このシートの間隙にや金属イオン、場合によっては有機物まで容易に取り込み放出することから、湿度調整やイオン交換性、触媒など、機能性材料として、生活用品をはじめ多様な分野で利用されている。また、セラミック素材や陶器の原料として利用されている。

主な粘土鉱物

 

 

ウィキペディアのベントナイト

ベントナイト: bentonite[1])は、モンモリロナイトを主成分とする粘土の総称。工業建設業で幅広く利用される。アメリカ合衆国ワイオミング州フォートベントン (Fort Benton) 頁岩層にあることから命名された。

層状のフィロケイ酸アルミニウムを多く含むため、吸水性イオン交換性が高い。陽イオンとしてアルミニウムのほかにナトリウムカルシウムカリウムなどを含むものがあり、これらの陽イオン種によって分類される。火山灰による変性作用を受けて生じたものが多い。

日本では、酸性を示すものは酸性白土といい、中性からアルカリ性を示すものを限定してベントナイトと呼ぶことが多い[2][3]

 

ということで、素人には微妙に分かりにくい分類になっていそうな気はします。

なんとなくなんですが、物質名で分けるというよりは、使い勝手で分けているというか?

 

ほんでもってフラーズアース。

Fuller's earth - Wikipedia

 

グーグル翻訳に放り込んだものをそのままコピペしています。

こんなことやってええんかいな。

フラーの地球
ウィキペディアから、無料の百科事典

フラー土は、化学的処理をしなくても油やその他の液体を脱色することができる粘土材料です。[1] [2]フラーの土は、典型的にはパリゴルスカイト(アタパルジャイト)またはベントナイトからなる[1]

フラーの地球の現代的使用には、油、グリース、動物廃棄物(猫のごみ)用の吸収剤、農薬や肥料用の担体などがあります。マイナーな用途には、フィルタリング、透明化、および脱色が含まれる。美容製品の活性成分および不活性成分;プラスター、接着剤、医薬品の充填剤として使用されている[1]

内容

    
1語源
    
2発生と組成
    
3用途
    
4関連項目
    
5参考文献
    
6さらに読む
    
7外部リンク

語源

その名称は、「フルラー(fullers)」と呼ばれる繊維加工労働者によるウールの清掃または「充填」のための材料の歴史的使用を反映している[1] [2] [3]過去数世紀に渡って、フルラーは、布の仕上げ工程の一環として、フラーの土と水を羊毛布に混練して、ラノリン、油、および他の脂っこい不純物を吸収しました。

フラーの地球は時々呼ばれる

    
"粘土を漂白する"、[4]おそらく布を白くしていたからです。
    
特に白内障などの顔の色素沈着を治療するために使用される場合、「白濁粘土」。
    
化粧品に使用された古代インド(現代パキスタン)の「Multani Mitti」または「Multanからの泥」。

発生および組成

フラーの土は主に含水ケイ酸アルミニウム(粘土鉱物)から構成されています。一般的な成分は、モンモリロナイト、カオリナイトおよびアタパルジャイトである。方解石、ドロマイト、および石英を含む、より完全な土壌鉱床に少量の他の鉱物が存在する可能性があります。いくつかの地域では、より完全な地球は、モンモリロナイトを主成分とする火山灰を変えたカルシウムベントナイトを指す[2] [5]

2005年には、米国はフラー大陸最大の生産国であり、日本とメキシコの間には世界シェア約70%が続いていました。米国では、より完全な地球は、白亜紀以降の火山灰の鉱床に由来する(氷河粘土はより完全な地球を形成しない)[1] [4]フラーの土地鉱床は24州で採掘されている[1]

英国では、より豊かな地球は主にイギリスで発生します。それはローワーグリーンズグループとオックスフォードシャー州ホワイトホースの谷で採掘されています。 Combe Hay Mineは1979年まで、サマセット州バースの南に運航している、より豊かな地雷であった。[6]バースの他の場所にはFrome、Lonsdale、Englishcombe、Tucking Mill、Duncorn Hillなどがあります。これらの場所はローマ時代から使われていましたが、ウィリアム・スミスはバースの南にある完全な土の鉱床の識別のための新しい方法を開発しました。他の英語ソースには、Redhill、Surrey(2000年まで働いた)の近くの鉱山、BedfordshireのWoburn(2004年に生産が終了した)

太った雨によって飽和した場合、チクソ性を示す可能性があるため、丘、崖、斜面などは不安定になります。
用途

フラーの土は、生繊維の詰め物としての元来の使用に加え、多くの産業で利用されている[1] [4]最も重要な用途は、吸収剤またはフィルターとして販売されている製品において、鉱物の天然の吸収特性を利用することです。

    
汚染除去:フラーの土は、化学薬品で汚染された軍人やCBRN(化学、生物、放射線原子力)対応者の衣服や装備を浄化するために、
    
洗浄剤:インド亜大陸では、何世紀にもわたり大理石の清掃に使われてきました。良い吸収剤として、それは表面からほこり、汚れ、不純物と汚れを除去し、大理石の輝きを補充します。インドのタージマハルを清潔にするために何度も使用されてきました。
    
リッターボックス:1940年代後半から、フラーの土は商業的な猫用リターに使われてきた[9]。
    
美容産業:フルーラーアースが羊毛から油分、汚れ、不純物を除去するのに効果的であるのと同じ性質が、人間の髪と肌にも有効です。古くから、化粧品として、およびざ瘡および他の皮膚の問題の治療として、美容産業において幅広い用途が見出されている[12]。粘土の中には、皮膚処理剤としての有効性を高める防腐剤がありますが、完全な土壌のすべての形態が真に消毒剤ではありません。
    
映画業界:フラーの地球は、様々な用途の動画で長年にわたって広く使用されてきました。特殊効果の分野では、花火の爆発やほこりの雲に使用されています。なぜなら、それが最も自然な土壌よりも遠くに広がっているからです。吹き出し噴霧が俳優に当たったら、自然に発生する土壌よりも安全です。この材料は、人工撚り機が農場に向かって耕作されたときに、オズの魔法使いの竜巻シーケンスで使用された[14]。フラーの地球はまた、メーキャップ、小道具、

 

チクソ性

チキソトロピー英語:thixotropy)とは、ゲルのような塑性固体ゾルのような非ニュートン液体の中間的な物質が示す性質で、粘度時間経過とともに変化するものである。シキソトロピーとも呼称される。具体的には、剪断応力を受け続けると粘度が次第に低下し液状になる。また静止すると粘度が次第に上昇し最終的に固体状になる。剪断速度が急に変化した場合には、粘度が一定値に安定するのに時間がかかる。

 

だそうです。

 

フラーズアース=酸性白土と書かれている記事もあったりして、結局何のことか良くわかりません。

 

めちゃくちゃ文系の理解としては、

 

  • 粘土は物質が層状になっていて水を含みやすい→ジェル状などになりやすい
  • 汚れや脂を吸着しやすい
  • 含まれている鉱物の種類や生成時の温度やペーハー、種類や産地などで種類が違ってくる

 

くらいでしょうか。

 

 

 一応アイハーブ情報。

 

jp.iherb.com

インディアン・ヒーリング・クレイは、1ポンドのものもあります。

 

jp.iherb.com

 

 

たぬきむすびを作ってみた

お弁当、なんとなく続いています。

とりあえず、ご飯と1品持って行こうっていう感じで、ハードルめっちゃ低いですが。

まずは朝キッチンに立つところから。

 

ご飯と鶏のから揚げとかいうと、お弁当というとショボすぎますが、よく考えると、コンビニで買うときっておにぎりとから揚げとか結構ありません?おにぎりと具沢山の味噌汁とか。

 

ほんなら、家から持っていくときも、そんなにきばらんでもええのでは?

という感じにしてみると、結構続きますし、なんとなく玉子焼きとか作れる日もあったりします。

朝が早い日は、前日に作った汁物を温めて、保温ジャーに入れていくとか。

(保温ジャー調理より、鍋で作った汁物を入れるほうが手軽と思うのは私だけ?)

 

そういうわけで、品数がすごく少ないので、時間があると、味のついたご飯物が欲しくなります。

 

前置きが長くなりましたが、ネットで見ていてこれおいしそうと思ったのが、「たぬきむすび」です。

 

am-our.com

ほんのちょっとがっつり系の混ぜごはんですわね。

 

おにぎりにして、冷めても食べやすそうだったので作ってみました。

 

作り方とだいたい同じにしてみましたが、だし少なめで冷凍ねぎは炊くときにお米と一緒に入れて、しょうがのすりおろし(冷凍)もちょっと入れてみました。

 

f:id:cocco32:20171016084102j:plain

 

炊いて、おかかと天かすを入れた後。

1合分を2個にわけてふんわり握ります。

 

用意がちょっと面倒なので、すごく急いでいるときには向きませんが、ちょっと余裕のあるときにはいいかも?な感じでした。

 

トリファラ復活

重曹と硫酸ナトリウムの入浴剤に変えてからなんとなくトリファラが合いそうな気がしたので復活させてみました。

 

5月ごろから50グラムを3袋使ってお休みしていましたが、あと2袋あるので1袋出してみました。

 

リファラはインドの3つの果実を乾燥させた栄養補助食品で、現地では内臓を養うとか腸の粘液をひきはがすとかそういうことが言われている模様。

実のどれかにセンノシドが入っているという記事もみかけるので、間をあけずにずーっと摂取するのはちょっとどうなのかなと思っています。

 

 出してみたはいいけど、棚の一角がえらいことになってます。

f:id:cocco32:20171015084131j:plain

 

ほんまウチは白い粉と茶色い粉だらけやわ。

焼き飯のチーズのせ

雨なので家にあるものだけで作りました。

というか、最近あんまり買い物に行っていません。

 

f:id:cocco32:20171014134213j:plain

 

焼き飯の具は、

 

  • コストコの塩さばで作ったさばフレーク
  • コストコで買ったあんじょうねぎを刻んで冷凍したもの
  • コストコのカットしめじを冷凍したもの
  • 近所の激安スーパーで大量に買った人参をスライスしたもの(冷凍)

 

です。

たんぱく質が足りなかったのでチーズを乗せてみました。

右側のオレンジ色は玉子の黄身ではなくてチェダーチーズ。

 

つけあわせはザワークラウトときゅうりの浅漬け。

 

包丁は使っていません。

 

チェダーのシュレッドチーズもコストコで買いましたが、セルロースがまぶしてあって、冷凍してもくっつかない、というか、くっついてもすぐにほぐせるので便利です。

 

チーズはいろいろ使えて便利です。

ホワイトソースとか作りおきしたい。

肉以外に冷凍したいものが増えています。

 

それにコストコに行ったのが3週間ほど前で、たんぱく源をがっつり仕入れてきましたが、そろそろ底が見えてきて、1ヶ月もつかなーという感じ。

1ヶ月分食材を買い込むのは食べきれない危険もありますが、食べきれたら達成感と自信につながるのは、食が細いからですわねー。

 

 

入浴剤用に硫酸ナトリウムを買ってみた

酸素系漂白剤がそろそろなくなるので、ついでに買ってみました。

 

硫酸ナトリウムと重曹

item.rakuten.co.jp

item.rakuten.co.jp

 

10月も半ばになり、そろそろ肌寒い日も出てきました。

今までリタ(ムクロジ/ソープナッツ)の粉を入浴剤代わりに入れていて、結構温まっていいんですが、ちょっと気分を変えてみようかと。

 

ショップの使い方のとおり、硫酸ナトリウム4に対し重曹5をお風呂に入れてみました。

 

結構あたたまります。

ついでに全身クレイパックなんかしてみましたが(クレイをお湯の中で落とすと、うっすらクレイ風呂にもなります)、これは最早湯治レベルかもしれません。

というか、ゆうべ入って今日もまだダルダルなんですけど。

湯治っていうか、入り方合ってる?って感じ。大丈夫だろうか。

といっても、そんなに沢山入れているわけでもなく、リタと同じような入り方をしているだけなんですが・・・・

 

ちなみに、温泉の泉質について検索をかけてみると、

 

泉質別の効能

ナトリウム-硫酸塩泉(芒硝泉)もあるし、炭酸水素塩泉(重曹泉)もありますね。

濃度とか、地下の水にすでに含まれた成分か工業的に作られたものを混ぜたのかなどいろいろ違いはありますので、温泉と入浴剤と一緒にはできないんでしょうが。

 

マグネシウム-硫酸塩泉(正苦味泉)というのもありますが、これはエプソムソルトっぽいやつでしょうかね。

 

 ついでに湯治の方法にについても引っかかってきたのでリンクしておこうかなと。

 

温泉の活用法と湯治